LIVEDOGの口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

LIVEDOGの口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はLIVEDOGのドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

LIVEDOGの口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

愛犬家の皆さん、LIVEDOGというドッグフードを耳にしたことがあるでしょうか。安全性が求められるドッグフード業界でも注目の、国産ドッグフードです。


新しいドッグフードをお探しの方や、どんなドッグフードにしてよいのかわからないという飼い主さんはぜひご覧になってみてください。


今回「MOFFME」では

  • LIVEDOGの特徴について考察!原材料や原産国と安全性
  • LIVEDOGを使ったことのある人の口コミ評価は?良い評判悪い評判
  • LIVEDOGにはどんなポイントがある?メリットから見る3つのおすすめ
  • LIVEDOGのデメリットはどんなところ?3つのポイントから解説
  • LIVEDOGに関する疑問点について!購入方法・最安値情報や与え方も
について解説します。

ドッグフードの安全性はもちろん、口コミの評価や評判からもLIVEDOGがどんな餌なのかを見ていきます。また、長く続けていく為にも購入できる場所や値段についても言及します。

LIVEDOGはどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

LIVEDOGを知らない方のために、まずは基本的な特徴について詳しく知っていきましょう。また、原材料や原産国からLIVEDOGがどんなふうに製造されているのかも探っていきます。


こちらでは

  • LIVEDOGの特徴!開発から安全な商品を作るまで
  • 原材料や成分をそれぞれ確認!安全性も含めて解説
  • LIVEDOGはどこで製造されている?原産国について
をご紹介します。

ドッグフードは日々の健康と体を作る重要なものなので、できるだけ安全な餌を与えたいと考える方も多いでしょう。

そのためには、餌がどんな材料ででできているか知っておくと安心ですよね。こだわりのドッグフードなので、LIVEDOGだけに含まれる珍しい成分についても触れていきます。

LIVEDOGはどんなドッグフード?

LIVEDOGは、無添加国産にこだわったプレミアムドッグフードです。製造にかかわっているのは、なんとペットフードメーカーではなく大学。


東京大学の教授が研究を重ね、クラウディアという企業と共同開発して作られた新しいタイプのドッグフードなのです。発表されたのは2019年なので、比較的新しいドッグフードといえるでしょう。


LIVEDOG一番の特徴なのは、ヨーロッパのマルタ島で発見されたパティナパボニカという海藻を使っていることです。パディナと呼ばれるこの海藻の成分は、摂取することで体内のコラーゲンを守ることができる優れもの。


老化とともに衰えがちな犬のの健康をサポートし、関節を守ることで生涯元気に過ごせるようにと開発されました。さらに、腎臓や心臓の病気にも悪影響をもたらしてしまうといわれているドッグ―フードのオイルコーティングもしていません。


発がん性が不安視される保存料も、香料や着色料不使用なので安心感は抜群。しかしその分販売価格は¥5,280と決して安い商品ではありませんので、初めて使う方にとって高いと感じるかと思います。


それでも飼い主さんの信頼を得ているのは、原材料の穀物や野菜を国産にこだわっていることや人間でも口にできるような安全性の高さを追求しているからでしょう。安全性第一でドッグフードを選びたい方にとっては、ピッタリの商品です。

LIVEDOGのドッグフードの原材料・成分は?

LIVEDOGの原材料

LIVEDOGの特徴についてわかってきたところで、こだわりの原材料に注目してみましょう。
  • 鶏肉
  • 大麦
  • 玄米
  • ビール酵母
  • 米ぬか
  • 鰹節
  • 卵黄粉末
  • 赤米
  • 黒米
  • 米油
  • DHA含有精製魚油
  • フラクトオリゴ糖
  • 昆布
  • 大根葉
  • グルコサミン
  • ごぼう
  • 人参
  • パティナパボニカ
  • コンドロイチン
  • コエンザイムQ10
  • キャベツ
  • ビフィズス菌
  • セレン酵母
  • 白菜
  • 高菜
  • パセリ
  • 青じそ
  • ミネラル類(リン酸三カルシウム、卵殻カルシウム、塩化ナトリウム、塩化カリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)
  • ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)
  • 酸化防止剤(ローズマリー抽出物、ミックストコフェロール)
日本のドッグフードではLIVEDOGにしか入っていないパティナパボニカをはじめ、豊富な野菜や海洋成分も配合されています。主原料である鶏肉は、九州産に限定されていて安全性も確保されています。

さらに食べてはいけない危険な添加物は一切含まれていないため、安心して愛犬に与えられるドッグフードです。

LIVEDOGの成分表


成分配合量
たんぱく質 21%以上
脂質11%以上
繊維 1.5%以下
水分 10%以下
灰分7%以下
カロリー354kcal
植物性の原材料が多いLIVEDOGですが、犬に必要な動物性のタンパク質は鶏肉でしっかり摂れるよう構成されています。カロリーは、他の商品と比較すると低めといえるレベルです。

LIVEDOGの原産国は?

LIVEDOGは原材料を国産で集めていることもあり、工場も日本国内にあります。LIVEDOGの生産を行うクラウディアの責任者自らが、LIVEDOGの原材料のこだわりや生産方法などを理解してくれる工場を探したほど工場にもこだわりがあり安心です。


さらに、LIVEDOGの特徴の一つともいえるのが開封したときの良い香り。ドッグフードとは思えないほど鰹節の新鮮な香りがします。


実は工場での製造方法にも気を配っていて、鰹節本来の香りが損なわれないように低温調理でじっくり作られているというのもうれしいポイントなのです。

LIVEDOGの口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。


高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。


できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!


そんな人のために、

  • LIVEDOGの悪い口コミ
  • LIVEDOGの良い口コミ

上記について調査してみました。


実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

LIVEDOGの口コミ

SNSやネット上から集めた口コミを紹介します!

20代男性


無添加で安心

無添加なので安心して与える事が出来ます。また粒が小さいので、顎と口が小さい小型犬でも食べやすいです。 

30代女性


値段が高く、リピートしにくい

食い付きは良かったですが、やはり通常では5000円程するので値段の高さは気になりましたし、リピートするにはネックでした。

20代男性


長期間保管できる

栄養価へ配慮したドライフードタイプだから、長期間保管しながらわんちゃんへ食べさせられるところが魅力的に感じました。

20代男性


100%日本産の原料を使った国産ドッグフード

100%日本産の原料を使った国産ドッグフードを求める飼い主さん、愛犬の骨&関節の健康を意識している飼い主さんにLIVEDOGは最適だと感じました。

30代女性


不安な成分や原材料が不使用

気になる成分や原材料が含まれておらず安心して与えることができますしおいしそうに食べてくれるので良いフードだと思います。

30代女性


粒が小さめで、どの犬種や年齢にも対応可能

自分自身としては材料が無添加で安心であること。また国産の原材料を使用し、国内生産の骨関節への効果が期待できるので粒が小さめでどの犬種や年齢も食べやすいことです。

LIVEDOGの口コミ・評判のまとめ

LIVEDOGの口コミを見てみると、安全性粒サイズについては比較的高評価のようです。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①粒が小さめで、どの犬種や年齢にも対応可能
  • 口コミ②不安な成分や原材料が不使用
  • 口コミ③100%日本産の原料を使った国産ドッグフード
  • 口コミ④長期間保管できる
  • 口コミ⑤値段が高く、リピートしにくい
  • 口コミ⑥無添加で安心

との口コミが多く見られました。


愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

LIVEDOGのおすすめポイントは?3つのメリットを解説!


ここで、LIVEDOGの特徴から特にどんなところがメリットになっているのか改めて見ていくことにしましょう。メリットはドッグフードを購入するときに一番気になるところでもありますが、色々書いてあるとよくわからなくなってしまいますよね。

今回ご紹介するのは、その中でも確実に愛犬のためになるおすすめポイントです。

ここからは
  • ①:小麦グルテンフリーでなのでアレルギーにも対応
  • ②:オイルコーティングなしで酸化防止剤を摂取しなくて済む
  • ③:安心の純国産原材料
について解説していきます。

事前にメリットを理解しておくと、より安心して購入に踏み切ることができます。さらに、メリットの大きさで本当の意味での与える価値を見出すこともできますよ。

①:小麦グルテンフリー

LIVEDOGの原材料には小麦は含まれておらず、小麦グルテンフリーというカテゴリのドッグフードです。小麦は、アレルギーを起こしやすい代表的なアレルゲンとされています。


そのため、摂取する食べ物に小麦を使っていなければ小麦アレルギーになる心配も少なくなりすでにアレルギーの犬でも食べることができるのです。また、小麦は消化するときに犬の消化器に負担がかかりやすいともいわれています。


小麦グルテンフリーであればその点もクリアできるので安心ですね。しかしLIVEDOGでは大麦を使用していますので、アレルギーの犬全てに対応できるわけではありません


その点は愛犬の症状や様子を見て、よく注意しましょう。

②:ノーオイルコーティング

ノーオイルコーティングという言葉、皆さんご存じでしょうか。なんとなく聞いたことがあっても、どんな面でメリットがあるのかわからないという方も多いかと思います。


実際ドッグフードでは多くの場合オイルコーティングがされているのが現状なのですが

、オイルコーティングはなぜない方がよいのでしょうか。そもそもオイルコーティングとは、名前の通り油で餌の周りを作ること。


そうすることで、ドッグフード特有のにおいを守ることができるのでドッグフード作りには重宝されるやり方です。問題なのは、油が次第に酸化していき、発がん性を持つなど体に有害な成分へと変わってしまうというリスクがあるということ。


そこで酸化を防ぐために用いられるのが、酸化防止剤という添加物なのですが、酸化防止剤もまた腎臓への負担や心臓病のリスクを上げてしまうというデメリットがあるのです。


そこでLIVEDOGでは低温製法鰹節の香りを最大限まで生かし、ノーオイルコーティングを採用することでより犬の健康をサポートできるドッグフードを作っています。さらに、無駄な油分を摂取しなくて良いので避妊や去勢後の太りやすい時期にもおすすめです。

③:純国産の原材料

ドッグフードの原材料に良い素材を使っているというのは、プレミアムドッグフードの一番の魅力です。その中でもLIVEDOGの突出した安心ポイントとしてあげられるのが、穀物、野菜、鶏肉は全て純国産のものであること。


野菜穀物については契約農場で安全性の高い状態で育てられ、鶏肉九州産にこだわり質の良いものを選んでいます。やはり、人間の食材と同じで国内で作られた原材料は安心度が高く信頼できますね。


原材料の入手先も妥協せず選び抜きたい、という飼い主さんにはピッタリなのではないでしょうか。

LIVEDOGの3つのデメリットとは?安全性が良くない?


ドッグフードを比較するとき、実はメリットよりも注視してほしいのがその商品のデメリットです。なぜかというと、購入後に良くない面や悪い影響が出ると思いがけないトラブルにつながる可能性があるからです。

また、問題が起きてすぐにその餌をやめたりすることになると愛犬を困惑させる原因にもなります。

こちらでは
  • ①:値段が高いため継続が難しいことがある
  • ②:中型犬や大型犬向きの容量が販売されていない
  • ③:店舗販売はなく通販での購入がメイン
についてご紹介していきます。

LIVEDOGはとても安全性の高いドッグフードなので、商品の品質についてのデメリットは多くありません。しかし、続けて使用するためには品質以外の値段や使いやすさも大事ですよね。

そういった使い勝手のデメリットを中心に解説しますので、参考にしてみてください。

①:値段が比較的高い

LIVEDOGのドッグフードを利用するうえでデメリットになりやすいのは、一袋の値段高めだということ。一時的なものであれば多少値が張っても気にならないという場合でも、餌のように毎日続けていくようなものだと家計に響いてくるという可能性も考えなければなりません。 


 ちなみに一袋の値段は¥5,280で、1500gの量が入っています。それでも、良質なドッグフードであるLIVEDOGを使ってみたいという方も多いですよね。


そんな飼い主さんのために、公式の販売ページでは少し値段が安くなる定期コースも用意されていますので下記でご紹介していきます。

②:中型犬・大型犬用のサイズではない

LIVEDOGは全犬種用なので、どんな犬種を飼っている飼い主さんでも使用することができます。しかし、大型犬中型犬の飼い主さんにとっては販売サイズがデメリットになることがあります。


LIVEDOGは味のレパートリーが一種類ですが、容量のレパートリーも1種類のみ。その一種類が1500gなので、たくさん食べる中型犬や大型犬にとってはあっという間に食べきってしまうという問題が起こるのです。


事前に1日の消費量などを確認してから、愛犬の生活に合っているかどうか注意して購入するようにしましょう。

③:通販のみ購入可能

LIVEDOG3つ目のデメリットとしてあげられるのが、購入方法についてです。今のところ、LIVEDOGを手に入れられる方法は通販のみです。


そのため店頭で実物を見たい、店員さんに詳しい話を聞いてから購入を決めたいという人には少し不安が残ることもあるでしょう。通販ということは送料もかかることになるので、その点も考慮しておくと良いですね。


その分、通販でしか受けられない割引などもあるのでうまく活用することもできます。購入方法については下記でも詳しく解説しますのでぜひご覧ください。

LIVEDOGのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは


新しいドッグフードを始める前に、注文する場所や正しい与え方など購入に関する疑問については解決しておくと安心です。特にLIVEDOGにおいては値段が高めなので、最安値の情報も気になるところですね。


ここでは

  • ①:LIVEDOGが一番安く購入できるのは?楽天やAmazonで販売されている?
  • ②:LIVEDOGはどこで購入するべき?販売情報について
  • ③:実際LIVEDOGを与える時の給仕方法!一日の適正量は?

を見ていきます。


以上の3点は、LIVEDOGを購入しようか迷っている方にはぜひ購入前に確認してほしいポイントです。値段や手に入れる方法、食べる量などを総合してLIVEDOGと愛犬の相性を改めて考えてみましょう。

①:LIVEDOGの最安値は?楽天・アマゾンを比較!

LIVEDOGの値段設定が比較的高めであることは、先ほどもご紹介してきました。この値段設定はLIVEDOGの原材料や製造のこだわりを見ると納得がいくので、それでも購入したいと思う方も多いでしょう。


しかし利用を継続するのであれば、少しでもお得に買える場所があればうれしいですよね。そこで、楽天・Amazonといったネットショップ各社にくわえ公式の販売ページにどれくらいの値段の差があるのか見ていきましょう。


最安値が分かれば、今後の購入イメージもついてきますよ。


公式ページ楽天Amazon
LIVEDOG
1500g
<単品購入>¥5,280
<定期購入>初回¥1,980
    2回目以降¥4,752 
販売無し¥5,280
送料¥630/無料

このように、本体価格としては公式ページが一番安く送料込みであればAmazonが安いという結果になりました。公式ページの定期コースならではの利点もありますので、使い方に合わせて検討してみてください。

②:LIVEDOGを購入できる場所とは?

上記でも触れたように、LIVEDOGのドッグフードが購入できるのは公式ページAmazonの2カ所となります。ペットショップや量販店での購入はできませんので注意しましょう。


餌は毎日必要なもので在庫が切れてしまったりすると不便なので、公式ページで買うのが一番おすすめです。さらに、公式ページには便利な定期コースがあるのも嬉しいポイント。


なんと、初回購入で定期コースに申し込むと1回目の値段が¥1980になるという大きなメリットもあります。一度定期コースに申し込んでおけば、解約しない限りその後も10%OFFで購入できるのが最大の特徴です。


初回の配達では50gのお試しパックもついてくるので、大袋を開ける前に食いつきをチェックすることも可能。回数の縛りはないので、いつでもやめることができますよ。


配達の休止もできるので、そんなに量を食べないなどといった場合でも愛犬のペースに合わせて調整できます。

③:LIVEDOGはどうやって与える?適切な餌の量とは

ドッグフードを決める時、一日の給餌量を気にしていますか?特にLIVEDOGのような値段の高い餌の場合、どれくらいもつのかも重要になってくるので事前にチェックしておくと安心です。

体の大きさごとの適正な量は、こちらです。
体重給餌量/1日

小型犬

(~6㎏)

31~119g
中型犬
(~10㎏)
134~175g
大型犬
(~15㎏)
200g~237g
LIVEDOGは容量が少ない為、メーカーも15㎏程度までの犬を想定して販売しているようです。さらに上の体重の愛犬がいる飼い主さんは、この表を基にLIVEDOGを使い続けていけるかどうか検討してみてください。

また、上記以外にも子犬老犬はそれぞれに応じた与え方があるので覚えておきましょう。まず子犬は、活動量が多く成長期のため成犬の量の2倍を数回に分けて与えます。

逆に老犬は運動することが減るので8割程度の量を少量ずつ食べさせてあげると良いですよ。正しい給餌量を見極めるコツは、大きさや年齢によって満腹感を得られる量が違うことを常に念頭に置いておくことです。

まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

LIVEDOGのドッグフードは、国産の原材料国内生産にこだわったクオリティーの高い餌でしたね。日本でLIVEDOGだけの栄養成分「パディナパボニカ」が含まれていることで、他のドッグフードとは違う効果も期待できるようでした。


この記事では

  • LIVEDOGがどんなドッグフードなのか解説!特徴や原材料など
  • LIVEDOGは実際使ってみてどうなのか?良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介
  • LIVEDOGに関する3つのおすすめポイント!
  • LIVEDOGでデメリットになる3つのポイントとは?
  • LIVEDOGに関する疑問点について!購入方法・最安値情報や与え方も

について解説してきました。


ドッグフードの安全性が高いことは、飼い主さんにとっては必要不可欠な条件ですよね。  その点LIVEDOGは、愛犬の毎日の食事に安心感を与えてくれる万能なドッグフードとしておすすめです。


LIVEDOGが気になった方は、一度購入して好き嫌いや食いつきの雰囲気などを確認してみましょう。


またMOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください!  

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。