ペットの治療にかかる費用ってどれくらい?

イヌの年間平均診療費

犬種 年間平均診療費
トイプードル 56,447円
ミニチュアダックスフント 75,190円
ゴールデンレトリーバー 91,849円
フレンチブルドッグ 110,463円
柴犬 67,240円
ミニチュアシュナウザー 80,513円

ネコの年間平均診療費

猫種 年間平均診療費
混血猫 60,554円
スコティッシュフォールド 43,372円
アメリカンショートヘア 50,842円
日本猫 57,441円
ロシアンブルー 52,573円
マンチカン 37,658円

よくある傷病・手術の平均診療費

傷病 平均診療費
皮膚病 11,776円
外耳炎 8,167円
下痢 8,812円
手術内容 平均診療費
腫瘍 97,227円
歯周病 58,889円
異物誤飲 127,550円

椎間板ヘルニアの例

診察項目 金額
診察 1,200円
血液検査 5,400円
レントゲン 3,600円
MRI 90,000円
全身麻酔 8,700円
手術 132,000円
入院 30,000円
点滴 6,000円
処置 1,800円
内服薬 6,200円
合計 284,900

犬種:ミニチュアダックスフント(9歳)


散歩のときに腰を痛がったり、何もしなくても痛みで震えたりする様子が見られたので動物病院に連れて行ったところ椎間板ヘルニアと診断され、手術に至った際の一例です。


椎間板ヘルニアにかかると階段を上るときやソファーに飛び乗るときに腰を痛みを感じたり、酷いときには何もしなくても痛むようになります。


ミニチュアダックスフントやフレンチブルドックに多い疾患です。

異物誤飲の例

診察項目 金額
診察 1,000円
点滴 4,000円
全身麻酔 18,600円
手術 140,000円
入院 4,500円
注射 4,500円
処置 1,100円
合計 173,700

猫種:スコティッシュフォールド(1歳)


おもちゃを誤って飲み込んでしまい、全身麻酔をかけて胃の中のおもちゃを摘出する手術を行った際の一例です。


特に1歳以下の子犬、子猫によく見られる症状です。

ペットが病気や怪我を罹患する確率はどれくらい?

イヌの罹患率

ペット(イヌ)の罹患率グラフ

ネコの罹患率

ペット(ネコ)の罹患率グラフ

ペットのイヌ・ネコが0歳のときに何らかの手術を行う確率は33.2%と高く、約80%のイヌ・ネコが5歳になるまでに何らかの手術を行います。
また、1年間での動物病院の利用率は90.7%でほとんどのペットが年に1回以上は動物病院を利用し、約51.5%のペットが年に4回以上動物病院を利用します。

ペット保険選びのポイント

ペット保険を選ぶ際には、次の5つのポイントにご注目ください。

補償対象はどこまで?(入院・通院・手術)

補償対象が手術・入院に限られているプランと、通院・入院・手術全てが補償対象に入っているプランがあります。

補償の割合は?(50%・70%・90%・100%)

かかった治療費のうち保険で補償される割合です。補償割合が50%のプランと70%のプランを選べるのが一般的です。保険会社によっては90%や100%補償されるプランも存在します。

支払いの限度はある?(1回の受け取り金額・利用回数)

通院1日あたり、手術1回あたりなど、1回ごとの受け取り限度額が設定されているプランや、年間100万円までなど年間に受け取れる限度額があるプランがあります。
また、通院は年間20日まで、手術は年間2回までが支払い対象など、回数の限度が定められている場合もあります。

補償に免責はある?

保険で支払われる金額から5,000円、7,000円など免責金額が差し引かれるプランもあります。

動物病院での窓口精算ができる?

動物病院にかかる際、一般的には治療費を一度全額支払い、後日保険金を受け取ります。しかし、保険会社と提携している動物病院の窓口なら保険で支払われる分を最初から差し引いて請求され、立替の必要がない「窓口精算」が可能なプランもあります。

LINEでぴったりのペット保険、教えます!

難しいペット保険選びを、専門家がLINEで解説

ペット保険を選んでいる皆さんは、どのような基準でペット保険を選んでいますか?

「どうやって選べばいいかわからない!」 「かかりやすい病気を保険に加入したいけどよくわからない!」

と思っている方も多いと思います。

そんなとき、利用してほしいのが「ペット保険比較 byMOFFME」です!これは、LINEで簡単にペット保険の専門家に相談できるサービスです。ペット保険に関してわからないことがあれば、気軽にLINEで質問ができます。もちろん無料ですので、ぜひ利用してみてください!

今すぐ相談する

専門家にはどんな相談ができるの?

実際にLINEで相談するとき、どんな相談ができるのでしょうか。実際の相談事例をご紹介します。 


例)

  • 「〇〇保険と〇〇保険で迷っているのですが、どちらが良いと思いますか?」
  • 「どの保険が良いのか全くわかりません。どう選べばよいですか?」

Point

些細なことでも気軽にご相談を

気になることがあれば、いつでもお気軽にご質問ください。特定の保険をおすすめすることはないので、安心してご相談いただけます。

LINEでは他にどんな事ができるの?

「ペット保険比較 byMOFFME」を友だち登録すると、ペット保険の相談だけでなく、以下のような様々な機能を使えます!ぜひ使ってみてください。


  • LINEでかんたん資料請求
  • かかりやすい病気がわかる!LINEで病気診断
  • おすすめのペット保険を徹底比較!

今すぐ友達になる

柴について知る

柴犬の特徴は?歴史や性格、大きさと体重も解説!

柴犬の原産国は日本で、縄文時代から人と一緒に生活を共にし、ウサギやタヌキといった獲物をとる狩猟犬として広大な山地を歩き回っていたほか、番犬としての役割も果たしていました。


日本の歴史と共に長きにわたって生きてきた柴犬は、1936年に日本の天然記念物に指定されています。


現在、中型犬の紀州犬・四国犬・北海道犬・甲斐犬、大型犬の秋田犬と合わせて6種類登録されていますが、柴犬は唯一の小型犬として登録されています。


柴犬の性格は、飼い主に従順で忠誠心が強い、賢い、忍耐強い一面をもつ一方で、頑固、自立心が強い、警戒心が強い、クールな一面も持っています。そのため、しつけに苦労する方もいるようですが、上下関係示して正しくしつけることで、良好な関係が築け、愛嬌のある表情や甘えるしぐさも見せてくれるようになります。


体の大きさは、オスは39㎝前後でメスは36㎝前後、体重は9kg前後が標準で、小型犬に分類されます。

柴犬のかかりやすい病気とその理由とは?

柴犬は春夏秋冬に関係なく外で暮らしてきた犬であり、とても丈夫で病気にかかりにくい犬種です。


特有の病気もありませんが、かかる可能性がある病気を取り上げて紹介しましょう。

  • 膝蓋骨脱臼

小型犬がかかりやすい病気の1つで、活発に動き回る柴犬でも膝蓋骨脱臼になる可能性があります。足に大きな負担がかかることで発症するため、床を滑らない素材にする、高いところからジャンプさせない、食事に気を付け標準以上に太らせないことが重要です。

  • 皮膚疾患

柴犬でよくみられる病気の1つです。柴犬の被毛はダブルコートであるほか、季節によってゴッソリ毛が生え変わります。ブラッシングでしっかりケアをしてあげないと、アトピー性皮膚炎内分泌性皮膚炎膿皮症といった皮膚トラブルを引き起こしてしまいます。


また、肉食に慣れていない犬種であることから、ドッグフードに含まれる成分に反応してアレルギー性皮膚炎脱毛を発症することもあります。

柴犬の平均寿命はどれくらい?最高齢も紹介!

柴犬の平均寿命は、13~16歳です。


小型犬に分類されることから寿命が長いという特徴がありますが、中でも柴犬は寿命が長い犬種です。大病を患わなければ平均寿命以上に生き、老衰でなくなる個体も多くみられます。


現在確認されている柴犬の最高年齢は21歳と言われており、人の年齢に例えると100歳以上です。


柴犬がここまで長生きできる理由は、

  • 体が丈夫でもともと寿命の長い犬種
  • 屋外ではなく屋内で飼われるようになった
  • 食事の質が向上した
  • 医療が発達した

といった点があげられるでしょう。


併せて、年齢に合わせた生活環境や食事の管理、十分な運動量の確保、ストレスの発散なども柴犬の健康体・寿命に大きく関わってくるでしょう。

柴犬の平均生涯治療費用はどれくらい?

柴犬を飼うにあたって、生涯にかかる治療費の平均額は年間7万円弱といわれています。16歳まで生きてくれるとすれば、生涯で112万円以上かかる計算になります。


ここで、柴犬がかかりやすい病気を例にあげ、治療にかかる費用を見てみましょう。

病気の一例治療にかかる費用の目安
膝蓋骨脱臼数千円~
手術:10~35万円
アトピー性皮膚炎5~6万円
膿皮症数千円~
アレルギー性皮膚炎5万円~

特徴としては、柴犬は皮膚炎にかかる可能性が高い犬種です。


皮膚病にかかると厄介な点は、治療が長引くことでどんどん医療費がかさんでいくことです。


少しでも医療費の負担を軽くする方法として、ペット保険に加入しておくことをおすすめします。

柴犬の迎え方は?里親やブリーダーの価格相場はどれくらいなのか

柴犬の迎え方は、

  • 気軽に立ち寄ることができるペットショップ
  • 柴犬を専門に繁殖させているブリーダー
  • 飼い主がいない柴犬を譲り受ける里親制度

の3つの選択肢から選ぶことができます。


柴犬は日本犬で人気があるため、必ずと言ってもいいほどペットショップで出会うことができますが、飼う犬種を柴犬に決めてしまっているのならブリーダー里親制度を利用するのがおすすめです。


ブリーダーから柴犬を飼いたい場合、価格相場は10~20万円です。ブリーダーや被毛の色、性別によって上下します。


里親制度で柴犬を探して飼う場合は、ワクチンや予防接種にかかった諸費用(数万円)を支払う、または無償で譲り受けられるケースもあるようです。

柴犬の飼い方は?散歩等運動量やしつけ方に注意!

柴犬の飼い方で注意したいポイントは、

  • 十分な運動量を確保する
  • ストレスをためない
  • 被毛のケア
  • 根気強いしつけ

の4点があげられます。


柴犬は運動量を確保してストレス発散させてあげないと、言う事を聞かないしつけにくい子になります。


1日2回30分以上の散歩に加え、思いっきり走り回れる時間も作ってあげましょう。ものを追いかける事が好きなので、ボールなどを使って遊んであげてください。


柴犬は短毛ですが、ダブルコートであり季節によって生え変わる特徴があります。できれば毎日ブラッシングを行い、皮膚病にならないよう注意してあげてください。


しつけに関しては、頑固、自立心が強い、警戒心が強い一面を持っているため、しつけをなかなか覚えてくれず、苦労することがあります。


上下関係をしっかり示し、根気強く何度もしつけてあげる必要があります。


特に、噛み癖や吠え癖、早く動くものに飛びつく行動に関しては、しっかりしつけておきましょう。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。