ペットの治療にかかる費用ってどれくらい?

イヌの年間平均診療費

犬種 年間平均診療費
トイプードル 56,447円
ミニチュアダックスフント 75,190円
ゴールデンレトリーバー 91,849円
フレンチブルドッグ 110,463円
柴犬 67,240円
ミニチュアシュナウザー 80,513円

ネコの年間平均診療費

猫種 年間平均診療費
混血猫 60,554円
スコティッシュフォールド 43,372円
アメリカンショートヘア 50,842円
日本猫 57,441円
ロシアンブルー 52,573円
マンチカン 37,658円

よくある傷病・手術の平均診療費

傷病 平均診療費
皮膚病 11,776円
外耳炎 8,167円
下痢 8,812円
手術内容 平均診療費
腫瘍 97,227円
歯周病 58,889円
異物誤飲 127,550円

椎間板ヘルニアの例

診察項目 金額
診察 1,200円
血液検査 5,400円
レントゲン 3,600円
MRI 90,000円
全身麻酔 8,700円
手術 132,000円
入院 30,000円
点滴 6,000円
処置 1,800円
内服薬 6,200円
合計 284,900

犬種:ミニチュアダックスフント(9歳)


散歩のときに腰を痛がったり、何もしなくても痛みで震えたりする様子が見られたので動物病院に連れて行ったところ椎間板ヘルニアと診断され、手術に至った際の一例です。


椎間板ヘルニアにかかると階段を上るときやソファーに飛び乗るときに腰を痛みを感じたり、酷いときには何もしなくても痛むようになります。


ミニチュアダックスフントやフレンチブルドックに多い疾患です。

異物誤飲の例

診察項目 金額
診察 1,000円
点滴 4,000円
全身麻酔 18,600円
手術 140,000円
入院 4,500円
注射 4,500円
処置 1,100円
合計 173,700

猫種:スコティッシュフォールド(1歳)


おもちゃを誤って飲み込んでしまい、全身麻酔をかけて胃の中のおもちゃを摘出する手術を行った際の一例です。


特に1歳以下の子犬、子猫によく見られる症状です。

ペットが病気や怪我を罹患する確率はどれくらい?

イヌの罹患率

ペット(イヌ)の罹患率グラフ

ネコの罹患率

ペット(ネコ)の罹患率グラフ

ペットのイヌ・ネコが0歳のときに何らかの手術を行う確率は33.2%と高く、約80%のイヌ・ネコが5歳になるまでに何らかの手術を行います。
また、1年間での動物病院の利用率は90.7%でほとんどのペットが年に1回以上は動物病院を利用し、約51.5%のペットが年に4回以上動物病院を利用します。

ペット保険選びのポイント

ペット保険を選ぶ際には、次の5つのポイントにご注目ください。

補償対象はどこまで?(入院・通院・手術)

補償対象が手術・入院に限られているプランと、通院・入院・手術全てが補償対象に入っているプランがあります。

補償の割合は?(50%・70%・90%・100%)

かかった治療費のうち保険で補償される割合です。補償割合が50%のプランと70%のプランを選べるのが一般的です。保険会社によっては90%や100%補償されるプランも存在します。

支払いの限度はある?(1回の受け取り金額・利用回数)

通院1日あたり、手術1回あたりなど、1回ごとの受け取り限度額が設定されているプランや、年間100万円までなど年間に受け取れる限度額があるプランがあります。
また、通院は年間20日まで、手術は年間2回までが支払い対象など、回数の限度が定められている場合もあります。

補償に免責はある?

保険で支払われる金額から5,000円、7,000円など免責金額が差し引かれるプランもあります。

動物病院での窓口精算ができる?

動物病院にかかる際、一般的には治療費を一度全額支払い、後日保険金を受け取ります。しかし、保険会社と提携している動物病院の窓口なら保険で支払われる分を最初から差し引いて請求され、立替の必要がない「窓口精算」が可能なプランもあります。

LINEでぴったりのペット保険、教えます!

難しいペット保険選びを、専門家がLINEで解説

ペット保険を選んでいる皆さんは、どのような基準でペット保険を選んでいますか?

「どうやって選べばいいかわからない!」 「かかりやすい病気を保険に加入したいけどよくわからない!」

と思っている方も多いと思います。

そんなとき、利用してほしいのが「ペット保険比較 byMOFFME」です!これは、LINEで簡単にペット保険の専門家に相談できるサービスです。ペット保険に関してわからないことがあれば、気軽にLINEで質問ができます。もちろん無料ですので、ぜひ利用してみてください!

今すぐ相談する

専門家にはどんな相談ができるの?

実際にLINEで相談するとき、どんな相談ができるのでしょうか。実際の相談事例をご紹介します。 


例)

  • 「〇〇保険と〇〇保険で迷っているのですが、どちらが良いと思いますか?」
  • 「どの保険が良いのか全くわかりません。どう選べばよいですか?」

Point

些細なことでも気軽にご相談を

気になることがあれば、いつでもお気軽にご質問ください。特定の保険をおすすめすることはないので、安心してご相談いただけます。

LINEでは他にどんな事ができるの?

「ペット保険比較 byMOFFME」を友だち登録すると、ペット保険の相談だけでなく、以下のような様々な機能を使えます!ぜひ使ってみてください。


  • LINEでかんたん資料請求
  • かかりやすい病気がわかる!LINEで病気診断
  • おすすめのペット保険を徹底比較!

今すぐ友達になる

ミニチュア・ピンシャーについて知る

ミニチュア・ピンシャーの特徴は?歴史や原産国、性格、大きさや体重を解説

ミニチュア・ピンシャーの歴史は古く、200~300年前のドイツに遡ります。ドーベルマンの祖先として知られている、ジャーマン・ピンシャーを小型に改良したのがミニチュア・ピンシャーです。


小型犬ですが、番犬としても有能で、アメリカでは車の盗難防止や麻薬密売者の護衛犬として用いられたこともあるようです。


性格は、機敏で活発、大胆で気性が荒く、自尊心が強い勇敢な犬です。また身体も丈夫で、番犬としても有能です。


自分よりも大きな犬に立ち向かう恐れ知らずな部分や、知らない人物にはすぐ警戒態勢をとり、吠えかかる場合が多いです。


ミニチュア・ピンシャーの大きさですが、体高平均は25~32㎝、体重は3.6~4.5㎏ほどの小型犬に部類されます。


毛質は短毛で、アンダーコートが無いため手入れがしやすい犬種です。毛色のバリエーションは、レッド、ブラック&タン、チョコレート&タンの3色のみとなっています。

ミニチュア・ピンシャーのかかりやすい病気とその理由とは?

ミニチュア・ピンシャーは、小型犬の中でも比較的丈夫ですので、あまり病気を心配する必要はありません。


ただし、細い脚、体つきから言えることは、骨折や脱臼など怪我に注意が必要だということです。


特に小型犬に多い、膝蓋骨脱臼には十分注意しなければなりません。膝蓋骨脱臼とは、膝の前についているお皿の様な骨「膝蓋骨」が外れてしまう症状です。


生まれつき、膝蓋骨が外れやすい犬もいますが、怪我や事故で外れてしまう子もいます。一度外れてしまうと、元に戻らなかったり何度も外れてしまう可能性がありますので、この場合は外科手術でしか完治しません。


ミニチュア・ピンシャーに怪我をさせないためには、ご自宅のフローリングに滑り止め加工を施す、高い場所から飛び降りさせないなど日々生活するうえで工夫が必要です。


他には、皮膚の病気やアトピー性皮膚炎になりやすい犬が多いです。皮膚疾患は免疫力を高めると治る確率が高いので、食事に気を付けて過ごしましょう。

ミニチュア・ピンシャーの平均寿命は?最高齢も紹介!

ミニチュア・ピンシャーは、小型犬の中でも平均寿命が長い方で、13歳~16歳とされています。


なお、ミニチュア・ピンシャーの国内での最高齢は18歳という報告があります。これは数年前に公表された記録ですので、現在では、医学も進歩しておりますため、もしかするともっと長生きしているミニチュア・ピンシャーもいるかもしれませんね。


犬の18歳と言えば、人間の年齢に換算すると88歳くらいになります。88歳だとまだまだ長生きできそうですし、人生100年時代と言われる世の中になりましたが、犬の世界もそれに近づきつつあります。


長生きの秘訣は、バランスの良い食事をとることと、適度な運動を毎日行うこと。人も犬も同じですね。

ミニチュア・ピンシャーの平均生涯治療費用はどれくらい?

ミニチュア・ピンシャーは、先ほども述べた通り病気にはかかりにくい犬種です。ですので、ここではミニチュア・ピンシャーが外科的治療を受けた場合の治療費を考えてみましょう。


例えば、上記で事例として挙げた「膝蓋骨脱臼」の手術費ですが、片足だいたい20万円~50万円の費用がかかります。両足だと50万円~100万円ほどになることも。


手術すれば、再び歩けるようになるのでお金には代えられないかもしれませんが、いきなり高額な治療費を捻出するのも大変です。


そこでおすすめなのが、ペット保険への加入です。MOFFMEでは、ペット保険の会社を10社厳選し、一括見積できるサービスをご紹介しています。


ご興味のある方は、是非チェックしてみてください。


ペット保険を一括で比較!犬猫の動物保険を5秒で見積もり

ミニチュア・ピンシャーの迎え方は?里親やブリーダーの値段相場とは

ミニチュア・ピンシャーは、最近日本でも人気の犬種となってきており、迎えられる方法も増えてきました。


主な方法は

  • ブリーダーから迎える
  • ペットショップで購入する
  • 保護犬を迎える
です。

ミニチュア・ピンシャーは、他の小型犬よりも少し高く、ブリーダーから迎える場合は、25万円~30万円ほどです。ペットショップで購入する場合はそれよりも高く、35万円~50万円ほどになることもあります。

チャンピオン犬の子供ななど血統によっては、50万円をはるかに超える場合もあります。

また、保護犬としてミニチュア・ピンシャーを迎える場合は犬自体は無料ですが、ワクチン代金や保護団体に寄付金をしなければならない場合もあります。

ミニチュア・ピンシャーの飼い方は?散歩等運動量やしつけ方に注意!

ミニチュア・ピンシャーは、もともと使役犬(人間の仕事を手伝う犬)を改良した犬種ですので、十分な運動量が必要です。


ですので、日々の散歩だけでなく週末には数時間かけてしっかり歩かせる、ドッグランなどで思い切り走らせることも必要となってきます。


なお、ミニチュア・ピンシャーはストレスを抱えやすい犬種でもありますので、長時間留守番させたあとなどは、長時間の散歩に連れて行く、思い切り遊んであげるなど、きちんとストレスを解消してあげて下さい。


また、ミニチュア・ピンシャーの飼い方で注意すべき点は、やはり基本的なしつけを行うことです。最初にお伝えした通り、この犬はものおじせず、他人や他の犬に吠えてしまうことがあり、きちんとしつけないと無駄吠えする犬になってしまいます。


小型犬ですし、手入れも簡単なので丈夫で飼いやすい犬種ではありますが、集合住宅等で飼う場合、他の住人の方の迷惑にならないよう最低限のしつけを行いましょう。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。