ペットの治療にかかる費用ってどれくらい?

イヌの年間平均診療費

犬種 年間平均診療費
トイプードル 56,447円
ミニチュアダックスフント 75,190円
ゴールデンレトリーバー 91,849円
フレンチブルドッグ 110,463円
柴犬 67,240円
ミニチュアシュナウザー 80,513円

ネコの年間平均診療費

猫種 年間平均診療費
混血猫 60,554円
スコティッシュフォールド 43,372円
アメリカンショートヘア 50,842円
日本猫 57,441円
ロシアンブルー 52,573円
マンチカン 37,658円

よくある傷病・手術の平均診療費

傷病 平均診療費
皮膚病 11,776円
外耳炎 8,167円
下痢 8,812円
手術内容 平均診療費
腫瘍 97,227円
歯周病 58,889円
異物誤飲 127,550円

椎間板ヘルニアの例

診察項目 金額
診察 1,200円
血液検査 5,400円
レントゲン 3,600円
MRI 90,000円
全身麻酔 8,700円
手術 132,000円
入院 30,000円
点滴 6,000円
処置 1,800円
内服薬 6,200円
合計 284,900

犬種:ミニチュアダックスフント(9歳)


散歩のときに腰を痛がったり、何もしなくても痛みで震えたりする様子が見られたので動物病院に連れて行ったところ椎間板ヘルニアと診断され、手術に至った際の一例です。


椎間板ヘルニアにかかると階段を上るときやソファーに飛び乗るときに腰を痛みを感じたり、酷いときには何もしなくても痛むようになります。


ミニチュアダックスフントやフレンチブルドックに多い疾患です。

異物誤飲の例

診察項目 金額
診察 1,000円
点滴 4,000円
全身麻酔 18,600円
手術 140,000円
入院 4,500円
注射 4,500円
処置 1,100円
合計 173,700

猫種:スコティッシュフォールド(1歳)


おもちゃを誤って飲み込んでしまい、全身麻酔をかけて胃の中のおもちゃを摘出する手術を行った際の一例です。


特に1歳以下の子犬、子猫によく見られる症状です。

ペットが病気や怪我を罹患する確率はどれくらい?

イヌの罹患率

ペット(イヌ)の罹患率グラフ

ネコの罹患率

ペット(ネコ)の罹患率グラフ

ペットのイヌ・ネコが0歳のときに何らかの手術を行う確率は33.2%と高く、約80%のイヌ・ネコが5歳になるまでに何らかの手術を行います。
また、1年間での動物病院の利用率は90.7%でほとんどのペットが年に1回以上は動物病院を利用し、約51.5%のペットが年に4回以上動物病院を利用します。

ペット保険選びのポイント

ペット保険を選ぶ際には、次の5つのポイントにご注目ください。

補償対象はどこまで?(入院・通院・手術)

補償対象が手術・入院に限られているプランと、通院・入院・手術全てが補償対象に入っているプランがあります。

補償の割合は?(50%・70%・90%・100%)

かかった治療費のうち保険で補償される割合です。補償割合が50%のプランと70%のプランを選べるのが一般的です。保険会社によっては90%や100%補償されるプランも存在します。

支払いの限度はある?(1回の受け取り金額・利用回数)

通院1日あたり、手術1回あたりなど、1回ごとの受け取り限度額が設定されているプランや、年間100万円までなど年間に受け取れる限度額があるプランがあります。
また、通院は年間20日まで、手術は年間2回までが支払い対象など、回数の限度が定められている場合もあります。

補償に免責はある?

保険で支払われる金額から5,000円、7,000円など免責金額が差し引かれるプランもあります。

動物病院での窓口精算ができる?

動物病院にかかる際、一般的には治療費を一度全額支払い、後日保険金を受け取ります。しかし、保険会社と提携している動物病院の窓口なら保険で支払われる分を最初から差し引いて請求され、立替の必要がない「窓口精算」が可能なプランもあります。

LINEでぴったりのペット保険、教えます!

難しいペット保険選びを、専門家がLINEで解説

ペット保険を選んでいる皆さんは、どのような基準でペット保険を選んでいますか?

「どうやって選べばいいかわからない!」 「かかりやすい病気を保険に加入したいけどよくわからない!」

と思っている方も多いと思います。

そんなとき、利用してほしいのが「ペット保険比較 byMOFFME」です!これは、LINEで簡単にペット保険の専門家に相談できるサービスです。ペット保険に関してわからないことがあれば、気軽にLINEで質問ができます。もちろん無料ですので、ぜひ利用してみてください!

今すぐ相談する

専門家にはどんな相談ができるの?

実際にLINEで相談するとき、どんな相談ができるのでしょうか。実際の相談事例をご紹介します。 


例)

  • 「〇〇保険と〇〇保険で迷っているのですが、どちらが良いと思いますか?」
  • 「どの保険が良いのか全くわかりません。どう選べばよいですか?」

Point

些細なことでも気軽にご相談を

気になることがあれば、いつでもお気軽にご質問ください。特定の保険をおすすめすることはないので、安心してご相談いただけます。

LINEでは他にどんな事ができるの?

「ペット保険比較 byMOFFME」を友だち登録すると、ペット保険の相談だけでなく、以下のような様々な機能を使えます!ぜひ使ってみてください。


  • LINEでかんたん資料請求
  • かかりやすい病気がわかる!LINEで病気診断
  • おすすめのペット保険を徹底比較!

今すぐ友達になる

ビーグルについて知る

ビーグルの特徴は?歴史や原産国、性格、大きさと体重も解説!

ビーグルの特徴は、垂れている大きな耳ぴんと立つ尾にあります。体格もがっしりしていてスタミナも豊富、毛は短毛な犬種です。


ビーグルの原産国はイギリスで、イギリスではスポーツのウサギ狩りに、狩り出されていました。犬名の由来は古フランス語の「開いた喉」やゲール語の「小さい」と考えられています。


明るく、愛想が良い性格で社会性もありますが、留守番は苦手です。


ビーグルは、大きさと体重から中型犬に位置付けされています。

オスメス
体高
36~41cm33~38cm
体重10~11kg9~10kg

ビーグルのかかりやすい病気とその理由とは?

ビーグルがかかりやすい病気には、

  • 椎間板ヘルニア
  • 股間接形成不全
  • 外耳炎
があります。ここからは、それぞれの病気の症状や理由を解説していきます。

椎間板ヘルニアの症状は、歩きたがらない、脚を引きづる、歩行困難などがあります。

病気になる理由は、加齢によるものと遺伝的なものからで、椎間板が逸脱し、脊髄を圧迫することで症状がでてきます。

治療法は、軽度なら鎮痛剤の投薬で、重度になると手術が必要になります。

股間接形成不全の症状は、頭を下向きに歩く、走らない、階段やジャンプを嫌がるなどがあります。

病気になる理由は、遺伝的なものと肥満などからくる間接への負荷など環境からくるものがあります。

治療法は、軽度なら内服薬や運動療法重度なら股関節の手術が必要になります。

外耳炎の症状は、耳垢が増加したり、脚で耳を掻いたり、床に耳をこすりつけるなどがあります。

病気になる理由は、垂れ耳なので中が蒸れやすく、細菌やカビで炎症するからです。

治療法は、点耳薬の投薬治療や、定期的に耳の洗浄や掃除をし乾燥させることです。

ビーグルの平均寿命はどれくらい?最長寿命も紹介!

ビーグルの平均寿命は、12歳~15歳です。人間の年齢で76歳までが平均寿命になります。


ビーグルの最長寿命は、28歳と言われています。全犬種の中でのギネス記録が29歳ですので、すごく長生きしています。


近年は、飼い主の愛犬に対する意識の向上や、室内飼い、良質な食事などの環境変化が平均寿命を延ばしてきています。


更に動物病院の先生の技術進歩や、高度な医療技術が、ビーグルの長生きを手助けしているのも大切な要因の1つです。


そのため飼い主には、ビーグルの健康状態を日常観察し、具合が悪そう、いつもと様子が違うなどに気づいたときには、かかりつけの動物病院の先生にすぐ相談することをおすすめします。


プロの先生に任せることにより、ビーグルの病気など早期発見することで、治療も早く進めることが可能になります。

ビーグルの平均生涯治療費用はどれくらい?

1年間にかかる犬の病気や怪我の平均治療費は約58,000円と言われています。


ただビーグルの年間平均治療費は、約117,000円になり、犬の年間平均治療費の約2倍になります。理由はビーグルは、耳や皮膚の病気にかかるケースが多いからです。


そのため生涯治療費用は、ビーグルの平均寿命から15歳と仮定します。


117,000円×15=1,755,000円の計算になりますので、約175万円生涯治療費用がかかります。


他のリスクとして、ビーグルが高額な手術が必要なケースや長期入院にもなると、飼い主の経済的負担は大きくなります。


ビーグルには、人間と違い公的な健康保険制度がないため、治療費は100%飼い主の自己負担です。


対策としては、ぺット保険に加入することです。


ぺット保険の補償内容にもよりますが、通院や入院、手術費用を50%や70%補償してくれますので、飼い主の経済的負担を少なくしてくれます。

ビーグルの迎え方は?里親やブリーダーの価格相場はどれくらいか

ビーグルの迎え方には、ぺットショップ、ブリーダー、里親があります。それぞれ解説していきます。


ぺットショップで迎えるメリットは、気に入ったビーグルを触れたりすることで、健康状態などがわかることです。


デメリットは、親や兄弟犬の様子や健康状態がわからないことです。


ブリーダーで迎えるメリットは、親や兄弟犬の健康状態や飼育環境を確認できることです。


デメリットは、ブリーダーの中には、お金を儲けることしか考えていない人もいることです。


里親で迎えるメリットは、ビーグルの生体費用が無料なことです。ワクチンなどの費用がかかるケースもあります。


デメリットは、人間不信で心に傷を負っているビーグルもいますので信頼関係を構築し、しつけにも時間が必要なことです。


ビーグルの価格の相場は、平均約25万円最高42万円、最低13万円になります。

ビーグルの飼い方は?散歩等運動量やしつけに注意!

ここからはビーグルの飼い方のポイントを解説していきます。


買い方のポイントは、

  • 毎日の散歩をする。
  • 耳の手入れを定期的にする。
  • 食事量をコントロールする。
の3つになります。詳しく解説していきます。

最初に毎日散歩をするようにしましょう。ビーグルはスタミナがありますので、散歩をしないと、運動不足からくるストレスで、部屋の物を壊したり、問題行動につながります。

そのため毎日朝と夕方の2回散歩が必要で、各散歩時間は約30分位です。

次に耳の手入れを定期的にすることですが、ビーグルは外耳炎など耳の病気にかかりやすいです。そのため定期的に耳の中を確認したり、タオルで拭き通気性を良くします。

最後に食事量をコントロールするすることは、重要です。ビーグルは食欲がありますので、食べ過ぎで肥満になるのを、適切な食事量で防ぎます。

肥満から、股関節形成不全になるケースもありますので、毎日の食事量は適切にコントロールしましょう。

また主食は、総合栄養食を与えて、人間の食べる物はビーグルに与えないようにして下さい。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。