ペットの治療にかかる費用ってどれくらい?

イヌの年間平均診療費

犬種 年間平均診療費
トイプードル 56,447円
ミニチュアダックスフント 75,190円
ゴールデンレトリーバー 91,849円
フレンチブルドッグ 110,463円
柴犬 67,240円
ミニチュアシュナウザー 80,513円

ネコの年間平均診療費

猫種 年間平均診療費
混血猫 60,554円
スコティッシュフォールド 43,372円
アメリカンショートヘア 50,842円
日本猫 57,441円
ロシアンブルー 52,573円
マンチカン 37,658円

よくある傷病・手術の平均診療費

傷病 平均診療費
皮膚病 11,776円
外耳炎 8,167円
下痢 8,812円
手術内容 平均診療費
腫瘍 97,227円
歯周病 58,889円
異物誤飲 127,550円

椎間板ヘルニアの例

診察項目 金額
診察 1,200円
血液検査 5,400円
レントゲン 3,600円
MRI 90,000円
全身麻酔 8,700円
手術 132,000円
入院 30,000円
点滴 6,000円
処置 1,800円
内服薬 6,200円
合計 284,900

犬種:ミニチュアダックスフント(9歳)


散歩のときに腰を痛がったり、何もしなくても痛みで震えたりする様子が見られたので動物病院に連れて行ったところ椎間板ヘルニアと診断され、手術に至った際の一例です。


椎間板ヘルニアにかかると階段を上るときやソファーに飛び乗るときに腰を痛みを感じたり、酷いときには何もしなくても痛むようになります。


ミニチュアダックスフントやフレンチブルドックに多い疾患です。

異物誤飲の例

診察項目 金額
診察 1,000円
点滴 4,000円
全身麻酔 18,600円
手術 140,000円
入院 4,500円
注射 4,500円
処置 1,100円
合計 173,700

猫種:スコティッシュフォールド(1歳)


おもちゃを誤って飲み込んでしまい、全身麻酔をかけて胃の中のおもちゃを摘出する手術を行った際の一例です。


特に1歳以下の子犬、子猫によく見られる症状です。

ペットが病気や怪我を罹患する確率はどれくらい?

イヌの罹患率

ペット(イヌ)の罹患率グラフ

ネコの罹患率

ペット(ネコ)の罹患率グラフ

ペットのイヌ・ネコが0歳のときに何らかの手術を行う確率は33.2%と高く、約80%のイヌ・ネコが5歳になるまでに何らかの手術を行います。
また、1年間での動物病院の利用率は90.7%でほとんどのペットが年に1回以上は動物病院を利用し、約51.5%のペットが年に4回以上動物病院を利用します。

ペット保険選びのポイント

ペット保険を選ぶ際には、次の5つのポイントにご注目ください。

補償対象はどこまで?(入院・通院・手術)

補償対象が手術・入院に限られているプランと、通院・入院・手術全てが補償対象に入っているプランがあります。

補償の割合は?(50%・70%・90%・100%)

かかった治療費のうち保険で補償される割合です。補償割合が50%のプランと70%のプランを選べるのが一般的です。保険会社によっては90%や100%補償されるプランも存在します。

支払いの限度はある?(1回の受け取り金額・利用回数)

通院1日あたり、手術1回あたりなど、1回ごとの受け取り限度額が設定されているプランや、年間100万円までなど年間に受け取れる限度額があるプランがあります。
また、通院は年間20日まで、手術は年間2回までが支払い対象など、回数の限度が定められている場合もあります。

補償に免責はある?

保険で支払われる金額から5,000円、7,000円など免責金額が差し引かれるプランもあります。

動物病院での窓口精算ができる?

動物病院にかかる際、一般的には治療費を一度全額支払い、後日保険金を受け取ります。しかし、保険会社と提携している動物病院の窓口なら保険で支払われる分を最初から差し引いて請求され、立替の必要がない「窓口精算」が可能なプランもあります。

LINEでぴったりのペット保険、教えます!

難しいペット保険選びを、専門家がLINEで解説

ペット保険を選んでいる皆さんは、どのような基準でペット保険を選んでいますか?

「どうやって選べばいいかわからない!」 「かかりやすい病気を保険に加入したいけどよくわからない!」

と思っている方も多いと思います。

そんなとき、利用してほしいのが「ペット保険比較 byMOFFME」です!これは、LINEで簡単にペット保険の専門家に相談できるサービスです。ペット保険に関してわからないことがあれば、気軽にLINEで質問ができます。もちろん無料ですので、ぜひ利用してみてください!

今すぐ相談する

専門家にはどんな相談ができるの?

実際にLINEで相談するとき、どんな相談ができるのでしょうか。実際の相談事例をご紹介します。 


例)

  • 「〇〇保険と〇〇保険で迷っているのですが、どちらが良いと思いますか?」
  • 「どの保険が良いのか全くわかりません。どう選べばよいですか?」

Point

些細なことでも気軽にご相談を

気になることがあれば、いつでもお気軽にご質問ください。特定の保険をおすすめすることはないので、安心してご相談いただけます。

LINEでは他にどんな事ができるの?

「ペット保険比較 byMOFFME」を友だち登録すると、ペット保険の相談だけでなく、以下のような様々な機能を使えます!ぜひ使ってみてください。


  • LINEでかんたん資料請求
  • かかりやすい病気がわかる!LINEで病気診断
  • おすすめのペット保険を徹底比較!

今すぐ友達になる

フレンチ・ブルドッグについて知る

フレンチ・ブルドッグの特徴は?歴史や原産国、性格、大きさと体重も解説

日本でも人気がある「フレンチ・ブルドッグ」という犬種は、交配によって生まれたフランスが原産地の犬種であり、100年以上の長い歴史を持つ「ブルドッグ」の一種です。


際立った特徴と言えば他の犬種とは一線を画しているその見た目であり、潰れた鼻や深いシワのある額、そして小型犬でありながらも全体的に筋肉質な体型であるため一回りは大きく見える、という特徴があります。


性格は温厚ではありながらもかなりアクティブであり、飼い主に対してより多くのスキンシップを要求します。


性格的に買いにくいということは少ないものの、世話の仕方で手を焼くことは多少あります。


体高は平均で30cm前後であり、体重はおよそ10kgが平均となっています。


小型犬としては一般的な部類ではありますが、食事量が一般的な小型犬よりも多いため太りやすい犬種とも言われており、食事量には十分注意する必要があります。


もともとぽっちゃりとした体型であるため体重が分かりにくいので、きちんと数値で把握できるよう定期的に計測する必要があります。

フレンチ・ブルドッグのかかりやすい病気とその理由は?

フレンチ・ブルドッグはどのような病気にかかりやすいのでしょうか。


かかりやすい病気として、

  • 軟口蓋過長症
  • 短頭種気道症候群
  • 熱中症
  • チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)

このような病気が挙げられます。


とりわけフレンチ・ブルドッグで発症する可能性が高いのが「軟口蓋過長症」であり、これは口腔内の「軟口蓋」という部分が通常より長い状態のことであり、いわば先天性の病気です。


軟口蓋が長いためによくいびきをかいたり、呼吸が上手くできず呼吸困難になる場合もあります。


軟口蓋過長症は悪化すると命にもかかわる病気であるため、軟口蓋を切除するなどの治療が必要となります。


また、「短頭種気道症候群」もブルドッグが発症しやすい病気であり、こちらも鼻や口の空気が通る器官が狭くなってしまい、呼吸に難をきたすようになる病気です。


フレンチ・ブルドッグが発症しても、その症状自体が病気と気付かれないことも少なく重症化しやすいため、飼い主は異常を検知するためこれらの病気に関する知識が少なからず必要です。

フレンチ・ブルドッグの平均寿命・最長寿命はどれくらい?

フレンチ・ブルドッグは、どのくらいの寿命なのでしょうか。


基本的に小型犬は14歳まで生きることができ、中型犬や大型犬よりも長生きするとされている犬種ですが、フレンチ・ブルドッグの場合は寿命が10~13歳と、小型犬として平均的な年数よりも少し短い程度、とされています。


個体差があるため断言することはできませんが、人間に換算するとおよそ56~68歳であることを考えると、どちらかと言えば長命な犬種ではないことが分かります。


ちなみに10歳を超えると高齢とされるフレンチ・ブルドッグですが、中には17歳よりも長く生きたとされる犬がいるようです。


すでに取り上げたいくつかの病気のリスクがあるため平均寿命が伸びていない傾向にありますが、健康的な生活をさせていればフレンチ・ブルドッグでも長生きする可能性は高くなるでしょう。

フレンチ・ブルドッグの平均生涯治療費用はどれくらい?

フレンチ・ブルドッグが病気やけがなどで治療が必要になった場合、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。


フレンチ・ブルドッグだけの統計がないため、まずは小型犬における一般的な治療費を考えてみましょう。


次の表をご覧ください。

年齢費用(1カ月)総額
0~6歳7,136円513,792円
7~12歳7,800円468,000円
13歳以上9,801円117,612円

日本獣医師会の統計によると、寿命を13年で計算した場合、約110万円が平均的な治療費の総額となっています。


ここで考えなければならないのは「病気にかかるリスクがどのくらいあるか」という点ですが、当然ながら高齢になった犬は病気のリスクが高くなります。


また、同統計では小型犬における一回あたりの治療費は「66,533円」となっていますが、結局「この治療費がかかるかどうか」は、「病気になるかどうか」と同義です。


実際のところそれよりも大幅に治療費が高くなる可能性もあるため、事前に準備をしていないと、急な出費に困り果てることになるかもしれません。

フレンチ・ブルドッグの迎え方は?里親やブリーダーの値段相場とは

フレンチ・ブルドッグを飼いたい方は、どのようにして迎えることができるでしょうか。


ペットショップやネットで購入するという方法もありますが、やはりおすすめできるのは信頼度の高いブリーダーを活用するという方法です。


なぜそうするのかというと、優良ブリーダーは利益最優先ではなく最も愛のこもった育て方をしてくれるため、犬も健康的に問題がなかったり、飼い主になつきやすい傾向の子犬を受取ることができるからです。


ちなみにフレンチ・ブルドッグはブリーダーとして育成している方も多く、今では「30~50万円」が価格相場となっています。


相場は変動するため、フレンチ・ブルドッグを優良ブリーダーから飼いたいと思っている方は、こまめにチェックしましょう。

フレンチ・ブルドッグの飼い方は?散歩等運動量やしつけに注意!

小型犬として人気の高いフレンチ・ブルドッグですが、どのような飼い方をするのが理想なのでしょうか。


フレンチ・ブルドッグは暑いのが苦手であり熱中症になりやすいため、基本的には部屋の温度を測定して、暑すぎたり寒すぎることが無いように注意してあげる必要があります。


また、フレンチ・ブルドッグは性格的にアクティブな犬種ではありますが、体型の影響で足を悪くすることも多いため、散歩時間は比較的短時間で行うようにします。


夏日に散歩を行う場合でも、直射日光や激しい運動もできるだけ避けるようにして、必要以上の負荷がフレンチ・ブルドッグにかからないように配慮してあげることができます。


必要に応じて外ではなく部屋で運動させることも考えましょう。


特にフレンチ・ブルドッグは飼い主と良い関係を築くことができ、同時にそれを必要としているため、可能な限り一緒に遊んであげて同じ時間を過ごすよう努力することができるでしょう。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「MOFFME」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。