やわかの口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

やわかの口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はやわかのドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

やわかの口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

水たき料亭「博多華味鳥」の水炊きを食べたことがある、またはお店をご存知の方は多いはず。

水炊きに使用されている鶏肉「九州産華味鳥」は、スーパーでも良く見かけるため、手に取る方もいらっしゃるのではないでしょうか。

臭みがなく旨みが凝縮されており、本当に美味しい鶏肉ですよね。

今回紹介する「やわか」は、そんな九州産華味鳥が100%使用されているドッグフードです。

この記事では、次の項目に沿ってやわかの魅力を紹介していきます。

  • やわかはどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは
  • やわかの口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!
  • やわかのおすすめポイントは?3つのメリットを解説!
  • やわかの2つのデメリットとは?安全性が良くない?
  • やわかとUMAKAの違いは?特徴をそれぞれ紹介!
  • やわかのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは
愛犬の成長や健康を左右するドッグフード。

実際の使用者からの口コミ評価原材料成分から見る安全性を詳しく解説していきますので、ドッグフード選びの参考にしてみてください。

やわかはどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

ドッグフードには様々な種類があるため、やわかという商品名を初めて目にしたという方も多いかもしれません。

しかし、SNSで拡散されたり、雑誌テレビ等のメディアにも取り上げられるなど、確実に認知度が上がってきている商品なのです。

公式サイトではSOLDOUTが続いており、その人気ぶりが伺えます。

そんなやわかについて、まずは特徴や原材料・成分などをご紹介していきましょう。

  • やわかはどんなドッグフード?
  • やわかのドッグフードの原材料・成分は?
  • やわかの原産国は?
それぞれご確認ください。

やわかはどんなドッグフード?

やわかは、トリゼンダイニング株式会社が販売しているドッグフードです。


トリゼンダイニング株式会社が取り扱うドッグフードには、ドライフードのうまか(UMAKA)がありますが、やわかはUMAKAよりも柔らかい「ソフトドライフード」として2020年3月に販売されました。  


やわかの第一主原料には、水たき料亭「博多華味鳥」でお馴染みの九州産華味鳥が使用されています。


旨みや肉の弾力があり、とても美味しいと評判の華味鳥。


そのように高品質でヒューマングレードな食材が、やわかの美味しさの秘密なのです。


また、従来のドライフードよりも柔らかい食感にすることで、噛む力が弱い犬や、食いつきの悪さに悩む飼い主さんに寄り添う商品になっています。


やわかのメリットは、次のとおり。

  • 国産の食材がメイン
  • 安全性が高い
  • 保存料や着色料が使われていない
  • グルテンが使われていないので消化に良い

安全性が高く、犬の健康に良いことが伝わってきます。


また、全犬種・全年齢に対応しているため、買い替えの必要がない便利さも嬉しいですね。


一方で、値段が高いなどのデメリットがありますが、詳しくは先で解説しますので、参考にしながら愛犬に合うフードなのかを検討してください。

やわかのドッグフードの原材料・成分は?

やわかの原材料や成分に注目しながら、やかわの安全性について解説していきましょう。


やわかの原材料は、以下のとおりです。

  • 鶏肉、玄米、大麦、かつお節、大豆、ビール酵母、チキンエキス、米油、卵黄粉末、発酵調味液、フラクトオリゴ糖、りんご、にんじん、かぼちゃ、昆布、しいたけ、コンドロイチン、セレン酵母、しょうが、ビフィズス菌、グルコサミン、L-トレオニン、ミネラル類(牛骨カルシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、グルコン酸亜鉛、ピロリン酸第二鉄、グルコン酸銅)、ビタミン類(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB12、パントテン酸カルシウム)
続いて、成分を確認しましょう。

成分役割
タンパク質17.3%以上骨・筋肉・臓器・血液を形成する栄養素
脂質7.6%以上主なエネルギー源になる栄養素
粗繊維0.7%以下体内の老廃物を排出する役割
灰分5.7%以下体内の水分調整の役割
水分27.0%以下
カロリー 287kcal/100g
やわかは、高タンパク・低脂質

脂質の高いフードは、肥満や涙やけ、肝臓疾患や心疾患などを招く恐れがありますが、やわかは低脂質なのでそれらのリスクが軽減されます。

また、質の良い動物性タンパク質が豊富に使われているので消化にも良く、内臓への負担が少ないというメリットがあります。

さらに、ビフィズス菌やオリゴ糖が善玉菌を増やし、腸内環境を整えることで免疫力を高め、内面からしっかり健康をサポートしてくれます。

グルコサミンやコンドロイチンが関節を保護してくれるので、いくつになっても日々のお散歩や運動が楽しめるでしょう。

やわかの原産国は?

やわかの原産国は、日本です。


水たき料亭「博多華味鳥」で知られる、トリゼンダイニング株式会社が製造しているドッグフードです。


やわかの原材料として使われる華味鳥は、開放的な鶏舎で太陽の光をたっぷり浴びながら、ストレスなく過ごしています。


餌は、海藻・ハーブ・ぶどうの絞り粕・木酢液など。


さらに、腸内環境に良い飼料が与えられているため、臭みのない美味しいお肉に仕上がっているのです。


鶏舎の衛生管理も徹底されており、犬だけでなく人間が食べても安全なよう一切の妥協なくケアされています。


国産の食材がメインであること、人間用の食材と同じ基準で管理されているヒューマングレードであることがやわかへの安心感や信頼に繋がりますね。

やわかの口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。


高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。


できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!


そんな人のために、

  • やわかの悪い口コミ
  • やわかの良い口コミ

上記について調査してみました。


実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

やわかの口コミ

SNSやネット上から、まずは口コミを紹介します。

20代女性


天然素材を使用

天然素材を使用していると聞いたので使い始めました。最近食欲がなく普通に売っているドッグフードを与えても食べないのですがやわかのドッグフードは柔らかく食べやすいのかよく食べます。

30代男性


値段が高い

お値段は少しお高い気がしますが、愛犬の健康のためにグルテンフリーや,着色料不使用はすごく魅力的です。 

40代女性


高タンパク質かつ低脂質

高タンパク質で低脂質なので、健康面への安心感があります。また食いつきが良いのですぐに完食してくれます。

20代男性


九州のブランド鶏を使用

九州のブランド鶏を使用したUMAKAの風味やコンセプトはそのままに、セミドライフードとして仕上げられているとても食べやすいドッグフードというイメージです

40代女性


老犬に丁度良い柔らかさ

若いうちは固いのを食べさせてましたが老犬になってきてご飯を残すようになってきました。そこで柔らかいのに変えてみようという話になり変えてみたら完食してくれるようになったので良かったです。 

やわかの口コミ・評判のまとめ

やわかの口コミを見てみると、原材料成分については比較的高評価のようです。


ただ、値段の高さに不満を覚える飼い主さんが多いよう。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①値段が高い
  • 口コミ②老犬に丁度良い柔らかさ
  • 口コミ③九州のブランド鶏を使用
  • 口コミ④高タンパク質かつ低脂質
  • 口コミ⑤天然素材を使用

との口コミが多く見られました。


愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

やわかのおすすめポイントは?3つのメリットを解説!

やわかの特徴や原材料、リアルな口コミや評価をお伝えしました。


ここまで読んだ方の中には、やかわに興味を持った・愛犬に試してみたいという方もいるのではないでしょうか?


続いて、やわかのおすすめポイントを3つ紹介したいと思います。

  • ①:食材は国産メイン
  • ②:原材料の品質が高い
  • ③:余計な人工添加物が含まれていない 
愛犬に質の高い食事を与えたいと考える方にとっては、どれも魅力的なメリットですよね。

それでは、それぞれの項目について詳しく解説していきましょう。

①:食材は国産メイン

やわかのおすすめポイント1つ目は、国産メインの食材であることです。


人間も食べられる食材にこだわったヒューマングレードであり、犬への安全性はかなり高いと言えるでしょう。


原材料の鶏肉は、九州産の華味鳥が100%使用されています。


ミールではなく生肉を使っているため、ドッグフードの独特な匂いはなく、かつおぶしの良い香りが広がります。


人間が食べても嫌なクセを感じることはなく、むしろ旨みを感じるほどです。

②:原材料の品質が高い

原材料が高品質なことも、やわかのメリットです。


九州産華味鳥が使用されていることはもちろん、その他の原材料も私たち人間が食べられるもので構成されています。


また、一般的にドッグフードは、動物性の油などを吹き付けるオイルコーティングが行われます。


オイルコーティングをすることで、嗜好性が高まり食いつきが良くなりますが、一方で酸化しやすくなるというデメリットがあります。


また、酸化を防止するために酸化防止剤を添加しなくてはならないため、犬の健康に悪影響を及ぼす可能性があるのです。


しかし、やわかはオイルコーティングがされていないので、酸化防止剤を使用する必要がなく、油を摂取することで起こる老化涙やけを防止できます。

③:余計な人工添加物が含まれていない

やわかは、無添加の安全なドッグフードです。


着色料・合成香料・合成防腐剤・合成保存料などの人口添加物は一切使われておらず、犬の健康に悪影響を及ぼす要因を徹底的に排除しています。


また、一般的なソフトドライフードには、しっとりとした食感を維持するために湿潤調整剤が使用されています。


しかし、やわかは小分け包装をすることで湿潤調整剤を排除しています。


いかに犬の健康や、安全性にこだわっているかが分かりますね。


ビタミンやミネラルは含まれていますが、安全上問題はないのでご安心ください。

やわかの2つのデメリットとは?安全性が良くない?

国産の食材を使い、人工添加物なしという品質の良さ。


かつお節の上品な香りと、鶏肉の旨みが凝縮された嗜好性の高さ。


そのように確かな安全性と美味しさが魅力のやかわですが、2つのデメリットが存在します。

  • ①:値段が比較的高い
  • ②:活発な犬や食欲旺盛な犬には足りない
それぞれを確認しながら、愛犬と家計に合ったドッグフードを選びましょう。

①:値段が比較的高い

他のドッグフードと比べて値段が高ことがやわかのデメリットです。


Amazonでは6,578円(1.2kg)で販売されており、その値段に驚く方も多いのではないでしょうか。


値段が高い原因の1つ目は、原材料が高品質であること。


また、2つ目に小分け包装によるコストアップが挙げられます。


一般的にソフトドライフードには、しっとりとした食感を保存するための湿潤調整剤が使用されています。


しかし、添加物が使われていないやわかは、80gずつ小分けにパッキングすることで食感や新鮮さを保っています。


フードの品質維持や犬の健康面にとってはメリットなのですが、その分のコストが商品価格に影響してしまっているのです。

②:活発な犬や食欲旺盛な犬には足りない

やわかは全犬種・全年齢に対応しており、超小型犬~大型犬に幅広く与えることができます。


しかし内容量や値段を考えると、中型犬以上の犬は継続しにくいことが予想されます。


また、カロリーが287kcal/100gと低めなので、運動量の多い犬やよく食べる犬の場合は物足りなさを感じる可能性があります。


トリゼンダイニング株式会社では、やわかの他にUMAKAという商品を扱っています。


UMAKAのカロリーは350kcal/100gとやわかよりも高いので、活発な犬や食欲旺盛な犬の場合はUMAKAを検討してみてはいかがでしょうか?


やわかとUMAKAそれぞれの特徴や違いについては、次の項目を参考にしてみてください。

やわかとUMAKAの違いは?特徴をそれぞれ紹介!

トリゼンダイニング株式会社が販売しているドライフードには、やわかUMAKAの2種類があります。


どちらもヒューマングレードで安全性の高いフードですが、どのような違いがあるのでしょうか?


ここでは、以下の項目に沿ってそれぞれの特徴についてご紹介します。

  • やわかの特徴
  • UMAKAの特徴
  • やわかとUMAKAの特徴まとめ
やわかとUMAKAの違いや特徴を把握し、どちらが愛犬に合うのかを検討してみてください。

やわかの特徴

やわかの特徴は、次の2点が挙げられます。

  • 柔らかく弾力のある食感
  • 消化に優しい

やわかとUMAKAとの大きな違いは、水分含有量です。

やわかUMAKA
27.0%以下
10.0%以下


カリカリ食感のUMAKAとは異なり、やわかは弾力のあるセミドライ食感に仕上げられています。  


噛んだあとに水分と一緒に旨みが口いっぱいに広がるため、犬の食いつきが良くなるのです。


また、犬は人間よりも消化機能が弱いため、フードを選ぶ際は消化の良さが大切な項目になりますよね。


やわかの場合は、フードに含まれる水分大麦や玄米の食物繊維が、便の通りを良くしてくれます。


そのため、消化器官への負担が少ないことも大きなメリットだと言えるでしょう。

UMAKAの特徴

UMAKAとやわかは原材料に違いはなく、どちらも華味鳥が使用されたヒューマングレードなドッグフードです。


UMAKAの特徴は、カリカリのドライ食感


どちらも粒の大きさや形は全く同じですが、成型後の工程が分かれています。


成型後に水分を含ませたままパッキングするやわかに対し、UMAKAは1日ほどしっかりと乾燥させています。


やわかとの成分の違いは以下のとおりです。

商品やわかUMAKA
タンパク質17.3%以上21.4%以上
脂質7.6%以上9.5%以上
粗繊維0.7%以下0.8%以下
灰分 5.7%以下6.8%以下
水分27.0%以下10.0%以下
カロリー287kcal/100g350kcal/100g

表で比較してみると、UMAKAはタンパク質カロリーが高いことが分かりますね。


また、値段にも違いがあります。


Amazonでは、

  • UMAKA:5,478円(1.5kg)
  • やわか:6,578円(1.2kg)
以上の値段で販売されており、UMAKAの方が安く手に入れることが可能です。

やわかとUMAKAの特徴まとめ

やわかとUMAKAの特徴や、違いについてお伝えしました。


両者の大きな違いは、

  • 食感
  • 水分含有量
  • タンパク質
  • カロリー
  • 値段

以上の5つであることが分かりましたね。


これらを踏まえて、それぞれの商品におすすめの犬をまとめました。


やわかがおすすめな犬は、次のとおりです。

  • 噛む力が弱い子犬や老犬
  • 顎が小さい小型犬
  • 柔らかい食感が好きな犬
  • 消化する力やお腹が弱い犬
  • 便秘しやすい犬
それに対し、UMAKAがおすすめな犬は次のとおりです。
  • カリカリのフードが好きな犬
  • ダイエットの必要がない犬
  • 運動量が多い犬
  • なるべく値段を抑えたい方
やわかとUMAKA、どちらも原材料や成型までの製造過程に違いはありません

そのため、愛犬の好みや気分、体質に応じて使い分けができるドッグフードです。

やわかのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは

値段が高いということがデメリットとして挙げられているやわか。


しかし愛犬の健康を考えると、安全性の高さは譲れませんよね。


そこで、よりお得に購入できるよう、やわかの最安値や購入場所についてご紹介していきます。

  • ①:やわかの最安値は?楽天・アマゾンを比較!
  • ②:やわかを購入できる場所とは?
  • ③:やわかはどうやって与える?適切な餌の量とは
毎日食べるフードが少しでも安く購入できるよう、ぜひ参考にしてみてください。

また、やわかの適切な給餌量なども解説していきますので、愛犬の月々の食事代なども計算した上で購入を検討してください。

①:やわかの最安値は?楽天・アマゾンを比較!

公式サイト・楽天・Amazonから、それぞれの最安値について紹介します。
サイト値段
公式

初回購入:4,378円

定期購入:5,920円

通常購入:6,578円


(送料935円)※初回購入のみ送料無料

楽天取り扱いなし
Amazon定期おトク便:6,249円
通常購入6,578円
値段は全て税込み価格です。

4,378円という公式サイトの初回購入が、やわかの最安値です。

初回であれば送料無料なので、愛犬の好き嫌いや食いつき具合を確認したいという方は、ぜひ公式サイトからご注文ください。

2回目以降は、9,000円未満の場合は送料が発生するので注意しましょう。

②:やわかを購入できる場所とは?

今回調査した結果、やわかを購入できる場所は次のとおりでした。

  • 公式サイト
  • Amazon

ドラッグストアやペットショップなどでは売られていないため、注文する際は到着までの時間を考慮する必要があります。


また、現在は楽天での取り扱いがないようです。


楽天ユーザーの方は、今後の拡大に期待ですね。

③:やわかはどうやって与える?適切な餌の量とは

続いて、やわかの適切な給餌量についてお伝えしていきます。


やわかのパッケージには、次のように記載されています。

体重 ~生後4ヶ月生後4~9ヶ月生後9~12ヶ月 成犬
1~3kg73~167g61~139g49~111g 33~103g
4~6kg207~281g173~234g 138~187g94~174g
7~9kg315~381g 263~317g210~254g143~236g
10~12kg 412~472g 343~394g275~315g186~292g
13~15kg502~558g418~465g334~372g227~346g

上記の表はあくまでも目安であるため、愛犬の運動量やうんちの様子を見ながら


他のフードから切り替える際は、「他のフード9」に対し「やわか1」の割合から、10日ほかけて慣れさせていきましょう。


愛犬の様子や、うんちの調子をしっかりと観察しながら焦らずに以降するすることで、嘔吐や下痢などのトラブルを回避できます。

まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

今回はやわかというドッグフードについてご紹介しました。

改めてこの記事のポイントについてまとめます。
  • やわかの第一主原料は、水たき料亭「博多華味鳥」でも使われている九州産の華味鳥
  • 国産メイン、高品質の原材料を使用しているので安全性が高い
  • 添加物を使っていないので犬の健康に優しい
  • フードに含まれる水分量が多いので消化や便通に良い
  • 値段の高さと、運動量の多い犬や食欲旺盛な犬には物足りないことがデメリット
  • カリカリ食感が好きな犬は、やわかではなくUMAKAがおすすめ
この記事で、やわかの安全性犬の健康に対する配慮がお伝えできたのではないでしょうか。

継続する上で金銭的な面をしっかりと考慮する必要はありますが、愛犬の日々の食事としては信頼できるフードだと言えるでしょう。

この機会にぜひご検討ください。

またMOFFMEでは、他にも様々なペットやペット保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。