動物保険で安いのはどこ?動物保険の口コミ・評判、ランキングも紹介のサムネイル画像

加入しておくと安心な動物保険(ペット保険)ですが、安いのはどこの保険でしょうか。また加入を考えている方は保険の選び方や口コミ・評判、おすすめ・人気の保険も気になりますよね。この記事では安い動物保険について、必要性や選び方、ランキング等を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

動物保険で安いのはどこ?口コミ・評判、ランキングも解説!

記事モデル:むぎ


かけがえのないペットには、いつまでも元気で幸せに過ごしてほしいですよね。


だからこそ、思いがけない病気やケガをしたときには、安心して治療を受けさせてあげたい──そのような思いを抱く飼い主さんたちからのニーズが高まり、動物保険(ペット保険)への加入はスタンダードになりつつあります


しかし、その一方で動物保険のことを「難しくて分かりにくい」と感じている方や、「どれもみんな同じなのでは?」と思っている方も多いのではないでしょうか。


せっかく動物保険に入るのであれば、しっかりとした補償や対応はもちろんのこと、月々かかる保険料はなるべく安い方が助かりますよね。


今回「MOFFME」では、動物保険について

  • 動物保険に加入すべき理由
  • 動物保険の良い点、悪い点
  • 動物保険の対象となる動物
  • 動物保険を選ぶときにチェックすべき項目
  • 口コミやランキングを参考にするといい理由
  • 保険料の安い動物保険

以上のことを中心に解説してまいります。


動物保険はどうやって選べばいいか分からないと感じている方、保険料の安い動物保険を探している方には、特におすすめのコンテンツとなっておりますので、ぜひ最後までご一読いただければと思います。


また、MOFFMEでは「ペット保険のランキング」についても紹介しています。気になる方は一緒にお読みください。

動物保険はどうして必要?必要性や加入するメリット等を解説!

動物保険への加入経験がない方にとっては、そもそも動物保険とはどういったものなのか、なぜ必要なのか、もしかしたらイメージが湧きにくいかもしれませんね。保険と聞くだけで「なんだか難しそう」と感じる方も多くいらっしゃるのではないかと思います。


そこで、ここでは動物保険に関連したよくある疑問について、以下の点を中心に易しく説明していきます。

  • ペットの治療にかかる費用負担
  • 動物保険に加入すべき理由
  • 動物保険の良い点、悪い点
  • 動物保険を契約する際は、様々な保険を比較検討したほうがいい理由
  • 動物保険の対象になる動物
では、ひとつずつ一緒に見ていきましょう。

動物保険はどうして必要?必要性を詳しく解説!

ペットには医療保険制度が無いため、病気やケガの治療で発生した費用は100%飼い主の負担となります。継続的な通院治療はもちろんのこと、入院・手術が必要な際には数十万円という単位での治療費が発生することも珍しくありません。


ペットは人間よりも年を取るスピードが速く、また、動物の特性によっては病気になりやすかったり、ケガを起こしやすいペットもいます。犬・猫の平均寿命は伸びてきていますが、高齢期が長くなる分、かかってくる治療費も増えている傾向があります。


愛するペットが病気やケガで苦しんでいるときに、お金のことで頭を悩ませたくはないですよね。そんなとき、動物保険に加入していれば、治療費の一部が補償されるため、安心して治療に専念することができます。


飼い主さんとペットが一緒に長く暮らしていく幸せのために、動物保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。

動物保険に加入するメリット・デメリットとは?


安い保険料の動物保険は魅力的ですが、ここでは、動物保険に加入するメリットとデメリットとは何かについて解説していきます。


メリット

  • 予期せぬ病気やケガの際に治療費の負担が軽減される
  • 付帯できるサービスや特約があり、便利・お得

デメリット

  • 一定額の保険料の負担がかかる
  • 保険金を請求する際の手続きが面倒
  • 持病があったり、一定の年齢を超過したりする場合、加入できないことがある

一部の保険会社では、体調やしつけについて獣医師に無料相談できるサービスや、健康チェックをしてもらえるサービスを付加しているところがあります。その他、インターネットでの申し込み限定割引をしていたり、動物病院での窓口精算が可能な保険もあります。


補償内容やサービスは保険会社によって異なってきますので、加入の際は様々な保険を比較検討するのがおすすめです。

動物保険はどんな動物なら加入できる?加入できるペットを紹介!

動物保険の対象として、ツートップを飾る動物はやはり犬・猫です。


ウサギやフェレット、チンチラ、デグー、最近人気急上昇中のハリネズミなどといったエキゾチックアニマルを取り扱う動物保険や、オウム、インコなどの鳥類を対象にする動物保険もあります。珍しいところでは、イグアナやカメなどの爬虫類を扱う動物保険もあります。


保険会社によって、加入できる動物は異なりますので、ご自身のペットが保険の対象かどうか事前に確認が必要です。

動物保険の選び方は?選ぶポイントを詳しく解説!

  

動物保険を選ぶ上でチェックしておきたいポイントは以下の通りです。

  1. ペットが動物保険の加入条件を満たしているか
  2. 希望する補償内容と合致するか
  3. 免責事由や重要事項説明書は一読する
  4. 保険料が安いか
  5. 補償内容と保険料のバランスはどうか
  6. インターネット割引や、多頭飼い割引などの割引の有無
  7. 窓口精算や無料相談サービス、健康チェックなどのサービスの有無
  8. ペット賠償責任特約などの特約の有無

①:自分のペットが加入できる保険であるかどうか

動物保険への加入を検討する際には、以下の3点について確認しましょう。

  1. ペットがその動物保険の対象動物に該当しているか
  2. 契約可能年齢であるか
  3. 既往症や慢性疾患がないか
特にペットが犬・猫以外の動物の場合は、必ずその動物保険の対象動物に該当するかどうかをチェックしてください。

次に、契約可能年齢であるかどうかを確認します。

最後に既往症や慢性疾患の有無についてですが、加入時に何らかの持病を抱えている場合や、過去に再発リスクの高い疾患を発症したことがある場合、保険会社によっては申し込みができないことがあります。

②:補償内容の充実さはどれくらいか

多くの動物保険では、通院医療費の50%補償または70%補償というプランが一般的です。中には90%補償、全額補償の保険もありますが、補償割合が多いプランほど、保険料はお高め。逆に補償割合が低いプランほど保険料は安いです


特に入院・手術のみが補償されるプランは、安い保険料でペットの「もしも」に備えるのに役立ちます。入院・手術だけでなく、通院も含めて幅広くカバーしたい方には複合型のプランがおすすめです。


それからチェックしておきたいのは、ご自分のペットがかかりやすい疾患が補償の対象に含まれているかという点。膝蓋骨脱臼やガンなどは保険会社により対応が大きく異なるので、約款などを一読しておくと安心です。

③:年齢や免責事由等の加入条件に当てはまっているか

動物保険では、加入する動物の契約可能年齢が設定されています。特に、小動物や小鳥の場合は、契約可能年齢が2歳~5歳未満などに設定されているケースがありますので、注意が必要です。


免責事由とは、保険会社が補償の対象外として設定している項目です。例えば、保険加入前に発病していた疾患や、飼い主の過失によるケガ、不妊去勢手術、マイクロチップ挿入などは一般的な免責事由で、これらについては保険適用外、つまり費用は全額飼い主負担となります。

④:安さも大切!保険料はどれくらい安いか

ペットの万が一のときに大きな味方となってくれる動物保険ですが、気になるのが保険料。予期せぬ治療費をカバーするために、保険料が家計を圧迫してしまっては本末転倒ですから、やはり安い保険料というのは重視したいポイントですよね。


保険料が安いか高いかはプランによってもかなり違ってくるので、補償内容とお財布とのバランスで決めていきましょう。その際は、様々な保険を幅広く比較検討することをおすすめします。


インターネット割引や多頭飼い割引をしている保険会社もありますので、保険料が安いかどうかだけを比較するのではなく、トータルでお得なものを選択することをおすすめします。

⑤:窓口精算等の付帯サービスや特約は何があるか

通常、動物病院の窓口でいったん治療費を全額支払った後に、保険会社に保険金の請求手続きを行うのが一般的ですが、一部保険会社では窓口精算ができるサービスを展開しています。かかりつけの動物病院が対応しているなら便利ですね。


また、ペット賠償責任特約を付帯できる動物保険もあります。


ペット賠償責任特約とは、ペットが他人や他人のペットにケガをさせてしまったり、他人の所有物を壊してしまった場合に、賠償額が補償されるというもの。外出の機会が多いペットには付帯しておくと安心ですね。

安い動物保険はどう選ぶ?口コミ・評判や安さランキングを紹介!

安い保険料で動物保険に入れるのは嬉しいですよね。一方、ネット上では「安かろう悪かろう」という声もちらほら。


「安い保険料に惹かれて入ってみたけれど、失敗した!」ということが無いように、ここでは動物保険を選ぶ際の3つのポイント

  1. 口コミサイトの評判を参考にする
  2. ペット保険ランキングを参考にする
  3. 様々なペット保険を比較検討する
について解説していきます。

動物保険の口コミ・評判を紹介!ペット保険を徹底比較!


ネット上には、動物保険の口コミサイトが多数存在します。


良い口コミの多い保険は、通院・入院・手術まで手厚くカバーされているものや、高齢になっても保険料が安いもの、補償内容が幅広いものなどが目立ちます。


口コミサイトでは、コールセンターの対応や、保険金請求手続きの煩雑さ、保険金支払いまでの期間など、実際に契約してみなければ分からない加入者の声が保険会社への忖度なく載っているので、動物保険を選ぶ際にはきっと参考になるはずですよ。

安い動物保険はどこ?ペット保険の安さランキングを紹介!

月々の保険料は千円~数千円台が一般的な動物保険。そのような中、千円以下という安い保険料を実現している動物保険や、クレジットカードのポイントが貯まるお得な動物保険もあります。


MOFFMEでは、ペット保険人気ランキングや、ペット保険の比較の仕方について知ることができます。ペット保険について網羅的に取り扱っているので、安い保険料のペット保険をお探しの方は、ぜひ下記のリンク先からご覧になってください。


MOFFMEペット保険 ペット保険の一括比較

ペット保険は口コミ・評判等を比較して加入するのがおすすめ!

動物保険は、実際に利用している保険加入者の口コミや評判を参考にしながら、様々な保険を幅広く比較するのがおすすめです。保険会社によって、保険料や補償内容は大きく異なってくることや、利用してみないと分からないこともあるからです。


とはいえ、手あたり次第に口コミサイトや保険会社のWebページを見ていくのは大変ですし、効率が悪いですよね。


MOFFMEでは、ペット保険の口コミ・評判やペット保険の一括比較サービスを取り扱っています。安いペット保険を見つけるのにも、きっとお役に立てるはずなので、参考にしてみてください。

まとめ:動物保険で安いのはどこの保険?

ここまで、動物保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。


今回の記事のポイントは、

  • ペットの治療費は全額飼い主負担になるため、予期せぬ病気やケガの備えとして、動物保険に加入しておいた方が良い
  • 動物保険の保険料、補償内容、付帯サービス、対象とする動物などは保険会社により異なるため、様々な動物保険を比較した方が良い
  • 安い価格帯の動物保険もあるが、補償内容とのバランスや、口コミ・評判などを調べて検討した方が良い
  • 動物保険の一括比較サイトや、保険料の安い動物保険をランキングにして掲載しているサイトもあるので、参考にすると良い
でした。

MOFFMEでは、保険の一括比較や保険加入者の口コミなど、ペット保険について取り扱っております。安い保険料のペット保険をお求めの方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。