ビションフリーゼの性格や特徴は?飼い方のコツや価格、病気も解説!のサムネイル画像

ビションフリーゼは、コミュニケーション能力が高く、従順で社交的な性格であるため、初めて犬を飼うという方でも飼いやすい犬種です。特徴的な巻き毛を綺麗に保つには毎日のお手入れは欠かせません。ビションフリーゼの性格やお迎え方法、かかりやすい病気について解説します。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。

この記事の目次

目次を閉じる

ビションフリーゼの性格や特徴は?

小型犬のビションフリーゼは、可愛らしい外見をしており、陽気で人懐っこい性格のため見ているだけでも癒されるため、一度見たら飼いたくなりますよね。 

また、ビションフリーゼを飼いたいならば、その性格・特徴をよく理解し可愛がりたいものですよね。  

しかし、ビションフリーゼの寿命や注意するべき病気を良くご存知でしょうか。   

家庭で飼う以上、愛犬の健康管理やしつけ等は飼い主さんの義務です。 

そこで今回MOFFMEでは、
  • ビションフリーゼの性格はこんな感じ 
  • ビションフリーゼのお迎え方法 
  • ビションフリーゼの飼い方はここに気を付けて 
  • ビションフリーゼの気になる病気とペット保険 
以上のことを中心に解説していきます。                         

この記事を読めば、ビションフリーゼに関する基本的知識が、良くおわかりになるはずです。                   

ぜひ、最後までご覧ください。

ビションフリーゼの性格や特徴は?歴史も紹介!


ビションフリーゼは外見がとても可愛らしく、性格も社交的な犬種です。 

また、飼い主さんには従順なので、飼いたい方々も多いことでしょう。 

こちらでは、  
  • ビションフリーゼの性格
  • オス・メスの性格の違い
  • ビションフリーゼの特徴
  • ミックス犬の種類とは?
  • ビションフリーゼとトイプードル、どこが違う?
について解説します。

ビションフリーゼの性格は?

ビションフリーゼは、いつも機嫌がよく、陽気な性格です。 


友好的で誰とでも仲良くでき、多頭飼いにも適しています。 


とくに飼い主と関わるのが大好きな甘えん坊

出かけていたご主人が帰ってくると喜び、大興奮で迎えてくれるでしょう。  


でもそれは1人の時間が苦手ということでもあります。

寂しがり屋の性格上、長時間の留守番は得意でない犬です。 


留守番嫌いに加えて、辛抱強い性格などから、ストレスが溜まりやすい性質があります。


普段は穏やかですが、いきなりテンション高く走り回ることがあり、それもストレス発散からくる行動と言われています。

その行動は、「ビションブリッツ」・「ビションスイッチ」と呼ばれます。


一度始まると、満足するまで所構わず全力疾走です。

この犬種の特徴ですので、あまり気にせず見守ってあげて下さい。

滑りやすい床・障害物、外では飛び出しなど事故がないよう気をつけましょう。


基本的には非常に飼いやすい愛嬌たっぷりの賢い犬です。

ビションフリーゼのオス・メスの性格の違いとは

人間にも個性はありますが、当然ビションフリーゼにもそれぞれ個性はあります。

一般的に、ビションフリーゼの性格は、聞き分けが良く、フレンドリーな性格と言われています。

ただしオスとメスでは、若干性別ごとに性格にそれぞれ違う傾向があるようです。 
  • オスの性格:孤独を嫌い甘えん坊な一面がある。常に寄り添わないとストレスになることも。
  • メスの性格:独立心は高いが、飼い主に従順なしっかり者が多い。
ただし、これはあくまで傾向ですので、ビションフリーゼによって性格は異なってきます。 

ビションフリーゼを選ぶ際、活発な性格か穏やかな性格か等、個々の性格を良くチェックしましょう。

ビションフリーゼの歴史や特徴

ビションフリーゼの近縁とされるボロニーズは、11世紀ごろから存在したと言われています。

その後、愛らしい外見や社交的な性格の犬がヨーロッパの王族等に人気となりました。

18世紀や19世紀には、世の中の動乱で絶滅寸前となるものの、20世紀に再び人気の犬種となりました。

また、ビションフリーゼの特徴は、学習能力が高い点です。

物覚えが良いためサーカス、大道芸にも重宝されています。

さらに、運動神経が優れており、飼い主さんとフリスビーやボール遊びをすると喜びます。

ビションフリーゼのミックス犬の種類

ミックス犬とは、別犬種同士を組み合わせて誕生した犬のことです。


人気のあるミックス犬は次の通りです。

  • ビションフリーゼ+トイプードル:丸顔でかなりの短足。
  • ビションフリーゼ+ペキニーズ:垂れ目で毛が多い。
  • ビションフリーゼ+マルチーズ:丸顔で目が大きい、体型は丸型。
  • ビションフリーゼ+チワワ:顔も体型も丸形が特徴。
  • ビションフリーゼ+キャバリア:丸顔で短足が特徴。
ミックス犬は、非常に可愛らしい風貌と体型であることが特徴です。

購入費用は子犬で10万円前後となっています。

ただし、将来の成長していく中で、遺伝疾患が出てくる等のリスクも考えられます。

ミックス犬を飼う際は、このようなリスクもあり得ることを事前に確認しておきましょう。

ビションフリーゼとトイプードルの違いは?

ビションフリーゼとトイプードルは、豊かな被毛や大きな瞳、飼い主に従順など共通点があり、どちらも本当に可愛いですよね。


しかし、ビションフリーゼとトイプードルは、全く異なる犬種として存在しています。


双方の違いを以下で紹介します。


体型

  • トイプードルの方がビションフリーゼよりも一回り小さい
  • ビションフリーゼの方が丸みを帯びている

毛色

  • トイプードルは豊富な毛色(プリコット、ブラック等)
  • ビションフリーゼはホワイトのみ
以上のような違いがあります。

ビションフリーゼのお迎え・購入方法は?価格や選び方も紹介!


ビションフリーゼを、ご自分の家族として迎えたい皆さんも多いことでしょう。  

お迎えにはいろいろ方法があります。

その際にそれぞれ注意点もあるので、外見の可愛さだけで判断するのは早計です。

こちらでは、
  • ビションフリーゼのお迎え方法 
  • ビションフリーゼのお値段とその選び方 
について解説します。

ビションフリーゼのお迎え・購入方法

お迎え準備
ビションフリーゼのお迎えする時に準備するものは、
  • ゲージ(犬の安息の場所として絶対に必要) 
  • トイレシート 
  • トレー 
  • ドッグフード 
  • 食器 
  • おもちゃ   
などです。

ビションフリーゼの購入方法は次の通りです。 
  • ペットショップで購入
  • ブリーダーから直接購入
  • 保護施設から譲受
こちらでは、ビションフリーゼの購入方法の流れを説明します。  

ペットショップの場合

ビションフリーゼに限らず愛玩動物の一般的な購入方法です。  

購入の手順は次の通りです。  
  1. 飼いたいビションフリーゼを決定  
  2. ショップの担当者に契約内容を尋ねる
  3. 飼育方法で質問があれば、購入前に必ず聞く 
  4. ペット保険に加入するかどうか判断 
  5. 支払い方法の決定
  6. 契約成立、ビションフリーゼ引渡し 
また、ご自宅へ迎え入れる準備に時間がかかるなら、お店に内金を支払いましょう。

そうすると、1週間程度取り置きが認められることもあります。

一度、ショップの担当者に相談してみてください。
   
ブリーダーから直接購入 
ブリーダーから直接購入もOKです。  

購入の手順は次の通りです。   
  1. ネットで検索 
  2. ブリーダーにメール・電話等で見学申込 
  3. 見学を実施、ブリーダーへ飼育方法等を相談
  4. 購入決定 
  5. 支払い方法の決定
  6. 契約成立、ビションフリーゼ引渡し   

保護施設から譲受 

里親となってやむを得ない理由により、保護施設等の保護犬の譲受もできます。  

譲受の手順は次の通りです。  
  1. サイト等で譲渡条件をよく確認 
  2. メールまたは電話で面会の申込 
  3. ビションフリーゼと面会 
  4. 施設担当者と譲受の相談、飼い方を助言してもらう
  5. 譲受を決定
  6. 諸費用を払う 
  7. ビションフリーゼを譲受  
飼育準備等を整えたい場合、譲受を10日程度猶予してもらえる場合があります。

ビションフリーゼの価格・選び方

ビションフリーゼの価格

ペットショップやブリーダーから購入するならば、子犬の値段相場は20万円程度です。  

一方、保護施設から里親として譲受するならば、諸費用は3万円くらいかかる程度です。

この諸費用には、犬への不妊手術、ワクチン代、狂犬病予防注射等の費用が該当します。  

里親として譲り受ける場合、費用は非常に安上がりといえます。  

ただし、譲受するビションフリーゼは成犬であることも考えられます。    

また、持病のある場合も否定できません。  

譲受の際は、施設担当者とよく相談し、事情を把握した上で里親になることが大切です。

ビションフリーゼの選び方

皆さんの中にはオスとメスどちらを選ぶか悩んでいる人がいるかもしれませんね。 

ビションフリーゼといつも一緒に遊びたいなら、甘えん坊で人懐っこいオスが良いでしょう。 

逆に世帯に子供や高齢者がいても安心して飼いたいなら、しっかり者のメスが最適です。

ビションフリーゼの飼い方のコツや注意点、しつけ方を解説!

人懐こくて賢くて、家庭犬として理想的なビションフリーゼ。 

しかし他の犬と同様、飼うときには気をつける点があります。

ここからは、ビションフリーゼの性質を踏まえて 
  • 適した運動量・室温管理など、飼い方のコツ 
  • きれいに被毛を保つお手入れ方法 
  • ビションフリーゼのしつけ方法 
などを説明します。  

飼い主の役割は、長く健康で過ごせるよう生活を管理すること、トラブルなどが起きないようしつけることです。
またビションフリーゼの被毛を綺麗に保つには少々手間とコストがかかります。

ずっと継続してお世話できるかが大事なポイント。
家族として長く付き合っていくためにビションフリーゼの飼い方をきちんとマスターしましょう。

ビションフリーゼの飼い方のコツは?運動量と温度管理に注意!

ビジョンフリーゼは小型犬ですが、筋肉質で活発な性格なので運動が大好きです。


毎日、朝と夕方15分ずつくらいはお散歩してあげると良いでしょう。


たまには自由に走り回れる公園でフリスビーやボールを使って全身運動させてあげるとストレス解消になり、日常の生活をより穏やかに過ごせるようになります。


雨の日はレインコートを着せて散歩するか、家の中で満足するまで遊んであげて下さい。


またビジョンフリーゼはダブルコートと呼ばれる2層の被毛であるため、熱や湿気がこもりやすくなっています。


快適と感じる環境は、温度が22度前後、湿度は50~60%です。


湿度が60%を超えると湿疹が出たり熱中症のリスクが高まりますので注意して下さい。

ビションフリーゼのお手入れは?お手入れ方法と頻度を紹介!

ぬいぐるみのようなふわふわした姿に魅力を感じる人が多いでしょう。

しかし見た目の可愛さは日々のお手入れの賜物です。


飼うときにはお手入れをきちんとしてあげられるかが重要です。


ブラッシング

1日1回を目安にブラッシングすることで、毛の絡まりを解き、毛玉をできにくくします

ホコリ・ノミやダニの予防、皮膚病の発見、抜け毛を減らすメリットもあります。


シャンプー

1ヶ月に1回~2回をおすすめします。

ただ全身シャンプーは手間がかかり乾かすのも大変です。

汚れにくい散歩道にする、汚れた箇所だけ洗うか拭き取るなどで綺麗に保てれば、全身を洗う頻度は低くても良いでしょう。


トリミング

被毛の伸びが早いので綺麗に保つには1ヶ月に1回トリミングが必要です。

カットが難しい毛質のため、トリマーさんでも技術によって出来栄えが左右します。

信頼できるトリマーさんが見つかると良いですね。


1回のトリミングに6000円~1万円程度かかります。

自分の美容院代を削ってでも、ずっとそのコストが捻出できるか考えましょう。

ビションフリーゼのしつけ方は?しつけの注意点も解説!

ビションフリーゼの性格上、聞き分けの良い賢い犬なので比較的早く学習します。


しつけは出来たら褒める、出来なくても過度に叱らない、が鉄則です。


匂いをかぎ始めたらトイレに連れていき、成功したら大げさに褒めます。


性格が温厚なので攻撃的な行動は少ないですが、吠えた時には構わない、噛んだときには「痛い」と無表情で伝えます。


駄目な事をした時、反応するのは逆効果。叩いたりするのもNGです。

出来た時だけ褒めてメリハリをつければ、して良い事と悪い事を覚えていきます。


留守番はストレスになるので、させないほうが好ましいですが、どうしても必要なら10分、20分と徐々に試し、飼い主がきちんと帰ってくることを覚えさせましょう。


普段からケージなどの中で1人遊びに慣れさせておくのも有効です。


寂しいと粗相をしたり部屋を荒らすこともあり、ケガをすることもあります。

出かける時は必ず安全対策をして出かけましょう。

ビションフリーゼの寿命やかかりやすい病気は?


ビションフリーゼを飼う際、どんな病気にかかりやすいのか、少々不安になりますよね。 

実際にビションフリーゼが注意するべき病気は存在します。    

日ごろから愛犬の体調をしっかり把握しておきましょう。   

こちらでは、 
  • ビションフリーゼの寿命と、注意するべき病気
  • ペット保険へ加入しよう! 
について解説します。

ビションフリーゼの寿命やかかりやすい病気

ビションフリーゼの平均寿命は、最近では12歳~15歳程度と言われています。  

ビションフリーゼは、飼い主さんのこまめな健康管理で寿命が長くなる犬種と言えます。   
こちらではビションフリーゼが注意するべき病気を解説します。 

眼の病気  

ビションフリーゼは、眼の水晶体が白く濁り視力の低下する「白内障」に注意しましょう。
   
初期段階では愛犬にもさほど影響が出ません。

しかし、進行すると眼が白く濁る状態や、物につまずく等の異常が出てきます。

異常に気付いたら、速やかに医師の検査を受けましょう。 

白内障の治療は基本的に手術を行うこととなります。

検査・手術1回・入院5日で約30万円の費用がかかります。 

耳の病気  

ビションフリーゼは、その毛の量から耳の中に毛が生えやすいのも特徴です。

そのため、「外耳炎」を発症し易いと言われています。 

原因としては豊かな被毛のお手入れの際、シャンプーや水が耳の中に入る場合も考えられます

外耳炎の予防は、柔らかいガーゼ等を使用し、こまめに耳掃除をしてあげることが大切です。 

治療の方法は、主に投薬を行うこととなります。 

検査・通院1回・薬の処方で3,000円程度の費用がかかります。

間節の病気

気を付けるべき病気としては膝のお皿部分の関節が外れる、「膝蓋腱脱臼」があげられます。

効果的な予防措置があるわけではないものの、次のような点に気を付けましょう。
  • 屋内にはカーペットを敷いて、足への負担を軽減させる
  • 過剰な運動をさせず、関節の負担を抑える
膝蓋腱脱臼の場合、重症化すると手術による治療が行われます。  

治療費は手術1回・入院日数8日・検査代込みで約20万円となります。

シニア犬の場合  

ビションフリーゼも高齢になれば、前述した病気の他、気を付けなければいけいない点も出てきます。   

シニア犬になると体力が次第に衰え、免疫力は低下していきます。   

愛犬が健康に長生きするため、食事や健康管理にいっそう気を配りましょう。    

愛犬にストレスをかけないよう、穏やかに暮らせることが不可欠です。       

また、動物病院で定期的な健康診断を受け、病気の心配が無いかをチェックしておきましょう。

以下の記事でも寿命やかかりやすい病気について詳しく解説しておりますので参考にしてみて下さい。
関連記事

ビションフリーゼのペット保険について

ビションフリーゼの治療は手術が伴うと、30万円を超える高額な治療費となります。

そのため、ペット保険に加入して金銭サポートを受けることが大切です。

ペット保険について

ペット保険とは、愛犬等の病気・ケガの治療費を補償する商品です。
 
保険対象となる動物は各保険によって違いがあります。  

ただし、犬・猫はペット保険で例外なく保険対象とされます。 

申込方法は保険代理店で加入するか、インターネットでも加入できます。  

補償は、保険が適用される治療費50%分・70%を補償するという内容となります。

ペット保険は1年更新で、継続を拒否しないと自動更新となります。   

払込保険料は、年齢や、犬種のサイズ(大型犬・中型犬・小型犬)で金額に違いが出ます。

万が一のための特約もある  

ビションフリーゼの場合、縄張り意識が強く他人を噛むと言った攻撃性はありません。

しかし、散歩中勢い余って、歩行者や他人が走行している自転車と衝突することも考えられます。

愛犬が原因で起きた他人・他人の財物の被害に関し、飼い主が責任を取らなければいけません。

そんな時のために、ペット保険へ「ペット賠償責任特約」も追加しておきましょう。
       
こちらの特約を設定していると約500万~1,000万円程度の補償が下ります。  

特約の追加費用は毎月80~140円程度上乗せすることになります。  

ただし、この特約を追加しなくても、いざという時に補償が受けられる場合もあります。  

それは、加入中の火災保険や自動車保険に、個人賠償責任特約が付帯されている場合です。

この特約でも、飼い犬の起こした賠償責任は補償範囲です。  

ペット保険の注意点 

ペット保険へ申し込む時は、愛犬の年齢もしっかり確認しましょう。    

なぜなら各保険会社で、加入可能な年齢上限が違ってくるからです。  

ほとんどの保険会社では、7歳~10歳程度が加入可能年齢の上限です。   

なお、愛犬の更新可能な年齢なら、20歳程度が上限となっています。  

また、なるべく愛犬が若くて元気な内に保険へ加入しましょう。    

愛犬が年齢を重ね、持病・傷病歴があると、保険会社は加入を拒否するケースが多いです。   

ただし、持病・関連部位を補償から外せば加入が認められることもあります。    

まずは、保険会社の担当者と冷静に話し合い、加入条件について確認しましょう。

また以下の記事でもビションフリーゼのペット保険について詳しく解説しておりますので参考にしてみて下さい。
関連記事

まとめ:ブションフリーゼの性格や特徴について

ここまでビションフリーゼの性格・特徴と、飼う際の注意点について解説してきましたが、いかがでしたか。                                               


今回の記事のポイントは

  • ビションフリーゼ:外見がとても可愛らしく、性格も社交的な犬種
  • オス:孤独を嫌い甘えん坊な一面がある
  • メス:独立心は高くしっかり者が多い
  • ビションフリーゼのミックス犬は人気も高いが、遺伝疾患が出るリスクもある
  • ビションフリーゼとトイプードルは外見がそっくりでも、体型や毛色が異なる
  • 購入方法:ペットショップ・ブリーダーから購入、保護施設から譲受がある
  • ビションフリーゼの子犬の価格:20万円程度
  • 保護施設から里親として譲受する場合:諸費用は3万円程度
  • ビションフリーゼは被毛のお手入れをこまめにする
  • ビションフリーゼのしつけ方:叱りつけることを避ける
  • ビションフリーゼの平均寿命:12歳~15歳程度
  • ビションフリーゼが注意するべき病気:白内障、外耳炎、膝蓋腱脱臼など
  • 高額な治療費に備えるため、ペット保険への加入が大切
でした。

ビションフリーゼは、とても寂しがり屋のため留守番には向いていません。

そのため、ご自分が仕事で良く家を空ける場合には、同居の親族が遊び相手になることも大切ですね。

また、ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。        

MOFFMEではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。