FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の特徴と口コミ・評判のサムネイル画像

FPCがペット保険の比較相談サービス「MOFFME」限定のペット保険の販売を開始しました。ペット保険は、メリットやデメリットを含めて商品内容を把握し、口コミなども参考にして、ニーズに合ったものを選ぶことが重要です。今回は「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の特徴や口コミを詳しく紹介していきます。

この記事の目次

目次を閉じる

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」とは

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」とは、犬と猫のペット保険を扱う株式会社FPCとペット保険の比較相談サービス「MOFFME」を運営する株式会社Wizleapが提携してMOFFME限定で販売する、入院・手術特化型のペット保険です。


大切なペットが病気やケガになってしまっても、人間と違ってペットには公的医療保険がないため、治療費はすべて自己負担となります。


入院や手術の場合は思いのほか高額となってしまうこともあり、ペット保険に加入して備えておくと安心です。


今回「MOFFME」では、入院と手術に特化したFPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」について以下の項目を詳しく紹介していきます。

  • FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の4つのポイント
  • FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の保険料
  • FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の補償内容・プラン
  • FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の保険料支払い方法
  • 参考:ペット保険の相談サービス「MOFFME」とは
ぜひ最後までご覧ください!

またMOFFMEでは、「ペット保険の人気ランキング」についても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひ参考にしてみて下さい。

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の4つのポイント


FPCの「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」には、

  1. 50%、70%、90%補償プランから、ご希望の補償プランを選択可能
  2. 入院と手術に特化したプランで、お手頃な保険料を実現
  3. 手術保険金の1回あたりの支払限度額は60万円と、高額になりがちな入院・手術にしっかり備えられる
  4. 全国すべての動物病院に対応し、保険金請求アプリによるオンライン完結型の保険金請求も可能
上記の4つの特徴があります。

「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は、お手軽な保険料でありながら入院・手術をしっかりとカバーしてくれるといった点が魅力のペット保険です。


また、全国すべての動物病院での治療に対応しており、お客さまの状況やご都合にあった動物病院をご利用頂けます。

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の保険料


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は犬・猫が加入できるペット保険で、お手頃な保険料が魅力となっています。


年齢による保険料の上昇は3回12歳以上の保険料の変動はなく、ペットが高齢になっても無理なく継続することができます。

※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。

※保険商品の内容については、必ず重要事項説明書等でご確認ください。


3つの補償プランそれぞれの保険料は以下の通りです。


50%補償プランの場合(分割月払い・月額保険料)

ペットの年齢小型犬中型犬大型犬
4歳以下550円630円
1,190円520円
5〜8歳860円1,270円1,700円720円
9〜11歳1,840円
2,210円3,210円1,080円
12歳以上2,250円2,530円3,600円1,430円

70%補償プランの場合(分割月払い・月額保険料)

ペットの年齢小型犬中型犬大型犬
4歳以下680円790円1,450円630円
5〜8歳1,060円
1,560円2,090円890円
9〜11歳2,170円2,600円3,950円1,330円
12歳以上2,650円3,070円4,430円1,750円

90%補償プランの場合(分割月払い・月額保険料)

ペットの年齢小型犬中型犬大型犬
4歳以下790円920円1,710円740円
5〜8歳1,240円1,820円2,450円1,030円
9〜11歳2,450円2,940円4,650円1,550円
12歳以上3,000円3,560円5,220円2,040円
※50%/70%/90%の保険料表

気になった方はぜひ一度保険料のお見積もりをしてみて下さい!

お見積もりはこちら

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の補償内容・プラン

支払限度額補償限度回数
入院保険金1入院あたり125,000円

年間2入院

手術保険金1回あたり600,000円年間2回
FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は、手術保険金の1回あたりの支払い限度額が60万円、年間の補償限度総額(支払い限度額×限度回数)は145万円と、手厚い補償となっています。

手術を含む入院はもちろん、手術治療のみ(日帰り手術)や手術を伴わない入院治療のみの場合も補償してくれます。

歯周病などの歯科治療や小型犬がなりやすいパテラなども、手術・入院をともなう治療であれば補償の対象となります。
(補償開始前からの傷病、歯石除去や予防の場合等は補償の対象外となります。その他補償の対象外となる項目等もあります。詳細は、重要事項説明書およびFPCペット保険普通保険約款でご確認ください。)

また、免責金額とはペットの診療費を保険請求した際にお客さまが支払わなければならない負担金のことを指しますが、この保険では免責金額はありません。そのため、少額の入院・手術治療費でも保険金を請求することができます。

選べる3つの補償プラン

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」では、以下の3つのプランの中からご希望に応じてお選び頂くことが可能です。

  1. 手軽に50%プラン
  2. スタンダードな70%プラン
  3. 充実の90%プラン

これらのプランは、補償割合以外の補償内容はすベて同じとなっております。


どのプランに加入するかお悩みの方は、一度保険料のお見積もりした上で比較・検討されることをおすすめします。

「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の加入条件

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」では、加入するにあたって、4つの条件を満たしておく必要があります。

  1. 保険契約の開始日時点で生後30日以上9歳未満の犬または猫(継続契約の更新は終身で可能です)
  2. 血統書、ワクチン接種証明書または販売契約書付き、もしくは生体特定用マイクロチップを埋め込んだ犬または猫
  3. 家庭で愛玩用(ペット)として飼育する犬または猫
  4. 販売用、災害救助犬、興行用、闘犬用、賭犬、猟犬に当てはまらない犬または猫
加入前の予防接種や健康診断は必要ありません。

ただしお申し込みの際に行う「告知事項(加入ペットの健康状態等)」によって契約を引き受けるかどうかの引受審査が行われるため、告知は正確に行う必要があります。

加入に関してわからないことがあればメールやお電話(電話番号:0120-56-3912)で問い合わせすることも可能です。

また、ご契約前には商品の詳細を説明した
重要事項説明書もご確認ください。

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリット


ここでは、FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリットを紹介します。


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリットは次の4つです。

  1. 保険料がお手頃
  2. 保険金請求が簡単
  3. 手厚い入院・手術補償
  4. 免責金額や待機期間がない

これらのメリットについて以下詳しく解説していきます。


また、この記事の最後には実際の口コミも紹介しておりますのでメリットと併せてご覧ください。

メリット①:保険料がお手頃

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリットの1つ目は、「保険料がお手頃」なことです。


50%補償プランの4歳以下の小型犬の保険料は550円/月と、お手頃な値段であることがお分かり頂けるでしょう。


また、加入時だけではなく、その後も継続しやすい保険料かどうかも大切なポイントです。


保険料は0〜4歳、5〜8歳、9〜11歳、12歳以上の年齢区分で分かれており、年齢による保険料の値上がりは3回だけとなっています。そのため、保険料が上がり続けることがなく、ペットが高齢になっても無理なく継続を検討していただけます。 


ペットの高齢化が進み、高齢になった際の保険料が心配な方も多いことでしょう。


しかし、「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のように高齢時の保険料が一定であれば、ペットが長生きしてくれた場合も保険料の心配をする必要がなくなります。


※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。

※保険商品の内容については、必ず重要事項説明書等でご確認ください。

メリット②:保険金請求が簡単

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリットの2つ目は、「保険金の請求方法が簡単」ということです。


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」では、必要書類を郵送するだけで保険金請求手続きを完了することができます。


必要書類とは、

  1. 保険証券(または保険継続証)の写し
  2. 動物病院で発行される明細付きの領収書または診療費明細書(原本)もしくはFPC専用保険金請求書(原本)

の2点になります。


保険料の請求から、原則30日以内に保険金が支払われます。 


また、「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」はペット保険の保険金請求スマートフォンアプリ「アニカル」に対応しています。


「アニカル」は、診療明細や保険証券の郵送が不要で、スマホで簡単に保険金請求ができる利用料無料のアプリです

メリット③:手厚い入院・手術補償

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリットの3つ目は、「手厚い入院・手術補償」です。


ペットが骨折をしてしまい、入院・手術費用で40~50万円かかったということも珍しくありません。仮に、ペット保険に加入していても、その保険の支払限度額を超過した金額は、自己負担となってしまいますので、支払限度額は注意して確認すべきポイントです。


「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の手術保険金の1回あたりの支払限度額は60万円ですので、高額になりがちな入院・手術にも安心して備えられます。


また、ペットが重い病気や大きなケガをしてしまった場合、長期の入院が必要となることもあります。ペットが突然長期で入院することになれば、飼い主さんは心理的にも経済的にも不安な気持ちになってしまうでしょう。


「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の入院補償には日数制限がありませんので、このようなときでも、入院が長引くことを気にせずに、ペットの治療に専念することができます。


ただし、1回の入院あたりの補償限度額や補償限度回数は決まっておりますので、その点は注意して下さい。


※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書およびFPCペット保険普通保険約款でご確認ください。

メリット④:免責金額や待機期間がない

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のメリットの4つ目は、「免責金額や待機期間がない」ことです。


免責金額とは、治療を受けた際に自己負担する金額のことを言います。例えば、補償対象になる治療費が免責金額以下であった場合は、保険金が支払われず全額自己負担になってしまうということです。


また待機期間は、保険が開始された後でも傷病が補償の対象外となる一定期間のことです。


「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」では免責金額も待機期間も設定されていないため、少額の治療費でも保険金を請求することができる上、保険開始と同時に補償も開始されます。


※補償開始前からの傷病等は補償の対象外となります。その他補償の対象外となる項目等もあります。詳細は、重要事項説明書およびFPCペット保険普通保険約款でご確認ください。

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のデメリット


ここまでFPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の補償内容やメリットについて解説してきましたが、反対にデメリットはあるのでしょうか?


ペット保険の加入を検討する際には、メリットだけでなくデメリットについても気になりますよね


この項では、FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のデメリットについて、

  1. 通院補償がない
  2. 特約や割引がない

以上2点について詳しく解説していきます。

デメリット①:通院補償がない

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のデメリットの1つ目は、「通院補償がない」ことです。


フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)は、入院と手術の補償に特化したペット保険であり、通院治療は補償対象にならないため、通院治療に備えたい方にはデメリットとなってしまいます。


しかし、通院は入院・手術に比べて治療費負担が少ないことが多く、通院補償がついていて保険料が高い保険を取るか、それとも必要な補償に絞ってお手頃な保険料の保険を取るか、ご自身のニーズに合った方を選ぶことが大切です。


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は通院補償をなくした分、保険料を低く抑えることを可能にしています。


お手頃な保険料で高額になりがちな入院・手術に十分備えることができるので、通院補償がないことも、考え方やニーズによってはデメリットにならないケースもあるでしょう。

デメリット②:特約や割引がない

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」のデメリットの2つ目は、「特約や保険料の割引制度がない」ことです。


「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は、保険の対象となるペットが被った傷病を補償する医療保険のみとなっており、賠償責任特約(注)等の追加で付帯できる特約はありません


また、多頭割引やWeb申込割引等の保険料の割引制度もありません


とはいえ、FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は元々かなりお手頃な保険料であり、割引がない点に関してはそこまで大きな欠点ではないでしょう。


(注)賠償責任特約とは、ペットが他の人・他のペットにケガをさせてしまった場合や、モノを壊してしまった場合に発生する賠償責任を補償してくれる特約のことです。

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」をおすすめできる人


ここまでFPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の補償内容やメリット・デメリットについて詳しく紹介してきました。


それでは以上を踏まえて、「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は具体的にどんな人におすすめなのか気になりますよね。


結論から申し上げますと、小型犬や猫の飼い主の方で、

  • 保険料を安く抑えたい
  • 高額になりがちな入院・手術にはしっかりと備えておきたい
  • 保険金請求を簡単に済ませたい
とお考えの方に「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」がおすすめです。

「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」は、保険料の安さと手厚い入院・手術補償、保険金請求が簡単なことが魅力です。


現在「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」にご加入いただいている方の多くは、小型犬と猫の飼い主さんです。小型犬や猫は、中型・大型犬に比べて治療費用は低い傾向にあります。


一方で、「骨折」、「誤飲」、「膝蓋骨脱臼(パテラ)」、「尿路結石症」など、入院・手術が必要となる病気やケガをしてしまうリスクはあるため、「日頃の通院は自身で何とかし、高額になりがちな入院・手術には備えておきたい」という方が多いためだと考えられます。


高齢になって保険料が上がり続けることもない(12歳以上の保険料の変動はない)ので、終身で安心してご継続いただけます。また、1回の手術の支払い限度額は60万円と手厚くなっており、高額になりがちな手術に十分備えることができます


さらに保険金請求もスマホで完結することができるため、面倒な手続きが苦手な方におすすめとなっています。


なお、「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」には通院補償がありませんので、通院に備えて保険を検討されている方には、おすすめできません


通院補償付きであれば、やはりフルカバー型(通院・入院・手術補償)のペット保険がおすすめですが、上記の通り通院補償付きの場合、割高となります。


逆に、保険料が高くてもいいので、日々の通院にも備えつつ、高額になりがちな入院・手術補償にはしっかりと備えたいという方は、フルカバー型(通院・入院・手術補償)のペット保険に追加して「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」に加入するという選択肢もあります。


例えば、フルカバー型の50%補償プランに加入し、フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)の50%補償プランに追加で加入すると、入院・手術については最大100%の補償を受けることができます。


必要な補償に絞って保険料を抑えるか、一定の保険料を支払って補償を厚くするか、ご自身のニーズに合ったペット保険を選ぶことが大切です。 


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」が気になった方は、ぜひ一度お見積もりしてみて下さい!


※今後の商品改定等により保険料が変更となる場合があります。

※保険金は、支払限度額・限度回数の補償範囲までとなります。

※補償の対象外となる項目もあります。詳細は、重要事項説明書およびFPCペット保険普通保険約款でご確認ください。

※同一のペットを対象とするペット保険をご契約されている場合には、補償範囲が重複することがあります。その場合、実際の診療費(100%)を超えて保険金のお支払いを受けることはできません。補償内容の差異や保険金額をご確認いただき、要否をご判断いただいたうえで、お申込みください。 


このページは、FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の商品概要を説明したものであり、あくまでも参考情報としてご利用ください。商品の詳細につきましては、必ず重要事項説明書やパンフレットでご確認ください。

お見積もりはこちら

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の保険料支払い方法


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の保険料の支払い方法には、

  1. クレジットカード
  2. 口座振替

の2種類がございます。


クレジットカードの場合は申込日から最短で21日後に補償が開始されます。なお、保険料の支払いは一括年払いのみとなっています。


口座振替の場合は初回引落日が補償開始日となります。

補足:ペット保険は本当に必要?ペット保険の重要性とは


ペット保険という言葉を初めて聞いた方や、そもそもペット保険は必要なのか疑問に感じている方もいるのではないでしょうか。


近年、飼育環境や医療の進歩によりペットの寿命が延びていることに伴い、ペットが病気にかかってしまうリスクも高まっています


ただし、人間と違ってペットには公的な医療保険制度が整備されていないため、ペット保険に入っていないと、高額な医療費が全額自己負担になってしまうのです。


その点、ペット保険に入っていれば、何か異変を感じたら経済的な負担を気にすることなく病院に連れていけます。また大きな病気の早期発見に繋がることもあり、ペットが健康でい続けられる可能性が高くなります


万が一の自己負担を少しでも軽減し、ペットとの幸せな生活をより長く過ごすためにも、ペット保険への加入を検討してみては如何でしょうか?

参考:ペット保険の相談サービス「MOFFME」とは


株式会社Wizleapが運営するペット保険の一括比較サービス「MOFFME」には、以下の3つの特徴があります。

  1. LINEでペット保険の比較・相談が無料でできる
  2. WEB上で気になるペット保険の資料をまとめて請求できる
  3. 全10社の保険会社から、様々な条件でペット保険を絞り込みができる
LINEでペット保険について比較・相談ができるので、気軽にペット保険について知ることができます。


また、契約者向けに獣医師にLINEで相談できるサービスも提供しているため、大切なペットの急なケガや病気にも安心して対応することが可能です。


さらにペットの健康状態や健康習慣を点数やマトリクスで可視化できる「MOFFME WEB健康チェック」も展開しています。


気になる方はまずはLINEで無料相談してみてはいかがでしょうか。

MOFFMEで無料相談

まとめ:FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」

いかがでしたでしょうか。


この記事では、FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の特徴や補償内容、メリット・デメリットなどについて詳しく紹介してきました。


FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の特徴として、

  1. フリーペットほけんミニは手術と入院に特化したお手頃価格の保険
  2. 保険料の値上がりは3回で、12歳からは一定
  3. メリットは保険料の安さや免責金額がないこと
  4. デメリットは通院補償や割引がないこと
  5. 高額な治療費に備えるためにもペット保険は必要

以上の5つが挙げられます。


ペット保険はさまざまなものがあり、保険会社によって保険料や補償内容が大きく変わります。


自分やペットにあった保険はどれか、メリットやデメリット、口コミを参考に比較・検討しましょう


MOFFMEでは他にも保険に関する記事を多数掲載しています。興味のある方はぜひ参考にしてください。 


これより下ではFPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」に関するリアルな口コミを多数紹介します。加入を検討されている方はぜひ参考にしてみてください。

FPC「フリーペットほけんミニ(MOFFME限定プラン)」の口コミ・評判

準備中
募集文書番号:WIZ-KY220425-005