ミニチュアピンシャーの性格は?特徴や飼い方・しつけ方、値段も解説のサムネイル画像

ミニチュアピンシャーは引き締まった体をしており、性格は好奇心が強く、しつけが難しい犬です。本記事ではミニチュアピンシャーの歴史や特徴、オス・メスの性格の違い、価格、飼い方のコツ、しつけ方等を紹介しています。また、寿命やかかりやすい病気、保険等も紹介しています。

この記事の目次

目次を閉じる

ミニチュアピンシャーの性格や特徴は?

ミニチュアピンシャーは小さなドーベルマンのような見た目をしています。


"ミニピン"という愛称で親しまれており、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。


引き締まった筋肉質な体をしたミニチュアピンシャーは、見た目の通り活発で元気いっぱいな性格です。


そんなミニチュアピンシャーのしつけは、実は難しいって知ってましたか?


今回「MOFFME」では、

  • ミニチュアピンシャーの性格と特徴
  • トイマンチェスターテリアとの違いは?
  • お迎えの方法と価格
  • 飼育する上での注意点としつけの方法
  • 寿命とかかりやすい病気について
  • ペット保険はつけるべき?
これらについて解説します。

この記事を読んでもらうことで、ミニチュアピンシャーについてたくさん知ってもらえると思います。

ぜひ最後までご覧ください。

またMOFFMEではペット保険のランキングについても詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧ください。

ミニチュアピンシャーの性格や特徴は?歴史も解説!


ミニチュアピンシャーは好奇心旺盛で元気いっぱいな性格です。


落ち着きのない犬としても有名で、しつけが難しいことでも知られています。


また、マンチェスターテリアと見た目がそっくりですが違いをご存じでしょうか?


こちらでは、

  • ミニチュアピンシャーの歴史
  • ミニチュアピンシャーの特徴
  • ミニチュアピンシャーの性格
  • マンチェスターテリアとの違い
についてご紹介します。

ミニチュアピンシャーの歴史

ミニチュアピンシャーの歴史は200年300年前ドイツから始まりました。


ドーベルマンを小型化した犬種と思われがちですがそれは間違いで、実はドーベルマンよりも先にミニチュアピンシャーが誕生していたといわれています。


中型犬のヘル・ピンシェルが祖先であるミニチュアピンシャーは、他にもジャーマンピンシャーやトイマンチェスターテリア、さらにはミニチュアシュナウザーなどとも交配して現在の姿になったといわれています。


また、ドイツでは「レイピンシャー」や「ツベルクピンシャー」と呼ばれています。


それぞれドイツ語では、"レイ"は小鹿を、"ツベルク"はとても小さいを意味しており、ミニチュアピンシャーの見た目から名づけられています。


現在、日本でも人気のミニチュアピンシャーは"ミニピン"の愛称で親しまれており、2018年のJKC(ジャパンケネルクラブ)犬種登録数では132犬種中の17位とその人気がうかがえます。

ミニチュアピンシャーの特徴

ミニチュアピンシャーの特徴は小さいながらに引き締まったその体です。


小型犬でありながらも、筋肉質なためたくましく見えます。


そんなミニチュアピンシャーの大きさは以下の通りです。

  • 体高:25cm~30cm
  • 体重:4~6kg
オスメス共に大きさに違いはなく、上記のサイズに当てはまります。

毛色には、
  • レッド
  • ブラックタン
  • ブラウンタン
があります。

歩き方に特徴がある犬種

ミニチュアピンシャーは"ハックニー歩様"という独特の歩き方をします。

ハックニー歩様とは、前足を馬のように高く上げて歩く歩様です。

高く前足を上げ、まるで行進するかのようなこの歩き方は自信に満ち溢れ、別名ハイステップ歩様とも呼ばれています。

断尾について

ミニチュアピンシャーの尻尾は短いイメージがありますが、生まれた時点では長い尻尾をしています。

日本で生まれたミニチュアピンシャーの多くは、生後1週間頃に断尾が行われます。

なぜそんなにも生後早い段階で断尾をするのかというと、
  1. 神経がまだそれほど発達していないため
  2. 体が小さく、血管も少ないため出血量が少ない
  3. 傷口が小さく、回復が早い
などが主な理由で、無麻酔で行われます。

他にもトイプードルやドーベルマンなどの犬種も断尾をしており、元々は尻尾が長いです。

断尾をする理由としては、牧羊犬などは尻尾を家畜に踏まれないようにするためや、狩猟犬は尻尾が獲物に攻撃されないためなど、職業をしている犬種を中心に行われていました。

現在ペットとして飼われている犬には必要がない断尾ですが、 ミニチュアピンシャーは断尾犬種に含まれ、その犬種のスタンダードな姿、"犬種らしさ"を維持するために現在も断尾が行われています。

しかし現在では断尾が禁止されている国も多く、日本でも断尾をしていないミニチュアピンシャーも時々見かけるようになりました。

ミニチュアピンシャーの性格とは?警戒心が強い!

ミニチュアピンシャーは、小さい体ながら身体能力が高いため、思いっきり動き回ることが大好きです。また、飼い主の言う事をよく聞くとても賢い犬種で、初心者でもしつけをしやすいです。


特にオスは好奇心旺盛で甘えん坊な性格をしています。また、飼い主によくなついてくれるため、沢山一緒に遊んであげると喜ぶでしょう。しかし、警戒心が強いため、初めて会う人やあまり会ったことのない人には警戒し、吠えてしまうこともあるかもしれません。


メスはオスと比べてプライドの高い子が多いようです。甘えてきたと思いきや、プイっとどこかへ行って一人で遊び始めてみたりと、まるで猫のようなツンデレさを持っている子もいます。


発情期になると精神的にストレスを感じやすくなってしまう子もいますので、そんな時は構い過ぎずゆっくりさせてあげましょう。

ミニチュアピンシャーのオス・メスの性格の違いは?

ミニチュアピンシャーのオス・メスの性格の違いをご紹介します。


オスの性格

オスはメスに比べるとおおらかでのんびりした性格といわれていますが、他の犬種に比べればオスも十分活発で甘えん坊の元気いっぱいな性格です。
動きも身軽なため、一緒にドッグスポーツも楽しめます。

しかし、警戒心が強く人見知りをする性格でもあるため、知らない人に対しては吠えてしまうことが多いです。

番犬には向いていますが、来客などにも吠えてしまうことがないように注意が必要です。


メスの性格

ミニチュアピンシャーはオス・メス共に活発な性格をしていて元気いっぱいですが、メスの方がエネルギッシュでプライドが高い性格をしています。  
神経質な性格でプライドも高いため、オスと同様に知らない人に吠えてしまうことがあります。

補足:ミニチュアピンシャーとトイマンチェスターテリアの違い

トイマンチェスターテリアという犬種をご存じですか?


あまり知られていない犬種ですが、実はミニチュアピンシャーにそっくりな犬種です。


トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの違いとして、

違うところミニチュアピンシャートイマンチェスターテリア
毛色レッド、ブラックタン、ブラウンタンブラックタンのみ
頬のタンの入り方 喉下~頬までつながっている丸い独立したタン
断尾していることが多い長いまま
前足サムマーク(パスターンにある黒い点)とペンシルマーク(つま先の黒い線)がない
※最近ではある個体も確認されています
サムマーク(パスターンにある黒い点)とペンシルマーク(つま先の黒い線)がある

などがあります。


体高など、大きさもほとんど同じのため見分けるにはコツがいりますが、上記を参考にしていただければ見分けやすいです。

ミニチュアピンシャーのお迎え方法は?価格や選び方も解説!


ミニチュアピンシャーをお迎えすると決めたら、まずは準備が必要です。


また、入手の方法にはいくつか種類があることを知っていますか?


お迎えする前に価格や選び方についても知ってほしいことがあります。


こちらでは、

  • お迎え前の準備
  • 購入方法について
  • ミニチュアピンシャーの価格
  • 選び方のコツ
について解説します。

ミニチュアピンシャーのお迎え・購入方法

まずはお迎えする前に、環境を整えましょう。

  • ケージ
  • ドッグフード
  • トイレトレイ
  • トイレシーツ
  • エサ箱や水入れ
  • 首輪、リード
  • おもちゃ
などは飼育してすぐに必要になることが多いです。

お迎えしてからあせらないためにも、事前に準備してからお迎えするようにしてください。

お迎え方法としては、
  1. ペットショップで購入する
  2. ブリーダーで購入する
  3. 里親募集や保護施設から譲ってもらう
などがあります。

ペットショップで購入する場合

ペットショップは身近にある存在なため、まずはペットショップに見に行くという人も多いでしょう。

ミニチュアピンシャーは飼育している人も比較的多く、取り扱っていることが多いです。

ブリーダーで購入する場合

ブリーダーは犬を繁殖している人のことです。

ミニチュアピンシャーを専門に取り扱っているブリーダーから購入することで親や兄弟犬を見せてもらうこともできます。

里親募集などで譲ってもらう場合

仔犬がたくさん生まれた場合や飼育が難しくなった場合に里親を募集していることがあります。

成犬の場合もありますが、気になる場合は一度問い合わせてみるのも良いでしょう。

ミニチュアピンシャーの価格や選び方

ミニチュアピンシャーの価格

およそ15万円25万円になります。


血統(家系にチャンピオン犬がいる場合など)や性別(メスの方が高い傾向にあります)により値段は異なります。


選ぶときに気を付けること

ミニチュアピンシャーを選ぶ時に気を付けてほしいことがあります。


以下は、必ずチェックしてほしいポイントになります。

  1. ワクチンは接種しているか
  2. 外見に異常はないか
  3. 血統書はあるか
  4. 元気かどうか
まず、ワクチンは仔犬、成犬問わず接種しているか確認してください。

外見に異常がないか、元気よく走り回っているかなど、健康状態を見るようにしてください。

また、血統書は近親交配などが行われていないか確認できますし、その犬種の証明書にもなりますので発行してくれるところからお迎えした方がよいでしょう。

お迎えした後に異常に気付いても、対応してくれない場合もありますので必ずお迎え前に、お迎え先の人と一緒に確認してください。

ミニチュアピンシャーの飼い方のコツ、注意点、しつけ方を解説!


ミニチュアピンシャーは落ち着きがなく、活発な性格なためしつけが難しい犬種と言われています。


しつけはお互いが気持ちよく暮らすためにもとても大切です。


また、飼い主が飼育する上で注意するべきことがいくつかあります。


こちらでは、

  • 飼い方のコツ
  • 飼育する上での注意点
  • お手入れの仕方
  • しつけ方のポイント
についてご紹介します。

ミニチュアピンシャーの飼い方のコツ

散歩でストレスを発散させる

ミニチュアピンシャーは活発な性格で落ち着きがないため、常に活動しています。


基本的には、食べているか寝ている以外はずっと動いています。


じっとしていることが苦手な犬種のため、運動できないことはストレスになります。


そのため、散歩などでしっかりと運動させてストレスを発散させてあげましょう。


散歩は基本毎日してあげ、時間は30分以上を目安にしてください。


飛び出しに注意する

ミニチュアピンシャーは動くものに反応する本能があります。


また、勇敢な性格でもあるため、大きな犬や車にも躊躇なく飛びつくことがあります。


お互いにケガをしないためにも、散歩に行く場合にリードは必ずつけて、首輪にもゆるみがないか確認しましょう。

飼う際の注意点!温度管理や床、フードに注意!

ここからは、実際にミニチュアピンシャーと一緒に暮らしていくうえで、気を付けなければいけない事を解説していきます。


【温度管理】

ミニチュアピンシャーは短毛で体も小柄なため、温度変化に敏感です。適正温度は20度~26度、適正湿度は40%~60%ですので、梅雨の時期や夏場はエアコンのドライと冷房を使って室内を過ごしやすい環境に保ちましょう。


特に注意が必要なのが寒い季節です。皮下脂肪が少ないため寒さに弱く、体調を崩しやすくなってしまうのです。長毛の犬種と違い、被毛で体温調節をすることが難しいため、冬場は寒くないようにを着せてあげると良いでしょう。また、犬用の暖房器具を使って留守番中でも寒くないようにしっかり温度管理をすることが大切です。


【室内環境】

ジャンプをしたり走ったりを、とにかく動くことが大好きな犬種のため、家の中にも危険が沢山あります。


ミニチュアピンシャーの足は細くて華奢なため、高い所からジャンプをして降りたり、ツルツルした硬い床を走り回ったりすることで、ケガや負担を抱えてしまいます。


室内に高い段差を作らない、フローリングにカーベットやマットを敷いてあげるなどして、危険を取り除きましょう。


【食事管理】

華奢な体格をしたミニチュアピンシャーには、低カロリー・高たんぱくな総合栄養食がおすすめです。シニアになると運動量が減り肥満になりやすいため、年齢に合ったフードに切り替えていくことが大切です。

ミニチュアピンシャーのお手入れの方法は?

ミニチュアピンシャーはとても綺麗好きです。ここでは、日々のお手入れ方法について解説をしていきます。


【シャンプー】

被毛が短いので、頻繁にシャンプーをしなくても大丈夫です。普段はお散歩帰りにぬるま湯で濡らしたタオルで体を拭くようにして、シャンプーは月1回程度にしても良いでしょう。


【耳掃除】

ミニチュアピンシャーには立ち耳の子が多いですが、中には垂れ耳の子もいます。外耳炎などのトラブルを予防するために、月1~2回程度犬用のイヤークリーナーや綿棒を使って耳の中を綺麗にしてあげましょう。


【肛門絞り】

肛門腺に汚れが溜まったままになっていると、皮膚炎を起こす可能性があります。月1回程度、汚れが目立つようになってきたり、匂いが気になるようになってきた時は、肛門腺を絞ってあげる必要があります。

ミニチュアピンシャーのしつけ方

ミニチュアピンシャーはプライドが高くしつけが難しい犬種と言われています。


では、どのようにしてしつけるのがベストなのでしょうか。


しつけのコツは信頼関係を築くこと

人間関係でも、信頼していない人に頼みごとをされても、本当に正しいのかどうか疑ってしまう時がありますよね。

犬も同じで、信頼していないのに訓練をしてもなかなか上手くいきません。

しつけが上手くいかない時、まずは信頼関係を見直してみてください。

まずはリーダーと認めてもらおう

犬の祖先であるオオカミは群れで暮らしていました。

群れの秩序を守るために、リーダーを決めて従います。

愛犬が言うことを聞かない場合は、飼い主のことをリーダーと思っていないことがほとんどです。

まずはリーダーとして認めてもらうために、先に飼い主が食事をとった後に愛犬にエサを与えたり、飼い主の寝ているベッドでは寝かせないなど、飼い主優先の生活を行います。

アイコンタクトをマスターしよう

ミニチュアピンシャーはとにかく元気で落ち着きがありません。

そのため、咄嗟の時に制御できるかどうかがしつけでは重要です。

そこでオススメなのがアイコンタクトです。

アイコンタクトとは、飼い主に注目させる行為で、目と目を合わせる基本的なトレーニング術になります。

アイコンタクトの方法はいたって簡単です。

愛犬の名前を呼んで、目を見てもらうようにおやつなどを目元にもっていき見つめ合います。

ちゃんと見つめ合うことができたらおやつを与えたり、たくさん褒めてくださいね。

言うことを聞かない時、ほとんどの場合犬は飼い主に注目していません。

このトレーニングを繰り返し行うことで、名前を呼ぶと飼い主に注目するようになります。

飼い主に注目してもらえれば、命令を聞く準備が出来ていることになりますので、アイコンタクトは落ち着きのないミニチュアピンシャーにとても大切なトレーニングです。

ミニチュアピンシャーの寿命やかかりやすい病気は?


一緒に生活する上で寿命や病気について気になると思います。


特にかかりやすい病気については注意しておきたいですよね。


こちらでは、

  • 寿命
  • かかりやすい病気
  • ペット保険
について解説していきます。


ペット保険は最近ペットショップなどでも加入を勧められることが多いと思います。


ペット保険を検討している方はぜひ参考にしてください。


また以下の記事でも寿命や病気について詳しく解説しておりますので是非参考にしてみて下さい。

関連記事

ミニチュアピンシャーの寿命やかかりやすい病気

ミニチュアピンシャーの寿命は15年前後です。


小型犬の方が比較的長生きする傾向があるため、ミニチュアピンシャーも犬の中では寿命は長めです。


ミニチュアピンシャーがかかりやすい病気

犬種にはそれぞれかかりやすい病気があります。


ミニチュアピンシャーの場合は、

  • レッグ・ペルテス病
  • 耳介辺縁皮膚症
などの病気に注意が必要です。

レッグ・ペルテス病

レッグ・ペルテスは股関節の病気で、骨盤と太ももの骨を連結している骨頭への血行が悪くなり、壊死してしまう病気です。
  • 症状:足をかばって歩く、足を痛がる
  • 治療:手術
  • 費用:15万円~30万円ほど

一歳以下の犬によく見られるため、歩き方がおかしいと思ったらすぐに動物病院に行きましょう。


耳介辺縁皮膚症

耳介辺縁皮膚症は耳のフチの毛などが脱毛する病気です。

  • 症状:耳のフチの毛が抜ける、カサブタのようになる
  • 治療:シャンプー療法、保湿剤、塗り薬など
  • 費用:毎月3000円~
命に別条はない病気ですが、完治は難しいと言われています。

ミニチュアピンシャーのペット保険について

最近ではペット保険のパンフレットなどをペットショップや動物病院で見かけることも多いと思います。


ペット保険の金額はまず、犬種(サイズ)によって異なります。


ミニチュアピンシャーは小型犬になりますので保険料は大型犬に比べて安い場合が多いです。


また、ペット保険にはいくつかのプランがあり、毎月の掛け金によって負担してもらえる割合が異なるプランや、手術のみ保証してくれるプランなど、さまざまなプランが存在します。


ペット保険の補償範囲(通院・入院・手術)や補償割合の選択肢は豊富にあるので、家計の負担がないように加入できます。


また、ペットには賠償責任特約等の特約をつけることができます。


賠償責任特約とは、飼い犬が他人にケガを負わせたり、物を壊した場合で法律上の賠償責任を問われた時、保証金を支払ってもらえる制度です。


ミニチュアピンシャーは警戒心が強く番犬気質なため、賠償責任特約を付帯することをおすすめします。


MOFFMEではミニチュアピンシャーの保険について詳しく解説しておりますので、そちらもぜひご覧下さい。

まとめ:ミニチュアピンシャーの性格や特徴について

ミニチュアピンシャーについてご紹介しましたが、いかがでしたか。


今回の記事のポイントは、

  • 200年~300年前にドイツで誕生した
  • ハックニー歩様という特徴的な歩き方をする犬種
  • オス・メス共に活発で元気いっぱいな性格
  • しつけにおいては飼い主がリーダーになる
  • 寿命は15年ほど
  • 万が一に備えてペット保険を検討する
でした。


また、ペットショップで勧められたペット保険に安易に加入せず、ご自身でしっかりと調べた上でペット保険に加入しましょう。


MOFFMEではペット保険に関する記事を多数公開していますので、ぜひ参考にしてください。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。