パグの性格は素直でお利口?特徴や飼い方のコツ、かかりやすい病気まで解説のサムネイル画像

パグは顔のしわが特徴的で、素直な性格でお利口な犬です。また、パグは遊び好きでかわいい犬として人気です。本記事ではパグの歴史やオス・メスの性格の違い、特徴、価格、飼い方のコツ、注意点等を紹介しています。また、パグの寿命やかかりやすい病気、保険等も紹介しています。

この記事の目次

目次を閉じる

パグの性格や特徴は?飼い方のコツ等も解説!

みなさん、パグといえば、しわくちゃな顔、つぶれた鼻を想像しますよね。


あの特徴的で、愛嬌のある顔や表情はたくさんの人を癒します。


また遊び好きでも有名で、飼いたいと思われている飼い主の方も多いのではないでしょうか。


しかし、パグを飼うのには注意点があります。パグの性格やかかりやすい病気、独特な世話の仕方など知らない人も多いと思います。


そこで今回MOFFMEでは、

  • パグの性格
  • パグの購入方法と選び方
  • しつけのコツ
  • かかりやすい病気
これらの点を分かりやすく取り上げていきます。

この記事を読んでいただければ、これからパグを飼うことを検討されている方への参考になるでしょう。

ぜひ最後までご覧ください。

パグの性格や特徴は?歴史やオス・メスの違いも解説!


シワシワの顔がトレードマークでかわいいパグは無駄に吠えることが少なく、小さいので人気のある犬種です。


パグはそもそもどこの国から日本に来たのでしょうか。


これからパグを飼おうと考えている人は特徴やオス・メスの性別の違いも気になるでしょう。


そこでパグの

  • ルーツ
  • 性格と特徴
  • 性別の差
  • ブルドッグとの違い

を説明します。


パグの場合、特にオスとメスでは性格が違います。


どちらも魅力のあるパグなので性格や特徴を知って、家族に迎えてください。

パグの歴史は?中国原産の犬!

パグの原産国は中国であり、紀元前400年にはすでにペットとして飼われていたといわれています。


中国では、パグの顔のしわが漢字の「皇」に似ていたため、「皇の印」といわれている犬種であり、「魔除け」として大切に王室で飼われていました。


中国だけではなく、パグは長い歴史の中で、初めはアジアのチベットで仏教僧などにペットとして可愛がられていましたが、交易などを通じてヨーロッパなど世界に広まり可愛がられました。


ヨーロッパでは、17世紀には貴族たちの間でアクセサリー犬として飼われ、中国だけでなくヨーロッパでもセレブリティのペットとして大人気でした。


もともと大型のマスティフが小型化したのがパグだと考えられていますが、小型化までの経緯などはまだ解明されていません。


また、パグは世界で呼ばれ方が違います。オランダでは、「モプスホンド」フランスでは「カーリーン」など同じヨーロッパであるのに呼び名はバラバラです。


それぞれの国がパグの特徴から考えた呼び名がそのまま定着している珍しい犬種です。

パグの性格・特徴は?頑固で遊び好き?

現在のスタンダードな特徴では、顔のシワが深く、黒々しているほど良いとされており、横からみるとマズルはなくほぼまっ平の短い鼻があります。


耳はとても柔らかく垂れていて、がっしりとしたコンパクトな小型体系の犬種です。鼻が短いので、音を立てて息をしていて、寝ているときにいびきをかくのが特徴的です。


また、オスメス限らず以下のような性格がパグにはあります。


あまり吠えず利口で素直

基本的にあまり吠えることは無く、静かで優しい性格をしているのがパグの性格です。

基本的に警戒心も低く辛抱強い性格といわれ、無駄吠えもなく人懐っこいので芸やしつけもすぐに覚えてくれる利口な犬種なのです。

マンションなどの集合住宅には、吠えることも少ないので適しているかもしれません。

大胆で無邪気

静かな時がある反面、逆にエネルギッシュな一面もあります。

好奇心旺盛なため、スイッチが入ると、おもちゃを離さず遊び続けます。その際は、水など休憩をはさんであげる必要があります。

また、遊び疲れて寝てしまうことがほとんどなので、多い時には、18時間位寝る時もあります。よく遊んでよく食べてよく眠るのもかわいいパグの特徴です。

頑固

パグには頑固な時があります。

怒られすぎたりされ、それが一度こじれてしまうと凶暴になって言うことを聞かなくなったり、散歩でも自分勝手に行動する時があり、プライドが高いとして有名です。

叱るだけでないしっかりしたしつけが必要になります。

パグのオス・メスの性格の違いってある?

実は共通な特徴とは別にオス・メスの性別でで性格が少し違います。


オスの性格

外見からわかる特徴として、メスに比べ顔つきが凛凛しいです。

オスにはリーダーとしてグループの中で周りを従わせようとする権勢本能があり、その本能が影響して気が強い性格といわれてます。

メスの性格

オスに比べ、静かで人懐っこいというパグの性格がより特徴的に表れます。

他の犬種ともフレンドリーで攻撃的ではない性格なので基本的に飼いやすいですが、オスよりも人気なので価格が高く設定されているペットショップも多いようです。

パグの毛色の種類と被毛の特徴は?

パグの毛色として公認されているのは主に4色です。


黒パグはかなりの人気を誇っています。日本のチンと交配をしたという説もあり、今からおよそ100年前に交配によって作り出されたものです。黒パグと言っても、全身が真っ黒なパグはかなり希少性が低くなっています。

フォーン

パグといえば、このフォーン色(薄茶色)が日本において最も一般的な色ではないでしょうか。顔まわりが黒っぽく、他の部位は薄茶色となっています。

シルバー

シルバーのパグは、真っ黒パグと同様に非常に希少性が高く、日本ではほとんど見られない色となっています。白の毛色にグレーが少し混じったような色は、美しさを感じる色です。

アプリコット

アプリコットのパグは以前は日本でもよく見られたものの、最近ではあまり見かけなくなってしまいました。フォーンにオレンジが混じったような茶色に近いような色となっています。

そしてパグの被毛の特徴として、パグはダブルコートという二重構造の被毛を持っているため、短毛でありながら抜け毛の多い犬種になります。ワンちゃんの被毛は、オーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の二重構造を持つパグのようなダブルコートと、オーバーコートしか持たないシングルコートの2種類があります。

パグの抜け毛対策としては、毎日少しでもブラッシングをしてあげて、毛を取り除いてあげると、部屋中に毛がついてしまうことを防ぐことができます。

補足①:パグとブルドックの違いは?大きさが違う?

パグとブルドッグは顔の特徴などよく似た特徴を持つ犬種同士ですが、具体的な違いをご存知ですか?


体格差

一つ目の大きな違いは体格です。


パグブルドッグ
体高25-30cm程度30cm-35cm程度
体重6~8kg23~26kg 
体毛アプリコット、ブラック、
フォーン、シルバー
様々の色の組み合わせが存在する

表からもわかるように、パグよりもブルドックのほうが大きく体重も重いです。


性格の違い

性格も似ている面と違う面があります。


パグは人懐っこく元気で愛嬌がある性格をしていますが、頑固の一面があります。


ブルドックは、少し怖い顔つきをしていますが、非常に甘ったれで基本的に飼い主に従順であるのが特徴です。


しかし、パグと同様に少し頑固なところがあり、散歩など自分のペースがある犬種です。


ごはん

似ている特徴は、どちらも肥満になりやすいです。肥満が原因で生活習慣病にもつながりやすいので、食事管理や運動は必要です。

パグと比べブルドッグは成長してからのダイエットは難しいので、成犬になる前から注意が必要です。

補足②:パグのミックス犬の種類って?

パグのミックス犬についてご存知ですか。パグのミックス犬は種類が多いですが、ここでは主に3種類のパグのミックス犬をご紹介します。


ポメパグ

ポメパグは、パグとポメラニアンのミックス犬となります。遊ぶことが大好きで、飼い主に対して忠実で、マイペースな性格が特徴です。

温厚で落ち着いた性格はパグの性格を引き継いでおり、一方でちょっと神経質で警戒心が強い性格は、ポメラニアンの性格を引き継いでいるということができます。

どちらの性格もいいとこ取りした感じなので、ペット初心者の方でも書いやすい犬種と言うことができるのではないでしょうか

チワパグ

チワパグは、パグとチワワのミックス犬となります。知らない人には警戒感を見せますが、飼い主さんやその家族に対しては友好的な性格です。

ただ、しつけに関して、チワパグは独立心が強い一面もあるので、飼い主さんがリーダーであるということをしっかり認識させる必要があります。可愛いからと言って甘やかしすぎるのは気をつけましょう

パグズー

パグズーはパグとシーズーのミックス犬になります。やや頑固な性格を併せ持つパグズーですが、比較的穏やかな性格なので、家庭でも飼いやすい犬種と言えるでしょう。

パグズーは、被毛や耳などが特徴的な姿で、決まった配色がないため、個体によって容姿が違うことも魅力の一つと言えるでしょう。

パグのお迎え・購入方法は?価格や選び方も紹介!


今までは、パグの性格などの情報について取り上げてきました。パグはペット初心者の方でも飼いやすい犬種だということがわかりました。


ここからは、実際にパグを選ぶポイントやお迎え方法、お迎え前に用意しておきたいペット用品について紹介していきます。


何年も一緒に暮らすことになるので、納得のできる方法でパグを迎えてあげましょう。

パグのお迎え・購入方法

基本的に3つの方法になり、それぞれ特徴があります。


ペットショップ

多くの方はペットショップを利用すると思います。


価格が少し高く設定されていますが、ケージやペットフードなど生活に必要なものや生活の疑問点など店員さんに相談しなから進められるのが大きな利点です。


ブリーダー(繁殖者)

認知度は低いですが、ブリーダーの方から安い価格で譲ってもらえるケースもあります。


最大の利点としては、パグは遺伝性疾患が多い犬種であり、事前に親や兄弟の状況などを知ることができるので、リスクの回避や対策をすることが出来ます。


里親として

里親としてボランティア団体から譲り受ける方法もあります。

保護されている状態なので、病気を患っている場合や性格が一筋縄ではいかない場合もあります。一度捨てられたり虐待を受けているケースもあるので、たくさんの時間と準備、そして愛情が必要です。

検討されている方は愛情だけでなくしっかりとした覚悟と準備が必要になります。

パグのお迎えの前に準備しておくべきペット用品

パグをいざ飼い始めるとなったら、お迎え前に準備しておくべきものがあります。


ケージ(サークル)

家にお迎えをしたパグのために、パグ専用のケージを買っておきましょう。パグにとって自分だけの場所となるところを確保してあげることはとても重要なことです。パグであれば、小型犬用の90cm×60cmほどの大きさのケージを用意しておけば問題ないです。

寝床

ペット用の寝床としては、専用のものを買ってもいいし、家庭に置いてある毛布やバスタオルを利用しても良いでしょう。

トイレ

トイレについてもしっかりと準備をする必要があります。ペット用トイレは、トイレシートとセットで用意しておきましょう。防臭機能付きのトイレシートを使用すると、匂いがあまり気にならなくなるので、おすすめです。

おもちゃ

ワンちゃんは、それぞれ好みのおもちゃとそうでないおもちゃがあります。そのため、一つだけではなく、いくつか系統の違うおもちゃを買っておいてあげると好みに合ったおもちゃで遊べると思います。おもちゃを買う際には、誤飲しないような口よりも大きいサイズにすること、思い切り噛んだり引っ張ったりしても壊れないようなものを選ぶことに注意してください。

給水器

ワンちゃんが、いつでも水を飲めるように、ケージの中に給水器を設置しておく必要があります。給水器を使わず、お皿にお水を入れておくという方法もありますが、衛生上の問題と、ワンちゃんがお水をこぼしやすいという点から、給水器の方がいいかと思います。


また、パグを飼い始めてから買い揃えておくといいものとして、ブラシや爪切り、首輪・リード・ハーネス、洋服、犬用シャンプーなどがあります。どれも、ワンちゃんの健康や衛生面を考えると必要なものばかりですので、お迎えしてからでも遅くないので、準備するようにしましょう。

パグの価格や選び方は?

次に、パグの価格や選び方についてご紹介します。


パグの価格は?

パグは子犬が約10万円台で売られている事が多いです。中には、親犬の血統によっては、30万円ぐらいの高額で販売されています。


逆に数万円で入手できたりと値段の幅は広いと言われています。


基本的にオスよりもメスのほうが性格の面から人気もあり、2万円ほど相場が高く設定されています。


選び方はあるの?

パグは、とても元気で人懐っこい特徴があるので、元気で明るい子が最大のポイントです。


体型はスクエアタイプのがっちりした体型の子がおすすめです。内股や蟹股ではなく胴の真下にあり、しっぽが太い子は健康的です。


また、もし触れる場合は、手入れ事も考え、体に触れても嫌がらない子を選ぶようにしてください。


よく店員さんなどからお話を聞き、パグの魅力を最大限に堪能できる子を選ぶと良いでしょう。

パグの飼い方のコツ、注意点、しつけ方を解説!

好奇心があって遊び好きのパグは値段も手頃なので飼いたい人は多いでしょう。


しかし自宅に迎える前にパグについての知識を頭に入れておく必要があります。


ここではパグの

  • 飼うコツ・注意点
  • しつけ方

を説明します。


特にしつけ方間違うとわがままに育ってしまうので注意してください。


またパグを飼うと決めたら前もって必要最低限の道具を揃えておきましょう。


道具のリストは

  • ケージ
  • ご飯や水の器
  • トイレ用品
  • おもちゃ
  • リード
  • ブラシなどのケア用品
です。

パグの飼い方のコツは?肥満やお手入れ、室温管理に注意!

愛嬌のある顔が魅力のパグの飼い方のコツを詳しくみていきましょう。


肥満に注意

パグは小さい割にガッシリした体型が特徴ですが、とても太りやすい犬種です。

ただでさえ病気に弱いパグなので肥満は大敵です。


お散歩1日2回、20~30分は必要です。


またパグは好奇心が旺盛な犬種なので上手に誘うと遊び疲れをしてしまうくらい遊ぶことに夢中になりますので上手く誘ってみてください。


お手入れについて

パグのお手入れは毛が短い分、簡単です。

運動したら蒸しタオルで汗や汚れを拭いてあげましょう。


食事の後は鼻の上のシワに食べかすが入り込むことが多いので注意してください。

優しくシワの奥を掃除すると皮膚病の予防になります。


ただししつこく掃除をすると拭かれるのを嫌がるようになるので手早く行うのが上手に掃除する秘訣です。


室温管理が大事

パグは自分で体温を調整するのが上手ではない犬種です。

そのため外で飼うのはおすすめしません。

特に夏場エアコンを使って室温を26℃前後に保つことが大切です。


体への負担を考えた部屋作りも大事

パグは遊ぶのが大好きなので、部屋の中でよく遊びまわります。そのため、フローリングが滑りやすい床などの場合には、カーペットやマットを敷いてあげて、パグが滑って関節に過度な負担がかからないようにして下さい。


また、まだ幼く小さいパグの場合には、小さな段差でも無理に飛び越えようとして怪我をしてしまうこともあるので、飛び越えないようにしつけるか、段差をなるべくなくすようにしましょう。

パグのしつけ方は?しつけ方には注意点も?

パグのしつけは一昔前まで主従関係が大切だと言われていましたが、現在は主従関係よりも信頼関係を築くことが大事であることがわかりました。

そのためパグを家に迎えたらリラックスできる環境を整えてあげることが大切です。


パグをしつける際は強く叱ると上手くいきません。

強く叱られるとパグは拗ねてしまう場合があります。


そもそも人懐こい性格のパグは無視をされてしまうのが嫌いです。

褒めて延びるタイプの犬種です。

基本的には褒めてしつけることが大切です。


しかし甘やかし過ぎてしまってもわがままに育ってしまうのがパグのしつけの難しいところです。

そこで本当に叱らないとならない場面では低い声でボソッと叱ることと上手に無視という手段を使うことが大事です。


無視することで「やったら構ってもらえない」と覚えてもらうとパグとの信頼関係が崩れません。

パグの寿命やかかりやすい病気は?ペット保険に加入しよう


パグの寿命やかかりやすい病気をご存知ですか?


ここでは詳しい病気やその治療費や実際に存在するペット保険のプランについて詳しく取り上げたいと思います。

パグの寿命とかかりやすい病気

パグは少し寿命が長く、12~15歳くらいです。

他の犬種だと平均が12歳前後なので 平均から少し長いのがわかるでしょう。


そんなパグはあまり体が強くありません。


代表的な病気が角膜炎です。

鼻の頭が低い短頭種のパグは目の角膜がまつ毛やゴミで刺激を受けやすいです。

そのため眼球が傷つきやすいのです。


眼球が傷つくと色素が沈着するので普段からケアをしないと角膜炎になる危険があります。

ケアするときにいつもと違う症状がないか飼い主が観察して気付いてあげることが大切です。


他にもパグがかかりやすい病気としては

  • パグ脳炎
  • 軟口蓋過長
  • 鼻腔狹窄
  • 外耳炎
  • 眼瞼内反症
  • 膝蓋骨脱臼

があげられます。


大事なのは人間と同じで早期発見・早期治療です。

特に軟口蓋過長と鼻腔狹窄は呼吸器系の病気なので発見が遅れると命に関わります。


またパグ脳炎という病気はヨークシャテリアーやマルチーズなども発症することがありますが、パグが圧倒的に多い病気です。

パグの寿命とかかりやすい病気

パグのペット保険について

以上であげた病気以外に治療費が50万円近くになってしまう病気もあります。そのためペット保険に加入が必要です。


ペット保険に加入する際によくわからず入ってしまうと後悔しますので、正しい知識を身に付けて最大限活用できるようにしましょう。


保険料はペットの大きさにより違うことが多いです。パグは小型犬に分類されます。


パグの保険については以下の記事で詳しく解説していますのでぜひご一読ください。

パグの保険を徹底解説

まとめ:パグの性格や特徴についてしっかり理解しておこう!

パグの歴史や性格・特徴からパグを飼うときの注意すべきことまで詳しく解説しました。


まとめると

  • パグは中国からきた犬種である
  • 利口で素直な反面、頑固な一面もある
  • オスとメスで性格が違う
  • パグは10万円程度の値段で販売されていることが多い
  • パグは肥満になりやすいので散歩を1日2回連れて行く他、好奇心を刺激して遊ばせよう
  • しつけは強く叱ると拗ねてしまうので無視を使ったり、低い声で悪いと教え、ちゃんとできたらオーバーなくらい褒めてあげよう
  • 病気になりやすいので日頃のお手入れが大切である

です。


飼う前にパグの特徴や飼い方を理解してから自宅にお迎えするとスムーズに飼うことができます。


また保険については購入した先で安易に加入するよりも自分で調べて納得できるものに加入しましょう。

MOFFMEではペット保険に関する記事を多数公開しています。

ぜひ参考にしてください。

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。