ケーナインヘルスドッグフードの口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

ケーナインヘルスドッグフードの口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はケーナインヘルスのドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

ケーナインヘルスドッグフードの口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

最近は、愛犬の健康を考え手作りのフードを与える飼い主さんも増えています。


体重管理や栄養管理のためにも手作りフードにこだわっている人もいるでしょう。


新鮮で美味しく、原材料のチェックも出来るので安心ですよね。


そんな飼い主さんにおすすめなのが、ドクターハーヴィスのケーナインヘルス


飼い主さんが選んだ、肉などのたんぱく質と混ぜるだけで、栄養バランスの取れたフードを与えられるんです。


今回MOFFMEでは、

  • ケーナインヘルスの特徴・原材料・原産国
  • ケーナインヘルスの口コミ・評判
  • メリット・デメリット
  • ラインナップと価格
  • 購入できる場所や最安値を調査!
上記について詳しく、そして分かりやすく解説しています。

フードの安全性や口コミが気になる人、手作りフードにこだわりたい人はぜひ参考にしてください。

ケーナインヘルスはどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

ケーナインヘルスは、肉と油を加えるだけで完全な食事になるものです。


フードの栄養素だけに頼らず、手作りで食材にこだわりたい飼い主さんにおすすめ。


簡単に栄養価の高い手作りフードが作れるのも人気の理由でしょう。


愛犬のアレルギーや皮膚の炎症などに悩む飼い主さんにも信頼されています。


持病があるワンちゃん、好き嫌いが多いワンちゃんにもぴったりですね。


ここでは、

  • ケーナインヘルスの特徴
  • 原材料と成分・安全性について
  • 原産国
上記の3つについて解説、紹介します。

ケーナインヘルスはどんなドッグフード?

ケーナインヘルスの特徴は以下の通りです。

  • 6種類のオーガニック穀物と9種類の乾燥野菜をブレンド
  • 肉と油を加えるだけで出来る手作りフード
  • タンパク質の質と量のトータルコントロールが可能
  • 染料、化学薬品、防腐剤などの人工成分不使用
  • 原材料は100%ヒューマングレード
  • 愛犬の健康サポートに特化したミックスフード
  • アレルギーや持病のある犬にも安心
  • 価格が少々高め
ケーナインヘルス(ドクターハーヴィス)は、1984年からコンパニオンアニマルを支援してきた会社です。

家族経営のため、目的やビジョンが統一されており、健康食・品質に妥協していないのが特徴。

犬だけでなく、猫・鳥用のフード、おやつ、サプリメントなどを製造・販売しています。

加工原料を一切使用せず、最高品質の製品のみを使用しており、無農薬・100%天然のものを使用。

完全な手作りフードを与えるよりも安全性が高いフードと言えます。

ラインナップの中には、穀物不使用のもの・ダイエット用のものもあるため、目的別に選びやすいのも嬉しいです。

デメリットは、一般的なフードに比べて価格が高めなこと。

また、ミックスフードなので穀物・野菜・ハーブのみが含まれています。

肉や油などのたんぱく質と混ぜて与える必要があるため、手作りしない人には向きません。

ケーナインヘルスのドッグフードの原材料・成分は?

ケーナインヘルスの原材料は以下の通りです。

  • 有機ロールドオーツ、サツマイモ、ニンジン、有機大麦、有機ライコムギ、有機スペルト小麦、有機玄米、有機カムット、ジャガイモ、セロリ、インゲン、ビーツ、ブロッコリー、砕いた卵殻、エンドウ豆、パセリ、亜鉛プロティネート、鉄プロティネート、タウリン、セレン酵母、ビタミンEサプリメント、プロテイネート銅、ニコチン酸、プロテイネートマンガン、L-カルニチン、ビタミンAアセテート、d-パントテン酸カルシウム、チアミン一硝酸塩、ピリドキシン塩酸塩、リボフラビンサプリメント、ビタミンB12サプリメント、ビオチン、ヨウ素酸カルシウム、ビタミンD3サプリメント、葉酸、酵母、アルファルファ、乾燥昆布、レシチン、亜麻仁、乾燥フェヌグリーク、乾燥フェンネル、乾燥生姜、乾燥ペパーミント
疑問が残るような原材料は使用されていません。

公式サイトを見てみると、安全性が高い製品であることが分かります。

無着色、無防腐剤、無化学薬品であり、完全オーガニック。

米国で栽培され、認定を受けた有機穀物しか使用していません

手作りフードを簡単かつ栄養バランスの取れたものにできるのが魅力です。

成分成分値
粗たんぱく質12%以上
粗脂肪3%以上
粗繊維5%以下
粗灰分3%以下
水分12%以下
カロリー385kcal/100g
原材料は100%ヒューマングレードのものを使用しているため安心です。

ケーナインヘルスは、
  • アレルギーや皮膚炎症に悩んでいる
  • 下痢や軟便が多い
  • フードの食いつきが悪い
  • 手作りフードを始めてみたい
  • 安全性・栄養価の高いフードを作りたい
  • 持病がある
などのワンちゃん&飼い主さんにおすすめできます!

ケーナインヘルスドッグフードの原産国は?

ケーナインヘルスをはじめとする、ドクターハーヴィスの原産国はアメリカです。


動物の健康はフードから始まると考えており、フードで免疫を強化し寿命の延長を目指せるフード作りをしているそう。


慢性的な症状(下痢や便秘、アレルギーや炎症など)は加工フードに原因があるとも考えており、加工原料を一切使わないフードの開発をしています。


手作りフードを始めたい人や、始めている人も同じ気持ちなのではないでしょうか。


ハードルの高い手作りフードも、ケーナインヘルスを混ぜるだけで簡単に実現できます。

ケーナインヘルスドッグフードの口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。


高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。

できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!


そんな人のために、

  • ケーナインヘルスの悪い口コミ
  • ケーナインヘルスの良い口コミ

上記について調査してみました。


実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

ケーナインヘルスドッグフードの口コミ

SNSやネット上から集めた口コミを紹介します!

20代男性


リーズナブルな値段

フードの形がよく味も飼っている犬にとって良いもののようで毎回うれしそうに食べてくれますし値段もお手頃で満足できます。

20代男性


涙やけが改善

マルチーズを飼っていて、涙焼けがとても酷く色々なフードを試しているのですが、ケーナインヘルスのフードを数ヶ月与えて様子を見てみると涙焼けが多少落ち着き、また食い付きも良かったです。 

20代女性


食いつきが良く、便の調子が良い

食い付きが良く、便の調子もいいです。アレルギーのワンちゃんにも最高ですね。涙やけもなくなり毛艶も良くなりました。

40代女性


オールナチュラルな食生活が実現可能

オーガニック認定の穀類、そして100%天然の野菜とハーブです。こうしたオールナチュラルな食生活を実現してくれるとても素晴らしいドッグフードという印象です

20代男性


穀類・イモ類・豆類は不使用

「穀類・イモ類・豆類は一切入っていない」という点、珍しいドッグフードですがワンちゃんの身体に優しい製品です。 

ケーナインヘルスドッグフードの口コミ・評判のまとめ

ケーナインヘルスの口コミを見てみると、食いつきや安全性については比較的高評価のようです。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①穀類・イモ類・豆類は不使用
  • 口コミ②オールナチュラルな食生活が実現可能
  • 口コミ③食いつきが良く、便の調子が良い
  • 口コミ④涙やけが改善
  • 口コミ⑤リーズナブルな値段

との口コミが多く見られました


 愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

ケーナインヘルスドッグフードのおすすめポイントは?3つのメリットを解説!

ケーナインヘルスは、安全性の高いミックスフードです。


一般的なフードと異なり、肉や油に混ぜて与えることで効果を発揮します。


たんぱく質の制限や、質の良いたんぱく質を与えたい人におすすめです。


手作りフードを考えている飼い主さんには魅力がたくさんある製品でしょう。


ここでは、ケーナインヘルスのメリットを3つ紹介します。

  • ①ヒューマングレードの原材料
  • ②副産物・遺伝子組み換え食品・化学保存料・調味料・着色料・香料不使用
  • ③穀類や野菜は無農薬・オーガニック
上記3つが、愛犬にもたらすメリットについて見ていきましょう。

①:ヒューマングレードの原材料

ケーナインヘルスの原材料は、全てヒューマングレード。


つまり、人間の食事と同等のものを使用しています。


人間が食べられないようなものは入っていません。


ケーナインヘルスについては、6種類のオーガニック穀物、100%天然の野菜・ハーブを使用しており安心です。


安価なペットフードは、人間が食べられないような油や副産物を使用していることもあります。


ドクターハーヴィスの製品には、そのようなものが一切使われていません。

②:副産物・遺伝子組み換え食品・化学保存料・調味料・着色料・香料が不使用

ケーナインヘルスはミックスフードであり、オイル、たんぱく質と混ぜて与えるための製品です。


飼い主さんがたんぱく質の質と量を調節出来るようにしています。


そのため、肉類は原材料に入っておらず、副産物や着色料などの加工品も入っていません。


ドクターハーヴィスは、加工フードによって犬の健康が害されていると考えています。


人工的な成分を使用せず、自然のものを使っているため、飼い主さんが安心して与えられるでしょう。

③:穀類や野菜は無農薬

愛犬には新鮮な自然食品とたんぱく質を与えるべきだという考えから、品質にもこだわって作られています。


動物栄養と食品科学の博士号を持つ博士が研究開発チームを率いているそうです。


AAFCO飼料ガイドラインとNASCサプリメントのガイドラインに従って作られているため、安全性にも問題ありません


犬の健康と寿命の延長を目指すため、無農薬の穀物・野菜を使用しています。


愛犬に合わせて、たんぱく質・オイルをプラスすることで完全な栄養食となるようになっており、簡単に手作りフードが完成するのもメリットですね。

ケーナインヘルスドッグフードの2つのデメリットとは?安全性が良くない?

ケーナインヘルスは原材料や成分の安全性が高いフードとなっています。


安全性や栄養面で心配することはありませんが、

  • ①値段が高め
  • ②素材が大きめ
といった2つのデメリット(欠点)があります。

毎日与えるフードは、手作りであっても出来るだけ手間と費用を抑えたいもの。

原材料などを見ると、見合った価格だと思いますが、一般的なフードに比べると高めなのは否めません。

とはいえ、原材料・安全性ともに良質なフードであるため、安いと感じる人も中にはいるかもしれませんね。

比較する際は、他のオーガニックフード・プレミアムフードなどと価格を比べてみると良いでしょう。

①:値段が比較的高い

ケーナインヘルスをはじめ、ドクターハーヴィスの製品は少し高めなのがデメリット。


とは言っても、フードを完全に手作りするよりも費用は抑えられるでしょう。


また、完全手作りのフードより、栄養面での不安が無いのも魅力的です。


他のオーガニックフードやプレミアムフードと比べても、飛び抜けて高いわけではありません。


あくまで市販されている一般的なフードと比べると高いといった感じですね。


老犬用フードや療法食をやめたい人にも選ばれていることが分かります。


療法食から切り替える際は、必ず獣医さんに相談してからにしてください。

②:素材が大きい

素材が大きくて、そのまま出てきてしまうといった口コミも見られました。


グリーンビーンズや人参などが入っており、それらが上手く消化できないといった声も。


愛犬が上手く消化できない、または食べてくれないようなら細かく砕いてあげるのがおすすめです。


確認したところ、それほど大きな素材は含まれていません。


しかし、食べ慣れていない場合、消化が難しかったり残してしまったりすることもあります。


愛犬の様子を見ながら、与え方に工夫が必要かもしれません。

ケーナインヘルスドッグフードのラインナップとは?値段と共に徹底解説!

ケーナインヘルス以外にも、フードやおやつ、サプリやオイルなどの製造・販売もしているドクターハーヴィス。


グレインフリーやダイエット用、老犬用サプリなど、愛犬の健康維持に役立つ製品がたくさんあります。


ここでは、

  • プレミックスフード
  • サプリメント
上記のそれぞれの種類と価格を紹介、解説しています。

愛犬の健康に気遣いたい飼い主さんはぜひチェックしてみてくださいね。

特定の症状や疾患の療法食として与えられるフード・サプリを探している人にもおすすめです。

①:プレミックスフード

プレミックスフードは、たんぱく質とオイルをプラスして与えるフードです。
商品名価格
ケーナインヘルス【184g】
3,245円
【2.27kg】
9,625円
【4536g】
18,425円
ベジトゥーボウル【184g】
3,245円
【1.36kg】
8,855円
【3.18kg】
19,580円
パラダイム【1.36kg】
12,925円
それぞれの違いと目的は以下の通り。
  • ケーナインヘルス=オーガニック穀物と野菜・ハーブ
  • ベジトゥーボウル=グレインフリー(穀物不使用)
  • パラダイム=糖質制限が必要なワンちゃん向き
3種類とも、ビタミン&ミネラル・野菜・ハーブが含まれています。

グレインフリーのもののみ、穀物が使用されていません。

アレルギーのあるワンちゃんや、低アレルギーの食事を与えたい飼い主さんにおすすめです。

アメリカの公式サイトには他にもフードの取扱いがありますが、日本ではまだ販売されていないようです。

②:サプリメント

サプリメントは必ず与えなければいけないものではありません

犬種によってかかりやすい疾患に注意したい、健康維持を徹底したい人におすすめです。
商品名価格【198g】特徴
ゴールデンイヤーズ

3,355円

シニア期の健康維持
オルゾフレックス3,905円関節の健康維持
マルチビタミン&ミネラル3,135円 犬用サプリ
リラックス&ストレス3,520円神経系の健康維持
フォーメティブイヤーズ3,355円成長期の健康維持
イムーネブースト3,740円免疫系の健康維持
コエンザイムQ10【60粒】
4,675円
循環器系の健康維持
ランズビーダン4,675円消化器の健康維持
ヘルス&シャインオイル【90粒】
4,895円
皮膚被毛/関節/循環器
健康増進や維持に役立つサプリですが、愛犬の健康状態などに合わせて与えてください。

疾患や症状があるワンちゃんは、与える前に獣医さんに相談しておくと安心でしょう。

ケーナインヘルスドッグフードのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは

ケーナインヘルスは、子犬から老犬まで与えられるミックスフードです。


簡単にフードの手作りをしたい人、費用を抑えて手作りしたい人にもおすすめできます。


ケーナインヘルスは一般的なフードに比べると高価ですが、安く購入する方法も!


ここからは、

  • ケーナインヘルスを最安値で購入する方法
  • 購入できる場所
  • 与える量、与え方
上記について解説します。

ミックスフードや手作りが初めての人でも、簡単に作れて与えやすいため、ぜひ参考にしてください。

①:ケーナインヘルスドッグフードの最安値は?楽天・アマゾンを比較!

ケーナインヘルスはどこで購入するのが安いのか、調査してみました。


公式サイトは海外版のみのため、

  • プレミアムドッグフード専門店「POCHI
  • Amazon
  • 楽天
3つの通販サイトを比較しています。

サイト価格
【2268g】
送料
POCHI9,625円
3,300円で無料
Amazon9,625円配送料無料
楽天8,750円送料無料
3つのサイトを比較してみると、楽天が最も低価格で購入できることが分かりました。

小さいサイズの場合は、どこも価格は一緒のようです。

2kg以上になると、価格に差が出てくることもあるため、最安値を調べるのがお得!

通販サイトで購入する際は、送料にも注意してくださいね。

また、お試し用に作られた製品は無いため、最初は184gの購入からがおすすめです。

②:ケーナインヘルスドッグフードを購入できる場所とは?

ドクターハーヴィスのフードやサプリは、

  • ドッグフード専門通販サイト
  • Amazon
  • 楽天
など、通販サイトで購入が可能です。

先ほど紹介した「POCHI」や「GREEN DOG」など、専門サイトで取り扱っています。

取り扱っている製品はサイトによって異なるため注意してください。

一般的なペットショップやドッグサロンなど、店舗での取り扱いはあまり無いようです。

ミックスフードであり、一般的なフードとは異なるため店舗で扱っていないのかもしれません。

通販サイトでの購入が確実でしょう。

また、フードとサプリなど複数の製品を一度に購入したい場合は、専門サイトが便利です。

ほとんどのサイトが〇〇円以上で送料無料となるので、まとめ買いを検討している人は参考にしてください。

③:ケーナインヘルスドッグフードはどうやって与える?適切な餌の量とは

ケーナインヘルスは、簡単に栄養価の高い手作りフードを作れる製品です。


フードの作り方を記載しておくので参考にしてください。

  • ①付属カップでフードにお湯を加え8分待つ
  • 生または調理済みのたんぱく質を追加
  • ③お好みの新鮮なオイルを加える
これだけで手作りフードが完成します。たんぱく質は、牛肉、鶏肉、魚、卵など。

調理したケーナインヘルスは、冷蔵保存なら2日〜3日、冷凍保存なら1月以内に与えてください。

ケーナインヘルスの給餌量の目安は以下の通りです。

体重ケーナインヘルスたんぱく質
~3.6kg1~1.5カップ113g~198g
~8.2kg1.5~2カップ198g~255g
~13.6kg2~3カップ
255g~312g
~22.7kg3~4カップ312g~425g
~31.8kg4~5カップ425g~539g
~40.8kg5~6カップ539g~624g
上記は、成犬の場合の目安給餌量です。1日に2回〜3回に分けて与えてください。

子犬や老犬の場合は目安の給餌量が異なります。

ただし、フードに記載されている給餌量はあくまで目安となっています。

愛犬の体調や体型に合わせてカロリー計算をしてあげるのがおすすめ。

以下の記事も参考にしてください。

まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

ケーナインヘルスは、手作りフードに最適な栄養を与えてくれるミックスフードです。


栄養価はもちろん、安全性も高いため多くの飼い主さんに選ばれています。


紹介したことをまとめると、

  • 全てヒューマングレードの食材で安心
  • 有機穀物・天然の野菜とハーブを使用
  • グレインフリーやダイエット目的もあり
  • たんぱく質とオイルをプラスするフード
  • 冷蔵・冷凍で保存ができる
  • 完全手作りよりも低価格・高栄養
  • 一般的なフードに比べると高価
  • 素材が大きめのため犬によっては砕いてあげる必要がある
ということでした。

栄養バランスの良い、手作りフードを叶えてくれるのが嬉しいですね。

自然食や手作り、たんぱく質の質と量にこだわりたい人におすすめできます。

アレルギーや慢性疾患、疾患、お腹が弱いなどの症状を持つワンちゃんにも◎!

手作りにこだわるなら、一度は試してみて損は無いフードです。

MOFFMEでは、他にも様々なペットやペット保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。