ニュートロ「シュプレモ」の口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

ニュートロ「シュプレモ」の口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はニュートロ「シュプレモ」のドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

ニュートロ「シュプレモ」の口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

ニュートロ「シュプレモ」を知っていますか。


アメリカ大手のペットフードとして知られるニュートロが発売している人気ドッグフード、「シュプレモ」は、栄養豊富な商品として多くの愛犬家に愛されています。


また、自然の素材を使用しているドッグフードのため、安心安全なドッグフードとしても有名です。


今回MOFFMEでは、

  • ニュートロ「シュプレモ」はどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは
  • ニュートロ「シュプレモ」の口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!
  • ニュートロ「シュプレモ」のおすすめポイントは?3つのメリットを解説!
  • ニュートロ「シュプレモ」の3つのデメリットとは?安全性が良くない?
  • ニュートロ「シュプレモ」のラインナップとは?値段と共に徹底解説!
  • ニュートロ「シュプレモ」のQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは
について解説します!

これからニュートロ「シュプレモ」を購入したいと考えている人は、とくにチェックしてください。

ニュートロ「シュプレモ」はどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

ニュートロ「シュプレモ」とは、そもそもどのようなドッグフードでしょうか。


世界的に有名なドッグフードなのは間違いありませんが、あまりドッグフードに詳しくない人の場合、初めて聞いたという人もいるかもしれません。


ニュートロ「シュプレモ」とはどんなドッグフードなのか、そしてこのドッグフードの特徴や使われている原材料や原産国について詳しく解説しますので、ぜひチェックしてください。


この項目では、

  • ニュートロ「シュプレモ」はどんなドッグフード?
  • ニュートロ「シュプレモ」のドッグフードの原材料・成分は?
  • ニュートロ「シュプレモ」の原産国は?
について解説します。

とくにこのドッグフードは原材料が注目なため、確認しておいてください。

ニュートロ「シュプレモ」はどんなドッグフード?

このニュートロ「シュプレモ」はどんなドッグフードでしょうか。


このドッグフードは、自然由来の原料がしっかりと使われており、さらには栄養豊富なため、健康を意識している飼い主にはベストなドッグフードと言えます。


また、ニュートロとは言えば「ワイルドレシピ」もかなり有名ですが、そのドッグフードよりも内容が濃くなっていますので、より良いドッグフードを求めている飼い主にはおすすめと言えます。


口コミでの評価も高く、リーズナブル価格で購入できるということもあり、世界的に人気の高いドッグフードへと成長しています。


また、ニュートロ「シュプレモ」は2つのシリーズが販売されており、穀物のアレルギーを持っている犬にも対応したタイプも販売されています。


ニュートロ「シュプレモ」は小型犬や大型犬用にわかれているのもおすすめポイントです。


幅広い犬種や年齢に対応されているため、たくさんあるドッグフードの中から選ぶのが難しいと感じている飼い主は、このニュートロ「シュプレモ」を購入しておけば失敗は少ないはずです。


ニュートロの商品には「ナチュラルチョイス」というドッグフードもありますが、このタイプよりもニュートロ「シュプレモ」の方がワンランク上と考えてください。

ニュートロ「シュプレモ」のドッグフードの原材料・成分は?

まずはニュートロ「シュプレモ」の原材料について解説します。


自然由来成分で構成されたドッグフードだけあり、とくに問題になるような原材料は含まれていません。

ニュートロ「シュプレモ」内容
原材料チキン(肉)、チキンミール、モロコシ*2、オーツ麦*3、玄米*4、鶏脂*1*5、タンパク加水分解物、ラムミール*6、サーモンミール*7、粗挽き米、ビートパルプ、大麦*3、亜麻仁*2*8、チアシード*2*3*8、ココナッツ*9、乾燥卵、トマト*2、ケール*2、パンプキン*2、ホウレン草*2*10、ブルーベリー*2、リンゴ*2、ニンジン*2、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸) *1 ミックストコフェロールで保存 *2 抗酸化成分含、*3 食物繊維含、*4 ビタミン、ミネラル含、*5 ω-6脂肪酸含、*6 カルニチン、ビタミンB群含、*7 DHA、EPA含、*8 α-リノレン酸含、*9 中鎖脂肪酸、カリウム含、*10 鉄分含

次にこのドッグフードの成分について解説します。


ぜひチェックしてください。

ニュートロ「シュプレモ」成分
タンパク質26.0%以上
脂質17.0%以上
粗繊維4.0%以下
灰分10.5%以下
水分10.0%以下
オメガ6脂肪酸 3.30%以上
オメガ3脂肪酸0.65%以上
代謝エネルギー375kcal/100g


ニュートロ「シュプレモ」の原産国は?

ニュートロ「シュプレモ」の原産国はアメリカです。


アメリカは数多くのドッグフードメーカーがありますが、このニュートロもその一つと言えます。


また、アメリカではドッグフードの製造についてかなり力を入れていますので、商品の安全性や管理体制はレベルが高いです。


ドッグフードの原産国がマイナーな国で作れている場合は不安に感じるかもしれませんが、アメリカなら安心感を得ることができるでしょう。


安心してニュートロ「シュプレモ」を購入してください。

ニュートロ「シュプレモ」の口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!

ニュートロ「シュプレモ」の悪い口コミ

ニュートロ「シュプレモ」の良い口コミ

ニュートロ「シュプレモ」の口コミ・評判のまとめ

ニュートロ「シュプレモ」のおすすめポイントは?3つのメリットを解説!


ニュートロ「シュプレモ」のおすすめポイントについて解説します。


ニュートロ「シュプレモ」には注目して欲しいポイントが3つあります。


この3つのメリットをチェックすれば、きっとニュートロ「シュプレモ」を実際に購入してみたくなるでしょう。


中でも注目して欲しいのは、このドッグフードが品質や衛生管理を徹底していることです。


また、それだけ力を入れているドッグフードにも関わらず、価格がかなりリーズナブルなのも注目ポイントです。


また、穀物アレルギーがある愛犬でも使用ができるにも注目してください。


この項目では、

  • ①:チキンや穀物アレルギー持ちの犬でも使用可能
  • ②:品質・衛生管理の徹底
  • ③:値段がリーズナブル
について解説します。

①:チキンや穀物アレルギー持ちの犬でも使用可能

ニュートロ「シュプレモ」の中にもいろいろなタイプが用意されていますが、その中にチキンや穀物アレルギーがある犬でも使用できるタイプがあります。


このタイプなら、アレルギーを心配することなく与えれますので安心できます。


とくに穀物アレルギーがある愛犬の場合、ドッグフード選びにかなり神経を注ぐはずです。


酷いアレルギーの場合は命に関わることもありますので、ニュートロ「シュプレモ」を上手に活用することで、そうしたリスクから回避できます。

②:品質・衛生管理の徹底

ニュートロ「シュプレモ」は、原料の仕入れに徹底的にこだわっています。


そして、仕入れた原料をしっかりと衛生管理し、最高の品質で商品化しています。


実はこの品質や衛生管理が優れている部分にひかれて、ニュートロ「シュプレモ」を選んでいる飼い主も多いです。


そしてこのドッグフードは着色料は使用しておらず、香料や合成化合物も不使用ということも注目ポイントです。


ドッグフードには徹底した安心感を得たい飼い主にはおすすめです。

③:値段がリーズナブル

徹底した品質管理、そして衛生管理にも力を入れているニュートロ「シュプレモ」のため、どうしてもこのドッグフードは高価という印象が強いでしょう。


しかし実は、ニュートロ「シュプレモ」はかなりリーズナブルな価格で購入することができます。


このドッグフードをおすすめする理由として、高品質にも関わらず低価格ということもあります。


長期間使用していく飼い主のことを考えて、価格もしっかりと抑えられているのは注目ポイントです。

ニュートロ「シュプレモ」の3つのデメリットとは?安全性が良くない?


次にニュートロ「シュプレモ」のデメリットについて解説します。


優秀なドッグフードのニュートロ「シュプレモ」ですが、この商品にもデメリットはあります。


もし、このドッグフードを選ぶときには、こうしたデメリットもしっかりとチェックして購入することをおすすめします。


実はニュートロ「シュプレモ」は、原材料のグレードがはっきりとわかっていません。


また、ドッグフードの調理方法についても詳しくわかっていませんので、こうしたことにもこだわる飼い主にとっては不安に感じるかもしれません。


この項目では、

  • ①:原材料のグレードや配合比率がわからない
  • ②:調理方法に関する情報不足
  • ③:トレーサビリティに関する情報不足
について詳しく解説します。

①:原材料のグレードや配合比率がわからない

実はニュートロ「シュプレモ」は、原材料のグレードや配合比率がわかっていません。


ニュートロ「シュプレモ」は良いドッグフードであることは間違いありませんが、どのレベルの原材料が使われているのかわからないのは不安に感じるかもしれません。


また、配合比率が公表されていないのもデメリットに感じる飼い主はいるかもしれません。ただ、ここまでこだわっている人は少ないかもしれません。


原材料自体については危険なものは含まれていませんので安心です。

②:調理方法に関する情報不足

また、ドッグフードの調理方法に関する情報も不足しています。


ドッグフードによっては、原材料の情報だけでなく、調理方法に関する情報まで記載されていることがあります。


しかし、ここまで詳しく記載されているドッグフードは少ないです。


そのため、ニュートロ「シュプレモ」が特別情報不足なドッグフードというわけではありません。


ただし、調理方法にまでこだわっている飼い主の場合は、不安に感じる部分があるかもしれません。

③:トレーサビリティに関する情報不足

さらにニュートロ「シュプレモ」は、トレーサビリティに関する情報も不足しています。


トレーサビリティとは、その製品がいつ、誰によってどこで作られたのかという情報です。


こうした情報が記載されているだけで、その商品の安全性が見えてきます。また、そうした情報を公開しているということで、その会社の信頼性がわかります。


ニュートロ「シュプレモ」は、トレーサビリティに関する情報が不足していますので、少し不安に感じるかもしれません。

ニュートロ「シュプレモ」のラインナップとは?値段と共に徹底解説!


ニュートロ「シュプレモ」のラインナップについて詳しく解説します。

ニュートロ「シュプレモ」は、世界的にも人気のドッグフードですが、ここまで人気を得てきたのは徹底した品質管理などもありますが、数多くのラインナップを揃えているということもあります。

どの愛犬にもマッチできるように、ドライフードやウェットフードだけでなく、子犬用や成犬用、シニア用などにもラインナップをわけて販売しています。

これから解説するニュートロ「シュプレモ」のラインナップをチェックして、自分の愛犬にあったタイプを購入してみてください。

この項目では、
  • ①:ドライフード
  • ②:ウェットフード
について解説します。

ドライフードやウェットフードから、さらに細かく分類して解説しますので、ぜひ確認してください。

①:ドライフード

ニュートロ「シュプレモ」はこのドライフードタイプが最も与えやすく手ごろな価格設定になっています。


初めてニュートロ「シュプレモ」のドッグフードを愛犬に与えるというときには、このドライフードを選んでみてください。

商品名タンパク質脂質 代謝エネルギー
 (100gあたり)
価格
子犬用
 (全犬種用)
30%以上19%以上380kcal5,591円(3㎏)
成犬用
(全犬種用)
24%以上15%以上365kcal7,416円(4㎏)
成犬用
(超小型犬用)
28%以上19%以上380kcal5,582円(3㎏)
成犬用
(小型犬用)
26%以上 17%以上 375kcal2,126円(1kg)
エイジングケア
(全犬種用/シニア犬用)
26%以上 13%以上355kcal7,782円(4㎏)
エイジングケア
(超小型犬〜小型犬用/7歳以上用)
28%以上 15%以上 360kcal5,582円(3㎏)
体重管理用
(超小型犬〜小型犬用)
28%以上12%以上 15%以下 345kcal5,343円(3㎏)
体重管理用
(全犬種用/成犬用)
26%以上 9%以上 9%以上 12%以下335kcal3,740円(2㎏)


②:ウェットフード

次にニュートロ「シュプレモ」のウェットフードについて解説します。


ウェットフードは柔らかく、味付けも良いため、食欲不振の愛犬やシニアの愛犬におすすめです。


栄養バランスにも力を入れているため、安心して与えてみてください。


また、ニュートロ「シュプレモ」のウェットフードはラインナップも豊富なため、愛犬にマッチしたタイプを与えてみてください。

商品名タンパク質脂質代謝エネルギー
(100gあたり)
価格
子犬用
(全犬種用)
7%以上5.5%以上110kcal217円
カロリーケア
(全犬種用/成犬用)
6%以上5%以上100kcal217円
カロリーケア
 (全犬種用/シニア犬用)
6.5%以上 5.5%以上110kcal217円
カロリーケア チキン
(全犬種用/成犬用)
5%以上4.5%以上 95kcal217円
カロリーケア ターキー
 (全犬種用/成犬用)
5%以上4%以上 85kcal217円
カロリーケア チキン&サーモン入り
 (全犬種用/成犬用)
5.5%以上4.5%以上 100kcal272円


ニュートロ「シュプレモ」のQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは


ニュートロ「シュプレモ」について、かなり詳しくなったのではないでしょうか。


しかし、まだまだこのドッグフードに関して知っておくべきことはあります。


そもそも、このニュートロ「シュプレモ」はどこで購入できるのでしょうか。


また、実際に購入した場合、どこくらいの量を与えるべきかについても気になるポイントです。


そして、もしニュートロ「シュプレモ」が気に入った場合は、長期間、継続して購入することを想定して、一番安く購入できる方法についても気にしておくべきです。


この項目では、

  • ①:ニュートロ「シュプレモ」の最安値は?楽天・アマゾンを比較!
  • ②:ニュートロ「シュプレモ」を購入できる場所とは?
  • ③:ニュートロ「シュプレモ」はどうやって与える?適切な餌の量とは
について解説します。

①:ニュートロ「シュプレモ」の最安値は?楽天・アマゾンを比較!

ニュートロ「シュプレモ」を安く購入するなら、どこで買うべきでしょうか。


ニュートロ「シュプレモ」を気に入って長期間使うことをイメージした場合、やはり少しでも安く購入できる場所を探しておいた方が有利です。


ニュートロ「シュプレモ」は、楽天やアマゾンでも購入可能なため、その2つのサイトの最安値について解説します。次の表をじっくりとチェックしてください。

販売元 価格・内容量
楽天1,470円(1kg)
3,703円(3kg)
6,299円(6kg)
※送料は店舗により異なる
アマゾン2,070円(1kg)
3,387円(3kg)
6,305円(6kg)
※送料は2,000円以上は無料
公式2,126円(1kg)
5,316円(3kg)
10,006円(6kg)


②:ニュートロ「シュプレモ」を購入できる場所とは?

ニュートロ「シュプレモ」はどこで購入できるでしょうか。


近くのスーパーなどで購入できれば、すぐに手に入れることができますので便利です。


ただ、もし近くのスーパーなどで販売していない場合でも、先ほども紹介した通りインターネットで手軽に購入できますので安心です。


ニュートロ「シュプレモ」を購入できる場所は、

  • ホームセンターやスーパー
  • 一部のドラッグストア
  • イオンなどの百貨店
  • 楽天やアマゾン、公式ホームページ
です。

実はニュートロ「シュプレモ」は、かなり幅広い場所で購入することができます。

ニュートロ「シュプレモ」がここまで有名になったのは、これだけ幅広い場所で購入できるからだとも言えるでしょう。

ぜひ近くのスーパーなどで探してみてください。

③:ニュートロ「シュプレモ」はどうやって与える?適切な餌の量とは

ニュートロ「シュプレモ」を愛犬に与える場合は、どのくらいの量を与えるべきでしょうか。


これからニュートロ「シュプレモ」を購入してみたいと考えている飼い主は、こうした部分も気になるポイントのはずです。


ニュートロ「シュプレモ」は高品質なドッグフードなのは間違いありません。


また、高品質にも関わらずリーズナブルな価格で購入できるのもおすすめポイントです。


しかし、たくさん与える必要があれば、リーズナブルなドッグフードには感じないはずです。


どうやらニュートロ「シュプレモ」は、一般的なドッグフードの量とそれほど大きな違いはないようです。


次の表をチェックして、愛犬に正しい量を与えてください。

体重用量カップ(200㏄)
1kg30g0.4
5kg90g1.1
10kg150g1.8
15kg200g2.4 
20kg250g
3
25kg295g3.5
30kg335g4
40kg415g5
50kg490g5.9
60kg565g6.7


まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

ここまでニュートロ「シュプレモ」について詳しく解説してきました。


ニュートロ「シュプレモ」には、メリットもありますがデメリットもあります。


しかし、デメリットについては、そこまで気にする必要はないかもしれません。


そもそも、かなり信頼度の高いドッグフードのため、長期間使い続けることができるものだと感じます。


また、ニュートロ「シュプレモ」は手軽にどこでも購入できる魅力があります。


インターネットでの購入だけでなく、最寄りのスーパーなどでも購入できる可能性がありますので、すぐにニュートロ「シュプレモ」を購入したい飼い主はぜひ探してみてください。


今回お伝えしたことは、

  • ニュートロ「シュプレモ」は健康を意識した飼い主に最適
  • ニュートロ「シュプレモ」の原材料は信頼度が高い
  • 調理方法やトレーサビリティなどに関する情報不足な面がある
  • ニュートロ「シュプレモ」はホームセンターやスーパーなどで購入可能
健康を意識してドッグフードを選んでいるなら、リーズナブルな価格で高い安全性を確保できるニュートロ「シュプレモ」がおすすめです。

またMOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。