ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はニュートロ「ワイルドレシピ」のドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

ドッグフード販売会社としては大手のニュートロの「ワイルドレシピ」をご存知ですか。

ドッグフードに強いこだわりがある飼い主なら、現在既にこのドッグフードを使っているか、聞いたことがあるかもしれません。

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、幅広い犬種に与えることができ、さらには穀物を使っていないドッグフードとして有名です。

これから使ってみたいと考えている人は、ぜひこれから解説する内容をチェックしてください。

今回MOFFMEでは、
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」はどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」のおすすめポイントは?3つのメリットを解説!
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」の3つのデメリットとは?安全性が良くない?
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」のラインナップとは?値段と共に徹底解説!
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」のQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは
について解説します。

ぜひ、最後までご覧ください。

ニュートロ「ワイルドレシピ」はどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

ニュートロ「ワイルドレシピ」とは、どんなドッグフードでしょうか。


おそらく多くの人が気になっているのは、このドッグフードの特徴や原材料でしょう。


ドッグフードに強いこだわりがある人は、細かな原材料についてもチェックするはずです。


また、愛犬にアレルギーがある場合は、含まれている穀物の種類なども気になるはずです。


そして、さらに細かな部分に注目している人は、このニュートロ「ワイルドレシピ」がどこの国で作られているのかについても知りたい情報でしょう。


この項目では、

  • ニュートロ「ワイルドレシピ」はどんなドッグフード?
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」のドッグフードの原材料・成分は?
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」の原産国は?
について解説します。

ニュートロ「ワイルドレシピ」はどんなドッグフード?

ニュートロ「ワイルドレシピ」とは、どんなドッグフードでしょうか。


ニュートロ「ワイルドレシピ」は、アメリカの中でも大手のドッグフードメーカーとして有名です。


日本でも人気の小型犬から、超大型犬まで与えることができる商品を販売しています。


このドッグフードメーカーがここまで有名になったのは、高タンパク質なドッグフードであることもそうですが、穀物を一切使用していないこともポイントです。


アレルギーを持っている愛犬に使用できるとして口コミで広がり、今では日本でもかなり人気のドッグフードに成長しました。


また、800gから12㎏までの幅広いサイズを用意していることもポイントです。


長期間使用することを想定して、ビッグサイズが用意されていますので、長く使いたい飼い主にはおすすめです。


また、ニュートロ「ワイルドレシピ」は、いろいろなショップで入手することができます。


そのため欲しいときにすぐに購入できますので、手に入りにくいイライラを感じることも少ないです。


さらにニュートロ「ワイルドレシピ」は、長期間与えることで健康を害する可能性のある添加物や着色料などを使っていないことも、おすすめのポイントです。


ぜひニュートロ「ワイルドレシピ」試してみてください。

ニュートロ「ワイルドレシピ」のドッグフードの原材料・成分は?

ニュートロ「ワイルドレシピ」の原材料、そして成分について解説します。


原材料については、とくに問題に感じるものは含まれていないようです。

ニュートロ「ワイルドレシピ」内容
原材料チキン(肉)、チキンミール、エンドウマメ、乾燥ポテト、鶏脂*(オメガ6脂肪酸源)、タピオカ、ビートパルプ、乾燥チキン、エンドウタンパク、タンパク加水分解物、ターキーレバー、ポークハート、ポークキドニー、亜麻仁(オメガ3脂肪酸源)、アルファルファミール、ビタミン類(A、B1、B2、B6、B12、C、D3、E、コリン、ナイアシン、パントテン酸、ビオチン、葉酸)、ミネラル類(カリウム、クロライド、セレン、ナトリウム、マンガン、ヨウ素、亜鉛、鉄、銅)、アミノ酸類(メチオニン)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸)*ミックストコフェロールで保存

次にこのドッグフードの成分について解説します。


ご覧になってわかる通り、タンパク質が豊富に含まれています。

ニュートロ「ワイルドレシピ」成分
タンパク質 32.0%以上
脂質16.0%以上
粗繊維3.5%以下
灰分9.5%以下
水分10.0%以下
オメガ6脂肪酸2.0%以上
オメガ3脂肪酸0.2%以上
代謝エネルギー約375kcal/100g

ニュートロ「ワイルドレシピ」の原産国は?

先ほども触れた通り、ニュートロ「ワイルドレシピ」の原産国はアメリカです。


ドッグフードの製造に力を入れているアメリカで作られている商品と聞けば、安心感は強いでしょう。


また、ニュートロ「ワイルドレシピ」はアメリカで品質、そして衛生管理をしっかりと徹底して作られていますので、そうした面でも強い安心感を得られます。


ドッグフードの中には、少し不安に感じるような原産国もありますが、ニュートロ「ワイルドレシピ」は徹底した管理でアメリカで製造されています。

ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。


高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。


できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!


そんな人のために、

  • ニュートロ「ワイルドレシピ」の悪い口コミ
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」の良い口コミ

上記について調査してみました。


実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ

SNSやネット上から口コミを紹介します。

30代男性


食いつきが良い

同じニュートロのシュプレモよりもさらに嗜好性の高い、こだわりのある商品という印象があります。一時期我が家の犬に与えていましたが、とても食いつきが良かったです。

30代男性


消化に良い

消化を促進するような成分を優先して配合しているから、犬の健康状態を気にしないで済むところがよいと感じました。

20代男性


栄養価が高く、便の状態が改善

栄養価が高いので、長時間の散歩でも疲れにくくなりました。便の状態も良くなり、便秘が改善されて良かったです。

30代男性


涙やけが改善

マルチーズを飼っているのですが、普段のドッグフードのせいなのか涙焼けが酷くドッグフードを変えて見ようと思いブラックウッドを利用してみました。食い付きが良く喜んで食べていますし、涙焼けも多少緩和され満足です。

20代男性


穀物フリーかつ高タンパク質

「食べ応えがあるドッグフード」という印象、ドッグフードは「高タンパク質」「穀物フリー」というのが特徴なのでワンちゃんの身体に優しいです。

ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミ・評判のまとめ

ニュートロ「ワイルドレシピ」の口コミを見てみると、栄養価や食いつきについては比較的高評価のようです。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①涙やけが改善
  • 口コミ②穀物フリー
  • 口コミ③高タンパク質
  • 口コミ④高い栄養価

との口コミが多く見られました。


愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

ニュートロ「ワイルドレシピ」のおすすめポイントは?3つのメリットを解説!


ニュートロ「ワイルドレシピ」は多くの飼い主に試して欲しいドッグフードなのは、間違いありません。


では、どのようなポイントを踏まえておすすめできるのでしょうか。


ニュートロ「ワイルドレシピ」のおすすめのポイント、愛犬に与えることで得られる3つのメリットについて詳しく解説します。


ニュートロ「ワイルドレシピ」がおすすめなのは、信頼度が高い提供元であること、そして添加物などが使われていないことです。


また、グレインフリーであることも注目ポイントです。


この項目では、

  • ①:信頼できる供給元
  • ②:余計な添加物や副産物は不使用
  • ③:グレインフリーのドッグフード
について解説します。

この項目をチェックすれば、きっとニュートロ「ワイルドレシピ」を使ってみたくなるはずです。

①:信頼できる供給元

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、信頼できる供給元から材料を仕入れているようです。

実際、ニュートロのホームページにはそうした記載が確認できますので、信頼度は高いです。
数あるドッグフードの中には、どこで材料を仕入れて作っているのかわからないものもたくさんあります。

品質や成分に力を入れているドッグフードでも、その材料が信頼できる供給元でなければ不安に感じますが、ニュートロ「ワイルドレシピ」はそうした不安は感じなくて良いようです。

②:余計な添加物や副産物は不使用

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、余計な添加物や副産物は一切、使っていないこともメリットです。添加物には着色料や人工防腐剤などがあります。

こうした添加物は長期的に摂取すると体に悪影響が及ぶ可能性がありますので、不使用なのは安心できます。

また、副産物とは肉であれば、その肉と定義された部分以外の部位です。

安全性にはとくに影響はないと言われていますが、そうした副産物を使用しないでしっかりと肉が使われているのは嬉しいポイントです。

③:グレインフリーのドッグフード

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、アレルギーを持っている犬に配慮するために、グレインフリーになっています。

グレインフリーとは穀物を一切使用していないことを現しています。犬の中にはこの穀物によってアレルギーを起こす場合があります。

米や麦、そしてトウモロコシなどはドッグフードに使われることが多いですが、ニュートロ「ワイルドレシピ」は使われていません。

こうしたタイプのドッグフードを探していた飼い主にとっては、ニュートロ「ワイルドレシピ」は強い味方になってくれます。

ニュートロ「ワイルドレシピ」の3つのデメリットとは?安全性が良くない?


優秀なドッグフードに感じるニュートロ「ワイルドレシピ」ですが、この商品にもデメリットはあります。


完璧なドッグフードはありませんので、新たにドッグフードを購入する場合はそうしたデメリットについても理解をしておくべきです。


ニュートロ「ワイルドレシピ」のデメリットは3つありますが、いずれもそれほど深く気にするようなことではないかもしれませんが、愛犬によっては意識するべき内容かもしれませんので、しっかりとチェックしてください。


この項目では、

  • ①:ポテトや豆類に注意
  • ②:原材料のグレードや割合がわからない
  • ③:粒が大きい
について解説します。

デメリットの中でも、粒が大きいという内容は愛犬によっては与えにくいと感じるかもしれません。

①:ポテトや豆類に注意

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、ポテトや豆類が含まれています。

犬によっては、このポテトや豆類が合わない場合もあります。稀な例ですが、ポテトや豆類で下痢を起こしたり、便秘になることも確認されています。

気になるようであれば、ニュートロ「ワイルドレシピ」を少量与えて愛犬の様子をチェックしてください。

問題ないようなら、そのまま与え続けても良いでしょう。しかしもし、下痢や便秘などの症状が現れた場合は、使用を中止してください。

②:原材料のグレードや割合がわからない

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、原材料のグレードや割合がはっきりしていません。

原材料の名称はしっかりと記載されているため安心ですが、そのグレードや割合がわからないため、気になる飼い主はいるかもしれません。

ただ、ニュートロ「ワイルドレシピ」は安全面や品質面についてはかなり力を入れていますので、とくに深く気にする必要はないかもしれません。

ただし、かなり細かい部分にまでこだわる飼い主ならこうした記載がないニュートロ「ワイルドレシピ」は、避けたい気持ちになるかもしれません。

③:粒が大きい

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、少し粒が大きめに設定されています。

中型犬や大型犬にとってはなんの問題もない粒の大きさだすが、小型犬にとっては少し粒が大きく食べにくいと感じるかもしれません。

また、小型犬の中でも老犬の場合は、ドライタイプは食べるのに少し苦労する可能性もあります。

ただし、ニュートロ「ワイルドレシピ」は小型犬にも使用できるよう作っていますので、慣れれば問題ないと感じるかもしれません。

まずは愛犬に与えてみて様子を確認してみましょう。

ニュートロ「ワイルドレシピ」のラインナップとは?値段と共に徹底解説!


ニュートロ「ワイルドレシピ」はとくに味のラインナップに優れています。


また、ドライフードタイプだけではなく、ウェットフードタイプも用意されていますので、愛犬に合わせて購入してみましょう。


ドライフードは歯を強くしてくれる効果もあります。しっかりとした噛みごたえのため、健康を意識するならこのドライフードタイプがおすすめです。


また、ウェットフードは柔らかく作られていますので、老犬にも安心して与えられます。


この項目では、

  • ①:ドライフード
  • ②:ウェットフード
について詳しく解説します。

これからニュートロ「ワイルドレシピ」を購入してみたいという人は、両方試してみることをおすすめします。ドライフードが苦手な愛犬なら、ウェットフードを喜んで食べてくれるかもしれません。

①:ドライフード

まずはラインナップの中でも人気のドライフードについて解説します。


ドライフードはさまざまな味が用意されていますので、愛犬も飽きることなく楽しむことができるでしょう。

商品名タンパク質脂質代謝エネルギー
(100gあたり)
値段
ターキー(子犬用)34%以上16%以上約380kcal1,732円(500g)
チキン(成犬用)32%以上16%以上約375kcal1,732円(500g)
サーモン(成犬用)32%以上18%以上 約380kcal4,078円(2kg)
ラム(成犬用)30%以上16%以上約370kcal5,078円(3kg)
ターキー(成犬用)32%以上16%以上約375kcal4,078円(2kg)
ビーフ(成犬用)32%以上16%以上約370kcal4,078円(2kg)

②:ウェットフード

続いてニュートロ「ワイルドレシピ」のウェットフードについて解説します。


ウェットフードはドライフードが苦手な愛犬におすすめで、柔らかいため歯が弱くなってきた老犬にもおすすめと言えるでしょう。


味だけではなく、香りも強いため食欲のない愛犬にも与えてみてください。

商品名 タンパク質脂質代謝エネルギー
(100gあたり) 
値段
チキン(成犬用)10.5%以上 7.0%以上125kcal272円(100g)
ターキー(成犬用)12%以上7.0%以上130kcal272円(100g)
ビーフ(成犬用)12.0%以上6.0%以上110kcal272円(100g)
ターキー&ラム(成犬用)11.0%以上7.0%以上130kcal272円(100g)


ニュートロ「ワイルドレシピ」のQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは


ニュートロ「ワイルドレシピ」は、どのくらいの価格で購入できるでしょうか。


安全性や品質面にこだわっているニュートロ「ワイルドレシピ」は、一度は試してみたいと感じるはずです。


また、もし愛犬にマッチしているなら、長期間続けていきたいとも感じるでしょう。


しかし、もし購入し続けるのが難しいほど高価な場合はがっかりするはずです。


ニュートロ「ワイルドレシピ」の価格を詳しく解説しますので、ぜひチェックてください。


また、このドッグフードを与える最適な量や、購入できる場所についても合わせて解説します。


この項目では、

  • ①:ニュートロ「ワイルドレシピ」の最安値は?楽天・アマゾンを比較!
  • ②:ニュートロ「ワイルドレシピ」を購入できる場所とは?
  • ③:ニュートロ「ワイルドレシピ」はどうやって与える?適切な餌の量とは
について説明します。

①:ニュートロ「ワイルドレシピ」の最安値は?楽天・アマゾンを比較!

ニュートロ「ワイルドレシピ」を一番安い価格で購入したい場合は、どこで購入するべきでしょうか。


もし、楽天やアマゾンで購入することができれば、ニュートロ「ワイルドレシピ」をより安く手に入れることができるかもしれません。


今回はドライフードの成犬用で比較していきます。

販売元価格・内容量
楽天3,100円(2kg)
4,980円(4kg)
※送料は店舗により異なる
アマゾン3,580円(2kg)
4,910円(4kg)
※送料は2,000円以上は無料
公式4,078円(2kg)
7,416円(4kg)

楽天もアマゾンも、公式で購入するよりも安く買えるようです。


ただし、送料の関係がありますので、しっかりと検討して選んでみてください。

②:ニュートロ「ワイルドレシピ」を購入できる場所とは?

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、どこで購入できるでしょうか。


近くのホームセンターやスーパーで手軽に購入できれば、急ぎでこのドッグフードを手に入れたい場合は間違いなく便利です。


インターネットの通信販売を利用した購入なら楽天やアマゾンで買えることがわかっています。


また、ニュートロ「ワイルドレシピ」の公式ホームページでも同じように購入できます。


しかし、残念ながら、ホームセンターやスーパーでの購入は確認できませんでした。


ペットショップでの販売はされているかもしれませんので、確認してみてください。


つまり、ニュートロ「ワイルドレシピ」を購入できるのは、

  • 楽天やアマゾン、公式のホームページ
  • ペットショップ(要確認)
です。

③:ニュートロ「ワイルドレシピ」はどうやって与える?適切な餌の量とは

ニュートロ「ワイルドレシピ」は、どうやって与えるのが良いでしょうか。


初めてこのニュートロ「ワイルドレシピ」を愛犬に与える場合には、どのくらいの量を与えるべきか悩むでしょう。


ニュートロ「ワイルドレシピ」の与える量は、公式のホームページで公開されています。これから解説する内容通りに、愛犬の体重に合わせて与えてください。


ただし、これはあくまでも一般的な犬の場合です。ダイエットをしている場合や、肥満体型になっている愛犬の場合には、量を調整して与えてください。


また、より活発に動く愛犬の場合には、紹介する量よりも少し多目に与えても良いでしょう。


紹介する量は参考と考えて、愛犬に合わせて与えるようにしてください。

体重カップ(200cc)
1kg30g0.3
2kg 45kg 0.5
3kg60g0.7
4kg75g0.8
5kg85g1
6kg105g1.1
7kg110g1.2
8kg120g1.4
9kg135g1.5
10kg145g1.6


まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

ここまでニュートロ「ワイルドレシピ」の特徴や含まれている成分、さらにはこのドッグフードのメリットやデメリット、口コミについても詳しく解説してきました。

解説した内容からもわかる通り、このニュートロ「ワイルドレシピ」は、かなり優秀なドッグフードなのは間違いありません。

信頼できる成分や原材料はもちろん、しっかりとタンパク質が含まれていますので、愛犬の健康維持にも最適なおすすめのドッグフードです。

この記事では、
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」は小型犬から大型犬まで使える
  • タンパク質が豊富に含まれているのが大きな特徴
  • 穀物を使用していないためアレルギーを持っている犬にも安心
  • 原材料のグレードや割合が公表されていないのがデメリット
  • ニュートロ「ワイルドレシピ」は楽天やアマゾンでも購入できる

以上の内容を詳しく解説してきました。 

ニュートロ「ワイルドレシピ」をこれから買って試したいという人は、このドッグフードの安全性や高い品質について実感してみてください。

またMOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください!
記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。