アカナの口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

アカナの口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はアカナのドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

アカナの口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

世界中の愛犬家から信頼されている「アカナ」は、調理工程のすべてで、数々の賞を授賞しているドックフードです。


アナカは、ドックフードとキャットフードを販売しています。


カナダ産のアカナは、姉妹ブランドに「オリジン」を販売しており、どちらも高たんぱくなフードです。


今回のMOFFME記事では、ドックフード「アカナ」の口コミ評価やフードの特徴・原材料などを詳しく解説します。


今回の項目

  • どんなドッグフード、特徴・原材料・原産国とは?
  • 口コミ評判は?良い・悪い口コミをご紹介!
  • おすすめポイントは?3つのメリットを解説!
  • 3つのデメリットとは?安全性が良くない?
  • ラインナップと値段と共に徹底解説!
  • アカナのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは


ぜひ、最後までご覧ください。

アカナはどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは


(出典:ドックパラダイスより)


アカナは、チャンピオンペットフーズ社で開発、製造されている製品です。自社キッチンを所有し、すべての自社フードを、自社で調理しています。


アカナは、原材料やフードの製造元が明確なため、安心して愛犬に与えることができるでしょう。


アナカは、どんなドックフードなのか、気になりますよね。


この項目では、

  • どんなドッグフード?
  • ドッグフードの原材料・成分は?
  • 原産国は?

を詳しく紹介します。


※この記事も読まれています。

アカナドッグフードの口コミや評判は?原材料や商品の安全性も評価!

アカナはどんなドッグフード?

アカナは、カナダのチャンピオンペットフーズ社で、開発と製造している商品です。


 アカナのドックフードには、リーズナブル価格の「クラシックシリーズ」。犬種や年齢別など種類が多い「ヘリテージシリーズ」。アカナフードの中で一番たんぱく質が多い「レジオナルシリーズ」があります。


アカナのドックフードが、おすすめな犬や飼い主さんは、下記の通りです。

  • 1日の散歩量が多い(運動量が多い)
  • 少しの量でしっかり栄養を摂りたい
  • 食物アレルギーが気になる
  • 涙やけが気になる
  • 穀物アレルギーがある
  • 毛並み・毛艶を改善したい
  • 安全性の高い高タンパクドッグフードを探している
  • 低炭水化物のドッグフードを探している
  • 遺伝子組み換え食品などを避けたい
人間用食材としても認められた、地元産の食材を保存料を使わずに、自社キッチンに運んでいます。 


ドックフードには、新鮮な原材料で、余計な添加物は使用されていないため、開封後の賞味期限は1か月と短くなっているのが、新鮮食材を使用している証ではないでしょうか。 開封後の保存は、空気を抜いて密封しますが、心配な場合は、冷蔵庫保管がおすすめです。 


 一般的なフードと比べると、たんぱく質が多く最高75%と豊富に含まれています。

アカナのドッグフードの原材料・成分は?

アカナのドックフードの中から、「アカナクラシック・プレイリーポートリー」の原材料・成分を紹介します。


原材料

  • 鶏肉ミール(25%)
  • スチールカットオーツ(23%)
  • 新鮮骨抜き鶏肉(5%)
  • 新鮮鶏内臓(レバー、ハツ、腎臓) (5%)
  • 丸ごと赤レンズ豆
  • 丸ごとグリンピース
  • 丸ごと緑レンズ豆
  • 新鮮七面鳥肉(4%)
  • 新鮮全卵(4%)
  • 鶏肉脂肪(4%)
  • 丸ごとヒヨコ豆
  • 丸ごとイエローピース
  • ホールオーツ
  • ニシン油(3%)
  • 日干しアルファルファ
  • レンズ豆繊維
  • 乾燥ブラウンケルプ
  • 新鮮カボチャ
  • 新鮮バターナッツスクワッシュ
  • 新鮮パースニップ
  • 新鮮グリーンケ―ル
  • 新鮮ホウレン草
  • 新鮮ニンジン
  • 新鮮レッドデリシャスリンゴ
  • 新鮮バートレット梨
  • フリーズドライ鶏レバー(0.1%)
  • 新鮮クランベリー
  • 新鮮ブルーベリー
  • チコリー根
  • ターメリック
  • オオアザミ
  • ごぼう
  • ラベンダー
  • マシュマロルート
  • ローズヒップ 添加栄養素:ビタミンA、ビタミンD3、ビタミンE、コリン、亜鉛、ビタミンB5
  • 畜産学的添加物:腸球菌フェシウム
人間用の食材として認定を受けた食材を、保存料不使用で、毎日配送され製造されているので、安心して愛犬に与えることができます。


フードに含まれる原材料が、詳しく記載されているのも安心です。


成分

成分含有量
たんぱく質29%,
脂肪17%
炭水化物30%
 繊維5%
 灰分7.5%
水分12%
 カルシウム1.3%
リン1.0%
グルコサミン  1200mg/kg  
  コンドロイチン  900mg/kg


たんぱく質と脂肪、炭水化物が多く、活動的な犬や高たんぱくを必要とする犬には、バランスが取れたフードでしょう。

アカナの原産国は?

チャンピオンペットフーズ社「アナカ」の原産国は、カナダです。


チャンピオンペットフーズ社は、25年間以上の経営の中で、受賞歴が複数ある自社キッチンで、フードの調理を行っています。 


信頼する地元の農家、牧場、漁師から、新鮮な原材料を仕入れ、保存料不使用で運搬して使用しています。


原材料の産地からフード調理、すべての工程と品質や安全管理まで、調理のあらゆる工程を自社で管理しているので、品質は間違いないでしょう

アカナの口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。


高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。


できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!


そんな人のために、

  • アカナの悪い口コミ
  • アカナの良い口コミ

上記について調査してみました。


実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

アカナの口コミ

早速、アカナの口コミを紹介していきます!

20代男性


原材料の最大75%を新鮮な鶏肉、魚、卵が占める

アカナは原材料の最大75%を新鮮な鶏肉、魚、卵などの肉類が占めるので、とても良質なドッグフードというイメージがあります。

20代女性


豊富なラインナップ

豊富なラインナップから選べるので、犬種や年齢に合ったドッグフードに出会いやすいです。少量でも栄養豊富です。 

30代女性


安全性が高く、食いつきも良い

1つ目は、アカナのドッグフードは食いつきが良くていつも美味しそうに食べてくれます。他のごはんを食べたくてボイコットをした事もありません。 2つ目は、材料が安心安全です。使用している物の名前がしっかりと表記されているので、わかりやすくありがたいです。また、ホールフーズの精神から、取捨選択されたものではなく、カレイなら新鮮なカレイが丸ごと入ってるので安心する事ができました。 最後に、うちの犬の身体の状態から、肉よりも魚を多めの食品を選んでいます。なので、選択肢が多くコストパフォーマンスの良いアカナはとてもありがたいです。

20代男性


添加物が不使用

添加物が不使用であるから、豊富なタンパク質における高い栄養価が期待できます。獣医がおすすめする数少ないドッグフードだと確信しています。

40代男性


値段が少し高い

高たんぱくのドッグフードとして有名なので試しに使用してみました。幸い、犬の食いつきもよくバクバク阿部てくれますので安心して食べさせています。値段的には少々おたかとは思いますが、ドライと混ぜて使用しようと考えています。

アカナの口コミ・評判のまとめ

アカナの口コミを見てみると、添加物不使用や豊富なラインナップについては比較的高評価のようです。


ただ、値段の高さに不満を覚える飼い主が多いよう。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①値段が少し高い
  • 口コミ②添加物が不使用
  • 口コミ③安全性が高く、食いつきも良い
  • 口コミ④豊富なラインナップ
  • 口コミ⑤原材料の最大75%を新鮮な鶏肉、魚、卵が占める

との口コミが多く見られました。


愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

アカナのおすすめポイントは?3つのメリットを解説!


愛犬に与えるフードは、安全で安心なものを選びたいと考えますよね。


アカナのドックフードは、どんなメリットがあるのでしょうか。


この項目では、3つのメリット

  • ①ヒューマングレードの原材料
  • ②余計な添加物は不使用
  • ③少量で十分な栄養が摂れる

を詳しく解説します。


愛犬のドックフードを選ぶ際に、参考にしてください。

①:ヒューマングレードの原材料

アカナに使用されている原材料は、人間の食材として認定された、ヒューマングレードの食材を原材料に使っています。


アカナの羊、豚、鶏、アンガス牛などの肉類は、抗生剤成長促進剤全く使っておらず、草原牧場で飼育されたものです。


魚類はノースバンクーバー島沖や北部湖で獲られた食材を使っています。


アカナに使っている食品は、人間用の食材として認定を受けた食材を、保存料不使用で自社キッチンに運ばれているので、愛犬にも安心して与えることができます。

②:余計な添加物は不使用

アカナは、余計な添加物は使用されていません


酸化防止剤には、ローズマリーの成分などが使用されており、香料、着色料は使用されていないので、安心です。


安全なフードを主張しているだけあって、どの食材も新鮮で安全な食材が使われています。


原材料には、余計な添加物が入っていないので、安全性が高いフードです。


詳しい原材料の内容を確認したい場合は、公式ホームページを確認するとよいでしょう。

③:少量で十分な栄養が摂れる

アカナのドッグフードは、少量でも十分な栄養が摂れます。


犬はもともと肉食のオオカミを先祖に持ち、犬にとって最適なタンパク質量を追い求めてつくられたのがアカナです。


犬は人間と暮らすうちに雑食に進化しています。


アカナのドックフードには、新鮮な肉、魚、卵等のタンパク質が最大75%も含まれているので、 毎日の食事から筋肉づくりや健康な被毛の維持にも最適なたんぱく質が摂取できます。

アカナの3つのデメリットとは?安全性が良くない?

どんなに良い商品でも、メリットとデメリットがあるのは、当たり前です。


人と同じように、犬にも好みや体質、食が細い犬や食欲旺盛な犬など、個々に違いがあります。


毎日与えるフードだからこそ、値段も気になりますし、栄養素も気になりますよね。


アカナのドックフードには、どのようなデメリットがあるのでしょうか。


この項目では、3つのデメリット

  • ①値段が比較的高い
  • ②粒のサイズが限られる
  • ③タンパク質が高すぎる

を詳しく紹介します。

①:値段が比較的高い

アカナは一般のドックフードより、品質にこだわった原材料と余計な添加物も入っていないため、値段が比較的高いです。


「ロイヤルカナンSHN ミニインドア アダルト」と、アカナフードの定番「アダルトドッグ」を比較してみました。


ロイヤルカナン
SHN
ミニインドア
アダルト
アダルトドッグ
価格3490円6490円
内容量
2kg2kg
1kgあたりの
価格
1745円3245円


一般的なプレミアムフードのロイヤルカナンより、アナカは値段は高くなっています。

②:粒のサイズが限られる

アカナのドックフードは大粒サイズが多く、サイズが限られています。


口コミにもよく記入されていますが、アカナのフードは大粒が多く小型犬は食べずらいかもしれません。


大粒のフードをそのまま小型犬に与えてしまうと、丸吞みし、喉を詰まらせてしまう可能性があります。


与えるときは、粒を砕き小さくしたりお湯でふやかしたりと、安心して愛犬に食べさせる工夫うが必要でしょう。

③:タンパク質が高すぎる

アカナはタンパク質が高いため、カロリーも高めです。


活動的に動く犬、高たんぱくを必要としている犬には、適しています。しかし、食欲旺盛な犬、運動量が少ない犬に与える際には、運動量や食欲等を考慮しながら与える量を調整してあげることが大切です。 


たんぱく質が多いフードは脂肪分も高いので、犬の体質により、軟便や嘔吐をする場合があるかもしれません

アカナのラインナップとは?値段と共に徹底解説!

アカナは、シリーズに分かれており、シリーズごとに数種類の商品があります。


スタンダードタイプや価格を抑えたタイプ、たんぱく質が多いタイプと、シリーズ商品だけでも特徴が異なるのです。


愛犬にどの商品が合うか、検討するうえで、参考になるように、シリーズ商品の種類・ポイント・価格を詳しく解説しています。


この項目では、

  • ①クラシックシリーズ
  • ②ヘリテージシリーズ
  • ③レジオナルシリーズ

を詳しく紹介します。

①:クラシックシリーズ

(出典:dogplus.meより)


アカナ・クラシックシリーズは、「信頼をお手軽に」をコンセプトにしている商品です。


シリーズの中で、肉類の含有率が50%と肉類の比率を少し下げたことにより、一番リーズナブルな価格になっています。


種類、ポイントと希望小売価格(2022.5.11~)※価格は変更で異なる可能性あり。


種類ポイント価格
プレイリーポートリータンパク源
ラム肉、牛肉、豚肉50%
340g:880円
2kg:4400円
6kg:10560円
11.4kg:15400円
17kg:21450円
ワイルドコーストタンパク源
放し飼い鶏肉、七面鳥肉、全卵
340g:1045円
2kg:4950円
6kg:12100円
11.4kg:16500円
17kg:24200円
クラシックレッドタンパク源
ノースバンクーバー島沖で獲れた
ニシンやカレイなどの
天然魚を丸ごと使用。
340g:1045円
2kg:4950円
6kg:12100円
 11.4kg:16500円 
17kg:24200円

②:ヘリテージシリーズ

(出典:PETS8-ペッツエイトより)


アカナのヘリテージシリーズは、スタンダードなタイプになります。発売以来変わらない製造方法で世界中から信頼を得ているシリーズです。


犬種やライフステージごとに種類が多く、愛犬に合うフードが見つけやすいでしょう。


種類、ポイントと希望小売価格(2022.5.11~)※価格は変更で異なる可能性あり。


種類ポイント価格
パピー・スモール・ブリード小型犬のパピー用
  妊娠中、授乳中の母犬 
2kg:6490円
6kg:15400円
パピー&ジュニア 中型犬のパピー用340g:1408円
2kg:6490円
11.4kg:22000円
パピーラージブリード大型犬のパピー用11.4kg:22000円
アダルトスモールブリード1歳以上(成犬期)
のあらゆる小型犬用 
340g:1408円
2kg:6490円
6kg:15400円
アダルトドッグ全ライフステージ向け
定番レギュラー商品 
2kg:6490円
6kg:15400円
11.4kg:22000円
アダルトラージブリード1歳以上(成犬期)
のあらゆる大型犬用
11.4kg:22000円
スポーツ&アジリティ運動量が多い犬用
競技犬など
11.4kg:22000円
ライト&フィット成犬で肥満が
気になる犬用
2kg:6490円
 11.4kg:22000円 
シニアドッグシニア犬向け2kg:6490円
11.4kg:22000円

③:レジオナルシリーズ


(出典:アカナネットより)


アカナのレジオナルシリーズは、「オリジン」のドックフードに一番近く肉を多く含むフードです。


アカナシリーズの中では、一番たんぱく質の含有量70%~と多く、たんぱく質を必要とする犬におすすめでしょう。


種類、ポイントと希望小売価格(2022.5.11~)※値段は変更で異なる可能性あり。


種類ポイント値段
ワイルドプレイリードッグ肉類70%と高配合。
子犬から高齢犬まで
340g:1628円
2kg:7480円
6kg:18700円
 11.4kg:26400円 
パシフィカドッグ地元産の天然魚を
豊富に使ったフード。
全犬種、ライフステージ用
上記金額と同じ
グラスランドドッグ放牧で育った自然の
ラム肉、鴨肉がメイン、
香ばしいく嗜好性が高い
上記金額と同じ
ランチランド新鮮な牛肉、ラム肉、
豚肉、パイソン肉を使用。
嗜好性が高い。
 全犬種と全ライフステージ用 
上記金額と同じ

アカナのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは


アカナの商品の特徴や原材料、メリットとデメリットなどについて、詳しく解説してきました。


この項目では、アカナのよくある質問

  • ①最安値を楽天・アマゾンで比較!
  • ②購入できる場所とは?
  • ③どうやって与える?適切な餌の量とは

を詳しく紹介します。


アカナは、市販やネット通販で購入することが可能です。


継続して購入する場合は、ネット通販が便利です。


ネット通販を利用しない飼い主さんも、ネット通販の最安値を知ることで、市販での購入の際に、参考になるでしょう。

①:アカナの最安値は?楽天・アマゾンを比較!

アカナの最安値について、大手ネット通販の楽天とAmazonで比較します。


ヘリテージシリーズの「アダルトスモールブリード」で比較。(2022.11現在)


内容量・価格送料
楽天340g:ー円
2kg:4170円
6kg:ー円
340g:ー
2kg:無料~
6kg:ー
※出店店舗により送料は異なり場合あり
Amazon  340g:1181円  
2kg:4280円
6kg:10280円
340g:無料~
2kg:無料~
6kg:無料~
※出店店舗により送料は異なり場合あり


楽天では、どの店舗も2kgのみの取り扱いとなっており、340gと6kgは販売されていません。


Amazonは、全ての内容量を販売していましたが、一番多いのは2kgでした。


2kgで比較した場合、楽天の方が価格は安くなっています。


ネット通販は、希望小売価格より安く、購入しやすいのではないでしょうか。

②:アカナを購入できる場所とは?

アカナのドックフードが購入できる場所は、

  • ペットショップ
  • ホームセンター
  • イオンペットコーナー
  • 百貨店のペットコーナー
  • 楽天やAmazonなどのネット通販

店舗によっては、アカナのドックフードをすべて取り扱いがない場合があるでしょう。


しかし、身近なイオンやホームセンターで販売されているので、普段の買い物で購入できます。


市販販売だと、品切れで購入できない場合もあるので、ネット通販で購入するがおすすめです。


ネット通販だと、公式サイトや最安値の店舗も探しやすいでしょう。

③:アカナはどうやって与える?適切な餌の量とは

アカナは、大粒の商品が多くあるので、粉砕したり、お湯でふやかしたりと工夫しましょう。


愛犬のフードを変更する場合は、現在食べているフードに少しずつ混ぜ、10日間ほどかけて、新しいフードに切り替えます。


急に餌を変えると、ご飯を食べなくなる可能性があるからです。


また、アカナ製品は消化率が高いため、フード変更時は、小さくてにおいのない便をする場合があります。


アカナ「 アダルトスモールブリード」の適切な量を紹介します。


体重活発な犬通常の犬
2kg40g30g
5kg90g60g
7kg120g90g
10kg160g120g


適切な量は、あくまでも目安です。アカナは高たんぱくな餌になるため、カロリーも高くなっています。


与える量を間違えると肥満に繋がりやすいフードです。愛犬の体型や体調などを観察しながら、与えましょう。

まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

今回は、ドックフード「アカナ」の口コミ評価やフードの特徴・原材料など、詳しく紹介しました。

いかがでしたでしょうか。

今回の項目 
  • どんなドッグフード、特徴・原材料・原産国とは? 
  • 口コミ評判は?良い・悪い口コミをご紹介! 
  • おすすめポイントは?3つのメリットを解説! 
  • 3つのデメリットとは?安全性が良くない? 
  • ラインナップと値段と共に徹底解説! 
  • アカナのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは?

アカナは高たんぱくで、安心安全なフードです。

メリットとデメリットを理解したうえで、愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選びましょう。

またMOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください!

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。