ナウフレッシュの口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

ナウフレッシュの口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はナウフレッシュのドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

ナウフレッシュの口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

愛犬の健康を考えたフードを与えたいと考える飼い主さんは多いのではないでしょうか。


さまざまな種類が展開されているドッグフードですが、どれが愛犬にあっているのかを探し出すのはとても難しいことだと思います。


今回MOFFEMでは、数あるフードの中からナウフレッシュというドッグフードについて紹介していきます。


  • ナウフレッシュの特徴・原材料・原産国
  • 実際に購入した人の口コミ
  • おすすめポイントとメリット
  • 注意点とデメリット
  • 価格とラインナップ
  • よくある疑問

ナウフレッシュというドッグフードを知らない方も、安全性や口コミも詳しく解説するので、チェックしてみて下さい!

ナウフレッシュはどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

ドッグフードは愛犬の健康を守るためにも一番必要なものです。


最近では、医療の進化からペットに寿命も延びてきています。

愛犬の健康を考える飼い主さんが増えています。


ドッグフードにもさまざまな種類が展開されており、原材料や成分にもそれぞれ違いがあります。


今回、解説するナウフレッシュはみたことがある飼い主さんは少ないかもしれません。


あまり名前を聞いたことがないドッグフードだと、安全性や製品など気になる点があるのではないでしょうか。


ここでは、


  • ナウフレッシュとは
  • 原材料・成分
  • 原産国
について解説していきます。

ナウフレッシュはどんなドッグフード?

ナウフレッシュはグレインフリーのドッグフードです。


最近では穀物は犬が消化しにくく、肥満やアレルギーの原因になってしまうことから、グレインフリーのドッグフードは注目を集めています。


ナウフレッシュは愛犬を家族の一員・パートナーと考えることで、さまざまなこだわりをもってドッグフードの製造を行っています。


ナウフレッシュの一番の魅力は、素材の新鮮さ


SCSB製造という低温で素材をじっくりと丁寧に調理することで、素材本来の力を壊さずに最大限に活かす製造方法で作られています。


穀物以外にもフレッシュミートを使用したり、3種のベリーを配合したりなど愛犬の健康を第一に考えたフードなのです。


原材料は新鮮さだけではなく、ヒューマングレードのものを使用するなどの徹底ぶりです。


加工品では失われがちな消化酵素もしっかり配合されているのもポイントです。


自分の家族に食事を作るように、たくさんの犬にも同じ愛情と真心を込めたフード作りを行いたいという製造会社の気持ちが伝わってきます。


穀物を一切使用していないため、アレルギーがある愛犬にもおすすめなフードです。

ナウフレッシュのドッグフードの原材料・成分は?

ナウフレッシュのドッグフードはドライタイプ・ウェットフード・小粒など愛犬にあわせたフードを選ぶことができます。


ここでは「ナウフレッシュグレインフリースモールブリードアダルト」の原材料・成分を紹介します。


内容
原材料ターキー生肉(骨抜き)、乾燥鶏卵、エンドウ豆、ポテト、ポテト粉、エンドウ豆粉、ナチュラルフレーバー(チキン由来)、フラックスシード、キャノーラ油、サーモン生魚(骨抜き)、ダック生肉(骨抜き)、ココナッツ油、リンゴ、エンドウ豆繊維、トマト、アルファルファ、ニンジン、カボチャ、スイートポテト、スクワッシュ(カボチャ類)、バナナ、ブルーベリー、クランベリー、ブラックベリー、ザクロ、パパイヤ、レンズ豆、ブロッコリー、乾燥チコリ根、パセリ、ペパーミント、乾燥ローズマリー、炭酸カルシウム、リン酸一カルシウム、トリポリリン酸ナトリウム、塩化ナトリウム、塩化コリン、(ビタミン類)ビタミンEサプリメント、L-アスコルビン酸-2-ポリリン酸塩(ビタミンC源)、ナイアシン、d-パントテン酸カルシウム、ビタミンAサプリメント、硝酸チアミン、リボフラビン、β-カロテン、ビタミンB12サプリメント、ビオチン、塩酸ピリドキシン、ビタミンD3サプリメント、葉酸、(ミネラル類)硫酸第一鉄、タンパク質キレート亜鉛、タンパク質キレート鉄、セレン酵母、酸化亜鉛、硫酸銅、タンパク質キレートマンガン、タンパク質キレート銅、酸化マンガン、ヨウ素酸カルシウム、タウリン、乾燥ラクトバチルス・アシドフィルス発酵生成物、乾燥エンテロコッカス・フェシウム発酵生成物、DL-メチオニン、L-リジン、塩化カリウム、緑茶抽出物、ユッカシジゲラ抽出物、L-カルニチン、酸化防止剤(ミックストコフェロール)
製品特徴新鮮なターキー、ダッグ、サーモンの生肉・生魚だけが主なたんぱく質
小型犬でも食べやすい小粒
新鮮さにこだわったSCSB製法


主原料のターキー(七面鳥)は日本ではあまりなじみがない食材ですが、鶏のササミよりも高たんぱく・低脂肪な食材です。


免疫力をあげる成分や鉄分・亜鉛などのミネラルも多く含まれており、病気の予防にも適しています。


ブルーベリーなどのベリー類にはビタミンが豊富に含まれており、抗酸化作用も期待できます。


酸化防止剤には、天然な由来のものを使用しているため安心です。


成分
たんぱく質27%以上
脂質17%以上
水分10%以下
カルシウム 1.2%以上
リン 0.7%以上
L- カルニチン100mg/kg以上
タウリン0.1%以上
オメガ6脂肪酸2.6%以上
オメガ3脂肪酸 1%以上
カロリー含有量371.1kcal/100g


たんぱく質が多く含まれているため、少しの量でもたくさんの栄養を摂取することができます。


脂質の量が多いため、カロリーが高くなってしまうことも。


脂質は消化に時間がかかるため、お腹を下しやすいなどのトラブルがある場合には、少量ずつ与える必要があります。


オメガ6脂肪酸やオメガ3脂肪酸がバランスよく含まれているため、健康的な皮膚や被毛の維持に効果的です。


痩せている・ドッグスポーツなどの運動をする愛犬におすすめなフードです。

ナウフレッシュの原産国は?

ナウフレッシュの原産国はドッグフード先進国といわれるカナダです。


カナダは食の安全性が高く、ペットに優しい国でもあります。


作っている会社はペトキュリアン社で販売はグローバルペットニュートリション株式会社です。


ペトキュリアン社のキャッチコピーは「it could only be fresher if you made it from scratch」(イチから作れば、もっと新鮮。)


愛犬へ与えるフードにも人間と同じ食材の新鮮さや栄養、産地などを考え、健康的な食事を与えたいという想いからきています。


環境プログラムなどにも参加しており、長距離輸送で排出される二酸化炭素や加工段階を最小限にするなどの工夫も行っています。


ペットの健康をサポートするため、愛情をもって商品の製造・開発を続けています。

ナウフレッシュの口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。

高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。

できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!

そんな人のために、
  • ナウフレッシュの悪い口コミ
  • ナウフレッシュの良い口コミ
上記について調査してみました。

実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

ナウフレッシュの口コミ

SNSやネット上から、口コミを紹介します。

30代女性


臭いがキツくない

匂いがそれほどきつくないので室内で飼っていても問題なく与えられますし含まれている成分が良く犬の健康にも寄与して良いです。

40代女性


添加物の使用を避けている

 自然食を大事にしているようなパッケージからもわかるように、なるべく添加物を使用しないコンセプトで開発されたところに好感を持っています。

10代男性


レンダリングミートミールや肉副産物が不使用

「レンダリングミートミールや肉副産物を一切使用していない」という点が気になる、食べ残ししないで最後迄食べて欲しい、という願いがあります。

20代女性


小粒で小型犬でも食べやすい

 小粒なので、口や顎の小さな小型犬でも食べやすそうです。また食欲旺盛になり、長時間のお散歩でも疲れにくくなりました。

20代男性


グルテンフリーでバランスが良い

グルテンフリーで、お肉の割合も多いですしバランスも取れてます.種類や粒の大きさも種類があるので良いと思います。

ナウフレッシュの口コミ・評判のまとめ

ナウフレッシュの口コミを見てみると、グルテンフリー粒サイズについては比較的高評価のようです。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①グルテンフリー
  • 口コミ②小粒で食べやすい
  • 口コミ③栄養バランスが良い
  • 口コミ④臭いがキツくない

との口コミが多く見られました。


愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

ナウフレッシュのおすすめポイントは?3つのメリットを解説!


ここからは、ナウフレッシュのメリットを3つ紹介します。


  1. フレッシュミートを100%使用
  2. 安全性の高い生産地・生産工場
  3. 副産物・中国産材料・合成着色料・人口調味料など不使用

上記のメリットについて解説していきます。

ナウフレッシュのこだわりを詳しく知ることができるため、是非参考にしてみて下さい!

①:フレッシュミートを100%使用

新鮮なターキーやダッグ、サーモンのフレッシュミートを100%使用しています。


ミートミールなどの乾燥肉紛や副産物などは使用されていません。


一般的なドッグフードは、穀物が主原料として使用されていることが多くみられます。


ナウフレッシュは穀物は一切使用せず、フレッシュミートを主なたんぱく源として使用する徹底ぶりです。

②:安全性の高い生産地・生産工場

ナウフレッシュは食の安全性が高いといわれるカナダで生産されています。


アメリカ食品医薬品局やカナダの食品検査庁によって認証された衛生環境・行程基準をもった工場で生産されています。


原材料は製造される前にさまざまな検査が行われ、品質の確認をしています。


製造されたフードは製造ロットごとに保管されており、何か問題があった場合に速やかに原因解明ができるようになっています。

③:副産物・中国産原料・合成着色料・人工調味料など不使用

新鮮さや安全性に強くこだわりをもっているため、副産物・中国産原料・合成着色料・人口調味料などは一切使用していません。


愛犬の健康に欠かせない脂肪や脂肪酸には原材料がはっきりとしないものが使用されていることも少なくありません。


ナウフレッシュには愛犬の健康を少しでも害するようなものは、一切含まれていないということです。


ナウフレッシュに使用されている原材料はターキーやダッグ、魚類はアメリカから、野菜や果物はカナダやアメリカから調達しています。


安全性に疑いがある合成着色料や人口調味料は使用せず、素材のままを使用しています。

ナウフレッシュの3つのデメリットとは?安全性が良くない?


ナウフレッシュは愛犬の健康を一番に考えてつくられた製品でした。


では、どのようなデメリットがあるのでしょうか。


ここからは、


  1. ポテトアレルギー持ちの犬は注意
  2. 定期購入できない
  3. 国産ではない
上記のデメリットについて解説していきます。

アレルギーのも配慮されたドッグフードではありますが、グレインフリーならではの食材を使用しているため、ほかの食物アレルギーについては注意が必要になるかもしれません。

①:ポテトアレルギー持ちの犬は注意

ナウフレッシュはポテト(ジャガイモ)、スイートポテト(サツマイモ)が使用されています。


ポテトは多くの栄養素をもつ食材のため、ドッグフードには必要不可欠な食材です。


ナウフレッシュはポテト類が多く含まれているため、アレルギーがある場合には注意が必要です。


グルテンフリーで穀物アレルギーに配慮されてはいますが、ほかの食物アレルギーがある際には気をつけて与えるようにしなくてはなりません。

②:定期購入できない

毎日同じ量を与えなければならないドッグフードですが、ナウフレッシュは定期購入ができません。


フードがなくなったタイミングをみて、都度購入しなくてはならないのです。


月に何度もフードを購入するのが手間に感じてしまうことも


自分たちで残量を確認し、フードを切らさないようにしなくてはなりません。

③:国産ではない

解説してきた通り、ナウフレッシュは国産のドッグフードではありません


原材料にも国産は含まれていません。

すべてカナダで製造されています。


原材料や製造は国産が良いというこだわりがある飼い主さんには向いていないかもしれません。

ナウフレッシュのラインナップとは?値段と共に徹底解説!


ここからはナウフレッシュのラインナップを価格と共に解説していきます。


  1. ドライフード
  2. ウェットフード
上記の2つについて、種類と価格を紹介します。

ナウフレッシュは初めて与える場合に、少量のお試しパックがあるのも嬉しいポイント。

少しだけ与えてみたい、愛犬にあうフードを探している飼い主さんにはおすすめです。

①:ドライフード

ナウフレッシュのドッグフードは、粒の大きさや主原料の違いでフードを選ぶことが可能です。


小型犬・中型犬・大型犬に関係なく、愛犬にあったフード選びを行うことができます。

愛犬のライフステージを考えて選択するようにしましょう。


もちろんすべてグルテンフリーになっています。


製品名価格詳細

ナウフレッシュ

グレインフリー

スモールブリードパピー

50g:264円
800g:2.475円
1.59kg:4.675円
2.72kg:6.985円
9.98kg:21.780円
生肉を主原料にして健康な身体つくり
消化酵素・善玉菌も配合
子犬でも食べやすい極小粒
ナウフレッシュ
グレインフリー
スモールブリードアダルト
50g:264円
800g:2.475円
1.59kg:4.675円
2.72kg:6.985円
9.98kg:21.780円
生肉・生魚だけが主なたんぱく源
100%フレッシュオイルのみ使用
3種のベリー類・10種類以上の新鮮な野菜とフルーツを配合

ナウフレッシュ
グレインフリー
スモールブリード フィッシュアダルト
50g:264円
800g:2.475円
増量880g:2.475円
1.59kg:4.675円
9.98kg:21.780円
新鮮なマス・サーモン・ニシンが主なたんぱく源
魚由来の天然DHA・EPA配合
肉アレルギーの愛犬に
ナウフレッシュ
グレインフリー
スモールブリード
シニア&ウェイトマネジメント
50g:264円
800g:2.475円
1.59kg:4.675円
2.72kg:6.985円 9.98kg:21.780円
関節の健康に役立つグルコサミン・コンドロイチン配合 心臓の健康・脂肪燃焼に役立つL-カルニチン配合
ナウフレッシュ
グレインフリー
パピー
50g:264円
1.59kg:4.455円
2.71kg:6.490円
増量3kg:6.490円
5.44kg:11.880円
9.98kg:19.800円
スモールブリードパピー同様
給与量が多い、消化不良、お腹が弱い愛犬に

ナウフレッシュ
グレインフリー
アダルト
50g:264円
1.59kg:4.455円
2.72kg:6.490円
5.44kg:11.880円
9.98kg:19.800円
スモールブリードアダルト同様
好みのフードが見つからない愛犬にもおすすめ
ナウフレッシュ
グレインフリー
フィッシュアダルト
50g:264円
1.59kg:4.455円
2.72kg:6.490円
増量3kg:6.490円
9.98kg:19.800円
スモールブリード フィッシュアダルト同様
肉アレルギー・穀物や魚が好きな愛犬に
ナウフレッシュ
     グレインフリー  
シニア&ウェイトマネジメント
50g:264円
1.59kg:4.455円
2.72kg:6.490円
5.44kg:11.880円
9.98kg:19.800円
たんぱく質と脂質のバランスが調節されている
シニア犬のためにリンを配合

愛犬のライフステージにあわせた栄養がしっかりと摂取できるように考えられています。

肉アレルギーがある犬にも対応できるように主原料が魚のフードがあるのも嬉しいですね。

②:ウェットフード

ナウフレッシュのラインナップにはウェットフードも展開されています。


いつものフードのトッピングやウェットフードのみで与えることもできます。


愛犬へのご褒美として与えるのもいいかもしれません。


ウェットフード2種類を紹介します!

製品名価格詳細

ナウフレッシュ テトラパック

ターキーシチュー

354g:1.298円七面鳥スープを使用
ナウフレッシュ テトラパック
ポークシチュー
354g:1.298円七面鳥スープに豚肉がプラス


ナウフレッシュのウェットフードは、全年齢対応の総合栄養食になっており、水分をしっかりと摂る必要があるシニア犬にもおすすめです。


容器にもこだわりがあり、環境にやさしい紙のテトラパックを使用しています。


未開封であれば、2年間保管が可能です。

ナウフレッシュのQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは


ナウフレッシュの原材料や口コミ、メリット・デメリット、ラインナップについて解説してきました。


ここからは、

  1. ナウフレッシュの最安値は?
  2. ナウフレッシュを購入できる場所は?
  3. ナウフレッシュの適切なフード量
上記について解説していきます!

定期購入ができないからこそ、最安値を知ることでお得になります

ネット通販を利用しない方も是非、参考にしてみて下さい!

①:ナウフレッシュの最安値は?楽天・アマゾンを比較!

ナウフレッシュの最安値について調べてみました。


各サイトの価格をまとめてみます。


今回は「ナウフレッシュグレインフリースモールブリードアダルト」のサイト別価格です。


販売元内容量・価格
公式50g:264円
800g:2.475円
1.59kg:4.675円
2.72kg:6.985円
9.98kg:21.780円
Amazon800g:2.475円
1.59kg:4.675円
2.72kg:6.985円
楽天800g:2.475円
1.59kg:4.675円
2.72kg:6.985円
9.98kg:21.780円


どのサイズでも価格は変わりませんでした。


50gのお試しパックは公式サイトでしか購入できません。


楽天では送料が無料になり、ポイントも溜まるシステムのため、お得に購入することができるのではないでしょうか。


②:ナウフレッシュを購入できる場所とは?

ナウフレッシュを購入できる場所は、

  • 楽天・Amazonなどのネット通販
  • 公式サイト
  • ナウフレッシュ国内正規品販売店
など、ペットショップやホームセンターでは取り扱っていることが少ないかもしれません

しかし、大型ペットショップなどでは取り扱いがあるところも。

ナウフレッシュを購入したい場合は、ネット通販で購入するのがよいかもしれません。

③:ナウフレッシュはどうやって与える?適切な餌の量とは

ナウフレッシュの与える量の目安について記載します。


公式サイトにも記載があるため、チェックしてみて下さい!


ここでは「ナウフレッシュグレインフリースモールブリードアダルト」の与える量の目安を記載します。

体重g(体重維持)g(ダイエットしている場合)

0.5kg~1kg

22~38g
18~30g
1kg~2.3kg38~75g30~60g
2.3kg~4.5kg75~126g60~101g
4.5kg~6.8kg126~171g101~136g
6.8kg~9.1kg171~212g136~169g
9.1kg~11.4kg212~250g169~200g

体重維持とダイエットしている場合の目安です。

愛犬の運動量や体重、年齢で与える量は異なります。

愛犬の健康状態を確認して、最適な量を与えるようにしましょう。

まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

グレインフリードッグフードのナウフレッシュについて解説してきました。


アレルギーや愛犬に安全性が高いフードを与えたいといった飼い主さんには、おすすめできるドッグフードです。


今回この記事では、


  • ナウフレッシュは原材料にこだわり、穀物を一切使用していない
  • 国産ではないが、食の安全性が高いカナダで製造されている
  • 人口添加物などは含まれていないため、安心
  • 定期購入ができず、ネット通販で購入する必要がある
ということでした。

愛犬にグレインフリー・ヒューマングレードなドッグフード与えたいと考えている方は、是非参考にしてください。

MOFFMEでは、他にも様々なペットやペット保険に関する記事を多数公開しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。