forza10の口コミ・評判は?原材料や添加物、安全性を徹底解説のサムネイル画像

forza10の口コミ・評判をご存知ですか?様々な種類のキャット・ドッグフードがありますが、原産国や添加物から見た危険性、メリット・デメリット、値段等が気になりますよね。今回はforza10のドッグフードについて口コミ・評判やラインナップ、安全性を解説します。

この記事の目次

目次を閉じる

forza10の口コミ・評価を解説!アレルギー等の危険性とは

こだわりのドッグフードをお探しの方、「forza10」の餌はご存じでしょうか?獣医師監修で、アレルギー対応もしているイタリア発のドッグフードです。


品質の良いドッグフードが沢山販売されている中、forza10はどんな餌なのか気になりますよね。


今回「MOFFME」では

  • forza10の原材料・原産国について!ドッグフードの特徴は?
  • forza10の良い口コミ・悪い口コミは?評価を考察
  • forza10を使うメリット3つ!ポイントごとに解説
  • forza10の餌のデメリットや安全性は?ポイント解説
  • forza10ではどんなラインナップが販売されている?種類や値段
  • forza10を使うには?最安値や与え方について


について解説します


forza10の製品情報に加え、口コミ評価など購入の参考になる情報や安全性についても詳しく掘り下げていきます。すべての情報を総合したうえで、愛犬に合った餌かどうか考えてみましょう。

forza10はどんなドッグフード?特徴・原材料・原産国とは

ドッグフードの良し悪しを見極めるには、やはり原材料や成分が大事ですよね。そこで、forza10を構成している食材についてみていきましょう。


forza10は品質の良いドッグフードとして発売されていますが、どんなこだわりがあるのでしょうか。forza10ができる過程や歴史についても触れていきます。


ここからは

  • forza10ドッフードにはどんな特徴がある?
  • forza10に入っている原材料や成分を解説
  • forza10はどこで生産されている?

についてご紹介します。


原材料や成分について知ることができると、おのずと安全性についてもわかってきますよ。その他基本的な商品の特徴や原産国も見ていきますので、他のフードと比べる時などに役立ててください。

forza10はどんなドッグフード?

forza10は、イタリアのサニーペット社という会社で製造されているプレミアムドッグフードです。サニーペット社を立ち上げたのは、イタリアの獣医師であるセルジオカネロ氏。


その経験を活かし、徹底的にペットの体のことを考えたドッグフード考え続けてできたのが、forza10なのです。なんと製品の開発には22年の時間がかかっており、現在でも獣医師チームと共に考えぬかれた安全性の高い餌を作り続けています。


forza10で販売されているのは、大きく分けて4つのレパートリーです。食事療法食の「アクティブライン」、アレルギーのある犬に配慮して作られた日常用の「デイリーフォルツァ ローグレイン」、別の観点からのアレルギーに配慮された「プロユース」、無添加で使う食材の品質にも徹底的にこだわった「エブリデイビオ」


この4つの基盤をもとに、さらにそれぞれの犬の健康状態や種類に合わせて使えるよう様々な種類が発売されています。種類によって値段は幅広いですが、使いやすいデイリーフルツァは900gで¥2,530~と一般的にも購入できる価格帯です。


forza10最大のメリットは、主原料のタンパク質の品質に最大限こだわりを発揮しているということ。もともと、ドッグフードに含まれる肉や魚は人間の食べる基準であれば安全とされることがほとんど。


しかし、中には餌や育つ水質によって体内に化学物質が蓄積されていることがあるのです。forza10は、その肉や魚が育ってくる過程にまで注目して良質な餌や水質のあるところで育った原材料しか使用していないのです。


このようにかなり安全性が高いと思われるforza10ですが、口コミによると犬の食いつきや好き嫌いに関してはばらつきがあるようですのでその点は注意しなければなりません。

forza10のドッグフードの原材料・成分は?

ここで、forza10のデイリーフォルツアローグレインから日常使いしやすい「ミディアムフィッシュ」の原材料の詳細を確認してみましょう。


デイリーフォルツァローグレイン フィッシュの原材料

  • 魚粉
  • エンドウ豆タンパク
  • エンドウ豆デンプン
  • 魚油
  • ビートパルプ
  • ビール酵母
  • ミネラル(炭酸カルシウム第一リン酸カルシウム硫酸亜鉛、銅グリシンキレート)
  • BioMOS(乾燥酵母)
  • FOS(フラクトオリゴ糖)
  • ビタミン(E、C、B12、PP、A、パントテン酸、B2、B6、B1、葉酸)
  • 塩化コリン
  • DLメチオニン
  • グルコサミン
  • マイタケ
  • ユッカシジゲラ
  • パパイア
  • パイナップルの茎
  • ザクロ
  • アロエベラ
  • 海藻(ヘマトコッカス(アスタキサンチン))
  • 朝鮮人参
  • 天然トコフェロールとローズマリー抽出物(酸化防止剤として使用) 
上記の原材料を見ても、犬が食べてはいけない食べ物などは入っていませんしい栄養価期待できる材料が多いのが分かります。また、デイリーフォルツァローグレインにはこのほかにも「ホース」と「ポーク」が主原料のものがあります。

この3種類は共通してローグレインの為、穀物類の使用を最小限まで抑えてあります。さらに、マイタケ・パパイア・ザクロ・アロエベラなどの植物を配合し消化器や胃の健康をサポート。

すべてのレパートリーで魚油を配合しているのでスキンケアにも効果を発揮します。

次に、成分表の詳細も見ていきましょう。

デイリーフォルツァローグレイン フィッシュの成分表

成分配合量
粗タンパク質23.0%
粗脂肪11.0%
粗灰分8.5%
粗繊維4.25%
水分9.0%
カルシウム1.05%
リン0.7%0.7%
 ビタミンA17.000Ul/kg
ビタミンE280UI/kg
硫酸亜鉛137mg/kg
銅グリシンキレート39mg/kg
塩化コリン1.000mg/kg
DLメチオニン500mg/kg
Omega3
0.8%
Omega62.4%

ご覧のように、こちらも栄養素をバランスよく摂取できるよう多くの栄養成分が配合されています。獣医師監修ならではの、日々の健康を守るような食事といえるでしょう。

肌や皮膚のにも良いといわれるオメガ系の栄養素は魚由来の物ですが、フィッシュだけでなく他の2種にも含まれているのもうれしいポイントです。

forza10の原産国は?

forza10の原産国は、創業と同じくイタリアです。商品はパドバという場所の工場で製造されていますが、完全自社生産であるところもforza10のこだわり。


forza10関連のみを作る工場で製造することで、安全性を保ち長く信頼を得ています。イタリアでは、動物病院の他薬局で販売されるなど一般的にも需要が高いメーカーです。


さらに、原材料はあえてイタリアにこだわらず各国の環境の良い物を探すという徹底ぶりで、forza10はヨーロッパ各地で広がりを見せています。

forza10の口コミ・評判は?良い・悪い口コミをご紹介!


ペットフード選びでは、口コミや他の飼い主さんからのおすすめなどがあると助かりますよね。


高額なものでは無くても、ペットの嗜好に合わなかったり、飼い主さんの希望に合わなかったりして余ってしまうと勿体無いですし。


できれば、購入前、愛犬に食べさせる前に情報を知っておきたい!


そんな人のために、

  • forza10の悪い口コミ
  • forza10の良い口コミ

上記について調査してみました。


実際に購入し、愛犬に食べさせた飼い主さんのリアルな声を見ていきましょう。

forza10の口コミ

SNSやネット上から、まずは口コミを紹介します。

20代女性


下痢が改善

インテスティナルアクティブ食べさせています。元々軟便になりやすい子なのですが、環境の変化があった際に下痢が続いてしまったため、こちらのフードに変えました。下痢の回数は格段に減ったように感じます。食いつきもよく、毎食残さず食べています。

30代男性


パッケージセンスが良い

センスの良いデザインのパッケージが気に入りますしフードの形状もよく犬にとってもおいしいようで喜んで食べてくれ満足できます。

20代男性


獣医師監修の食事療法食

イタリアの獣医師が22年の歳月をかけて、臨床事例を基にペットの健康を目指した食事療法食というイメージです。

30代女性


余計な添加物が不使用

自分自身としては危険な添加物が使われていない こと。またオーガニックであり、獣医師が開発した食事療法食で症状ごとにバリエーションがあることです。

40代男性


耳の皮膚炎に効果的

耳の皮膚炎に効果のあるドッグフードとして評判が高いです。与え始めると耳をかく事が減り、治りが早くなります。

forza10の口コミ・評判のまとめ

forza10の口コミを見てみると、添加物不使用品質については比較的好評かのようです。


様々な口コミ内容をまとめてみると、

  • 口コミ①耳の皮膚炎に効果的
  • 口コミ②余計な添加物が不使用
  • 口コミ③獣医師監修の食事療法食
  • 口コミ④パッケージセンスが良い
  • 口コミ⑤下痢が改善

との口コミが多く見られました。


愛犬のドッグフード選びに役立ててみてはいかがでしょうか。

forza10のおすすめポイントは?3つのメリットを解説!

forza10の餌が良質なものであるという確証を得るためには、やはりそのドッグフードならではのメリットを知っておきたいですよね。メリットをみれば、その餌が愛犬に合っているかどうかも分かりやすくなります。


forza10のメリットはたくさんありますが、今回はその中から3つのポイントをピックアップしました。


ここからは

  • ①:衛生的で安全性の高い自社工場
  • ②:こだわって集められた原材料
  • ③:アレルギーにも対応したローグレイン
をご紹介していきます。

やはり食材こだわったドッグフードや療法食を作っているメーカーなので、原材料が一番気になるところですよね。メリットに関しても、原材料に重点を置いてみていきます。

①:安全性の高い製造工場

ドッグフードを作る会社にとって、原材料にこだわっていることはとても重要なことです。しかし、それ以前に大事なのがドッグフードがつくられる製造過程


いくら良い原材料を使っていても、製造環境が悪いとダメなフードになりかねないですよね。その点forza10を製造するサニーペット社は自社工場を所有しており、衛生面もしっかり管理されているというメリットがあります。


工場内では自社の商品のみを製造、さらに製造工程のすべてを自動化することで人の手に触れず清潔さを保ったまま出荷が可能なのです。

②:品質の高い原材料

現在販売されているプレミアムフードでも、原材料にこだわって作られているものはたくさんありますね。forza10も、例外なく原材料成分にこだわった商品です。


しかしforza10は、ペットフードに関する安全性の高い原材料の考え方が他のドッグフードとは少し違いますので注目してみましょう。多くのペットフードで安全とされている、生肉や人間と同じ基準といった条件。


実は一見安全にみえるこの原料でも、育ってくる環境の中で蓄積された危険な化学物質がペットの健康に影響してくると判断したのがサニーペット社の創始者です。そこで、forza10の原材料は海洋汚染のない場所安全な飼料で育ったもののみが使われるようになったのです。


このように他とは一線を画すこだわりを持ったサニーペット社選ぶ原材料は、forza10の最大のメリットともいえるでしょう。

③:ローグレイン

forza10のデイリーフォルツァは、ローグレインというカテゴリでアレルギーにも配慮して作られています。アレルギーをもつ犬の多くが反応してしまうのが、小麦や大豆。


それらを含んでいないため、日常的な食事として安心してたべることができます。ただし、小麦系に特化したローグレインなので、米が含まれているところは注意ポイントです。


その他の成分としても、アレルゲンとなりやすい牛などを使用していません。ローグレインとはいえ海藻類や朝鮮人参、アロエなど独自の配合がされておりしっかり栄養を摂ることができます。


さらに栄養素を包みこむマイクロカプセル製法も採用されていて、胃や腸などの消化器の働きもサポートしてくれますよ。

forza10の3つのデメリットとは?安全性が良くない?

次は、forza10のデメリットについて考えてみましょう。ペットフードに限らず、どんな商品にもメリットだけでなくデメリットはつきものですよね。


しかしドッグフードを購入するとき、メリットはしっかり調べてもデメリットについてはあまり詳しく知らないままというケースも多いのではないでしょうか?


ここでは

  • ①:植物性原料が多く含まれていて消化の不安がある
  • ②:アクティブラインにはアレルギー反応を起こしやすいポテトが含まれている
  • ③:大型犬が食べるには小粒すぎる形状
を解説していきます。

forza10は深いこだわりを持って作られたドッグフードですが、それでも犬によってデメリットになってしまうような項目がいくつかありました。デメリットも含め、飼い主さんが納得できるピッタリの餌が見つかるまで吟味していきましょう。

①:植物性原料の比率が高い

一般的にペットフードには、動物性と植物性の原料が使われています。ドッグフードによりその比率は違いますが、その中でもforza10植物性原料の比率が高いフード。


ではなぜ、植物原料の比率が高いことがでデメリットになってしまうのでしょうか。実は犬はもともと肉食であるといわれ、動物性のタンパク質の方が消化しやすい腸内環境が備わっています。


そのため、植物性の食材は消化に支障をきたしてしまうという見解があるのです。これらのことから、動物性たんぱく質を主に摂取したいという犬には向かないこともあるようです。


とはいえ、forza10のドッグフードはマイクロカプセルなどの導入で消化の良さも考えられた優秀な餌です。ドッグフード切り替えの際には少しづつ与え、犬の消化の様子も見ながら変えていくと良いでしょう。

②:アレルゲンとなるポテトが入っている

犬の食物アレルギーは、人間と同じく様々な食材で起こります。forza10のアクティブラインには、アレルゲンの一つであるジャガイモが主原料として使われています。


どの食材に関してもアレルギーが起きる可能性は同じですが、ポテトアレルギーの愛犬がいる方はアクティブラインの使用を避けるようにしてください。


とはいえ、ポテト自体を与えることには何の問題もありません。ポテトアレルギーは重篤には目や皮膚にかゆみが出ることが多いので、初めて与える時には異常がないかよく観察しておきましょう。

③:大型犬には食べづらい可能性

forza10のデメリットとして、品質以外のところで指摘されているのが餌の形状です。現在日本で販売されているのは、中粒と小粒の2種類


この粒の大きさが、大型犬が食べづらさを感じてしまう要因になっているようです。大型犬の口はとても大きく、あまり小さい形状だとぽろぽろ落ちてしまうこともしばしば。


さらに、小粒すぎると丸呑みして早食いの原因にもなってしまうのです。食べやすさを追求しての小粒仕様ですが、大型犬の飼い主さんにとってはデメリットとなってしまいますので注意しましょう。

forza10のラインナップとは?値段と共に徹底解説!

forza10には、大きく分けて4つの種類があることは前述した通りです。それぞれ特徴があり、生活や体調に合わせた用途で選べるようになっていますので、購入時には愛犬にあった物を探してみてください。

こちらでは
  • ①:アクティブシリーズの特徴や価格
  • ②:デイリーフォルツァ ローグレインシリーズの特徴や価格
  • ③:エヴリデイ ビオ ラインの特徴や価格
  • ④:プロユース(ミディアムメンテナンス ラム&ライス)の特徴や価格
についてご紹介していきます。

さらに4つの大きな枠組みだけでなく、その中でも味や症状でさまざまなレパートリーが発売されていますのでそちらについても触れていきます。購入後の使いやすさも含めて検討してみてください。

①:アクティブシリーズ(食事療法食)

アクティブシリーズの特徴

アクティブシリーズは、体の不調に合わせて選べる療法食です。療法食といえば動物病院で処方してもらうイメージですが、現在forza10のアクティブシリーズはインターネットなどでも購入可能。  


アクティブシリーズの特徴は、食事によって問題が出てしまうような部位に働きかけるという点です。ケアできる部位としては耳、口、皮膚、胃腸、腎臓、免疫系がありそれぞれに効果を発揮します。


種類によって含まれる成分は違いますが、特に植物成分にこだわっているのでその効果にも注目です。例えば、パパイヤは消化器のサポートを、ウコンは肝臓機能の改善や発がん予防にもつながります。


体重管理のレパートリーもありますので、避妊や去勢後のダイエットにも使用できます。しかし病状によっても餌の質は違ってきますので、使い始める前にはかかりつけの獣医師に相談することをおすすめします。


もちろん原材料はこれまでにもご紹介してきた通りこだわりの食材を使い、スキンケアなどにも配慮されています。さらに、AFSというハート形のタブレットが封入されている点も他にはなかなかないポイント。


これは、植物の抗酸化作用によりアレルギー反応の軽減を目指すことのできるタブレットです。このように、アクティブシリーズは療法食としてだけでなく他の要素も優れている質の高いドッグフードなのです。


アクティブシリーズの値段

療法食はとてもお金がかかるイメージですが、アクティブシリーズはどうでしょうか。大きさは100g・800g・2㎏とあり、普段は800gの購入が使いやすくておすすめです。


また、最初に試してみたいときや旅行用などに便利な100gパックも販売されていて便利です。


800gは公式の値段で¥2,530100g¥3962㎏¥5,280で、療法食としては比較的安い価格設定です。

②:デイリーフォルツァ ローグレイン

デイリーフォルツァ ローグレインの特徴

デイリーフォルツァは、日常的に使えてアレルギーの軽減やや健康維持に役立てるというコンセプトのドッグフードです。このシリーズでは、「フィッシュ」「ホース」「ポーク」の3種類を販売しています。

アレルギーに特化したドッグフードということですが、どんな点が優れているのでしょうか。まず、動物性たんぱく質についてはアレルギーの発生を低下させる効果が期待される単一たんぱくを採用。

その他にも、アレルギーを起こしにくいエンドウ豆の植物性たんぱくを配合することで効果を高めています。さらにフィトセラピーという植物療法も視野に入っているため、果物や海藻、朝鮮ニンジンなどの植物成分も豊富です。

さらにすべての種類に魚油を使用しているため毛艶や皮膚の健康が気になる飼い主さんにもおすすめ。

デイリーフォルツァの値段

デイリーフォルツァは「フィッシュ」「ホース」「ポーク」の味があり、粒のサイズも小粒と中粒で選択できます。基本的に小型犬は小粒、それ以降の全犬種は中粒とされていますので愛犬が食べやすいサイズを探しましょう。

パックのサイズは3段階で、900g¥2,5303㎏¥6,8208㎏¥14,85020㎏¥29,480という値段です。大きなサイズの20㎏サイズがあるので、多頭買いや保存用にも便利です。

③:エヴリデイ ビオ ライン

エヴリデイ ビオ ラインの特徴

エヴリデイビオラインは、forza10のドッグフードを作るうえで重要な原材料の安全性にこだわりぬいたオーガニックドッグフードです。主原料の鶏の飼育では有機の餌使い、その他の原料においても遺伝子組み換えの物や発がん性のある保存料など一切使っていません

このようなこだわりから生まれたドッグフードは、結果的にアレルギーを起こし辛く愛犬の一生をサポートしてくれます。さらにエヴリデイビオラインは、イタリアのオーガニック認定を受けているお墨付きの商品。

世界的にも完全オーガニックと認められるドッグフードは少なく、オーガニックにこだわりたいという飼い主さんにはピッタリです。

エヴリデイ ビオ ラインの値段

エヴリデイビオラインは、以前ウエットフードを扱っていたこともありましたが現在は1種類のみの販売です。他のシリーズに比べ肉の香りがあるので、肉好きの犬には向いている餌になります。

値段は、1.5㎏¥4,730なので他のラインナップとさほど変わりません。

④:プロユース(ミディアムメンテナンス ラム&ライス)

プロユース(ミディアムメンテナンス ラム&ライス)の特徴

プロユースのミディアムメンテナンス ラム&ライスは、ブリーダーなどのプロ用に作られた大容量のみのドッグフードです。プロ用とはいえ一般の飼い主さんでも購入することは可能で、こだわりも他の商品と遜色ありません。


アレルギーの起きにくい原材料を使用し、腸内環境や消化のこと、皮膚や被毛のことまでバランスよく考えられた餌となっています。


プロユース(ミディアムメンテナンス ラム&ライス)の値段

プロ用のため、販売は12.5㎏と20㎏の大型パックのみ。それぞれ12.5㎏¥12,98020㎏¥29,480で他の商品に比べると少し割安な印象です。

forza10のQ&A!最安値や与える量、購入できる場所とは

飼い主さんがドッグフードの購入する時、やはり値段はで気になるポイントですよね。特に毎日食べる餌に関しては継続して購入が必要になるため出来るだけお得に手に入れたいところ。

こちらでは
  • ①:forzaが最安値で購入できるサイトはどこ?Amazon、楽天など
  • ②:forzaはどこで購入する?販売されている場所について
  • ③:forzaを食べさせる時の正しい方法!体重・年齢別の与え方
について解説していきます。

最安値はもちろんのこと、forza10は輸入品なので安定して購入できる場所が確保できると安心です。

体重別や子犬と老犬の給餌の方法についても触れていきますので、購入後の参考にしてみてください。

①:forza10の最安値は?楽天・アマゾンを比較!

上記でご紹介したforza10のドッグフードのレパートリーや値段。気になるけど、もう少し安い値段で購入したいという方も多いのではないでしょうか。


forza10はネットショップで購入することができるので、値段を比較して最安値を探してみましょう。今回は、楽天とAmazonの値段を同じ商品で比較してみます。

楽天Amazon
アクティブライン100g ¥396
800g ¥2,530
2㎏ ¥5,280
100g×4 ¥1,408 
800g ¥2,530
2㎏ ¥5,002
デイリーフォルツァ
ローグレイン
900g ¥2,420
3㎏ ¥5,198
8㎏ ¥12,320
20㎏ ¥29,480
900g ¥2,420
3㎏ ¥6,600
8㎏ ¥14,300
20㎏ ¥29,260
エヴリデイ ビオ ライン1.5㎏ ¥4,7301.5㎏ ¥3,960
プロユース販売無し12.5㎏ ¥12,980
20㎏ 販売無し
送料送料無料
(100gのみ¥220)
¥2,000以上で無料
(エブリデイビオラインのみ¥700)

ご覧のように、サイズシリーズによって最安値は変わっています。そのため、種類によって使い分けるのが良いでしょう。比較すると、アマゾンはまとめ買いや大きいサイズのものが少しお得ではあります。


公式の値段と同じものも多い為、どこで購入するかはその都度考えても良いでしょう。

②:forza10を購入できる場所とは?

forza10のドッグフードを日本で購入するには、ネットショップが基本になりそうです。量販店や大手のペットショップでは扱っていないことも多いので、店舗で見つけるのはなかなか難しいでしょう。


安値で探すのであれば、先ほどご紹介した楽天やAmazonが使いやすいです。また、安定して購入できるという点では公式販売店のGREENDOGわんにゃんキッチンなどが安心です。


しかし輸入品のため、種類によっては品切れや廃盤になる可能性も否めません。在庫確認や保管用のストックはこまめにチェックして管理しましょう。

③:forza10はどうやって与える?適切な餌の量とは

今回ご紹介したforza10のドッグフードはドライタイプなので、給仕方法は他の餌と変わりません。体重年齢に合わせて、量を測って与えるようにしましょう。


適切な量を、表でご確認ください。

体重給餌量/1日
小型犬
(~5㎏)
40~110g
中型犬
(~12㎏)
110~200g
大型犬
(~25㎏)
200~320g

新しいドッグフードに切り替える場合、慣れないうちは消化しづらかったり食べない可能性もあるので様子を見ながら食べさせましょう。少しずつ混ぜ込むのも効果的です。


さらに1歳ごろまでの子犬は成長期でたくさん栄養を取る必要がありますので、3か月頃までは成犬の倍の量をその後は1.5倍程度の量を何回かに分けてあげましょう。反対に老犬は、栄養素やカロリーが成犬の8割程度で十分ですのでその都度調整してください。

まとめ:愛犬の様子を観察して、最適なドッグフードを選ぼう!

forza10のドッグフードは、原材料や品質の安全性おいてとても信頼できるドッグフードだということがわかりました。また、獣医師の監修ということもあり体調に不安がある犬やアレルギーが心配な犬でも使うことが出来るのも選びやすいポイントです。


この記事では

  • forza10の原材料・原産国を解説!どんな特徴のドッグフード?
  • forza10の評価!良い口コミ・悪い口コミから徹底考察
  • forza10のメリットとなるポイント3つとは?
  • forza10のデメリットとなるポイント3つとは?
  • forza10の種類はどれくらいある?それぞれの特徴や値段
  • forza10を購入するときや与える時に役立つ情報!

について解説してきました。


いくら良いドッグフードでも、実際に使ってみると犬が好き嫌いをして食べない、食いつきが良くないなどの問題は出てきてしまうものです。今回ご紹介したような口コミの評価や評判をみて、ある程度犬たちの反応を把握しておくと飼い主さんの不安も少し解消されますよ。


またMOFFMEでは、他にも様々なペットや保険に関する記事を多数公開しておりますので、そちらもぜひご覧ください!  

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。