ペット保険でパテラは補償される?症状や治療費用について徹底解説!のサムネイル画像

パテラ(膝蓋骨脱臼)は、チワワやトイプードルなど小型犬によく見られる病気です。ペット保険では補償対象外になることもあるため、どの保険で補償されるか見極めることが大切です。この記事では、パテラの特徴や治療費用、アニコム損保やFPCなど様々な保険会社を紹介します。

この記事の目次

目次を閉じる

パテラ(膝蓋骨脱臼)が気になる方必見!パテラについてやペット保険の選び方について解説!

犬のかかりやすい病気の一つに「パテラ(膝蓋骨脱臼)」があります。


簡単にいってしまうと、ひざのお皿が外れてしまっている状態なのですが、多くのワンちゃんで見られる病気です。


これからペット保険に加入しようと思っている方は、この「パテラ(膝蓋骨脱臼)」について少しでも知っておくと、

  • 加入のタイミング
  • どの保険にするか?

というのがハッキリするので、チェックしておくと良いでしょう。


今回「MOFFME」では、

  • パテラが補償対象かは、ペット保険の会社によって異なる!
  • パテラ(膝蓋骨脱臼)とはどんな病気?
  • パテラの症状とは?進行度合いを示すグレードについて解説!
  • パテラになる原因は?
  • パテラにかかりやすい犬種はあるの?
  • パテラの治療方法とは?手術しない方法がある?
  • パテラになると寿命が短くなる?死亡する割合は?
  • パテラの予防方法とは?

を解説していきます。


多くのワンちゃんで見られる病気である「パテラ(膝蓋骨脱臼)」ではありますが、実は発症する前にペット保険に加入しておかないと補償されません


そのため、「パテラ(膝蓋骨脱臼)」を補償しようと思ったら、「パテラ(膝蓋骨脱臼)」が発症するまえに、保険に加入しておく必要があるので、注意して下さいね。

パテラが補償対象かは、ペット保険の会社によって異なる!


最近はペット保険会社の数も増え、どこの保険を選べばいいのか悩んでしまうほどになりました。


愛犬が健康な状態で加入することで、大きなメリットがあるペット保険なのですが、なかなか健康なときには先の病気のイメージがつきにくいこともありますよね。


そこで、ひとつの目安としてワンちゃんがよくかかりやすい病気である「パテラ(膝蓋骨脱臼)」を補償してくれる保険会社を選ぶというのはどうでしょう?


ペット保険会社には、パテラを補償してくれないところも多いのですが、補償してくれるペット保険も存在します。


ペット保険会社が多すぎて悩んでしまっているかたは、「パテラ」を補償してくれるペット保険会社に、あらかじめ選択肢を絞ってしまうのも賢いやりかたですね。

パテラ発症後は新規で保険へ加入できない可能性あり!

ここでは、ペット保険に加入する前に「パテラ」が発症してしまった場合を解説していきます。


ペット保険に加入する前に、「パテラ」を発症してしまった!そんな場合、ペット保険には加入できるのでしょうか?


ペット保険に加入する前に「パテラ」になってしまった場合は、

  • ペット保険自体に加入できない可能性がある
  • ペット保険に加入できても、パテラが補償の対象外になる

の2つの対応が想定されます。


ペット保険には、加入時に過去の既往歴(これまでにかかったことのある病気)を告知する義務(告知義務)があります。


その際、「パテラ」を過去発症したことがあるか告知する義務があります。ここで保険会社にパテラの既往歴が伝わった後、ペット保険に加入できるかどうかは、保険会社の判断に委ねることになります。


この告知義務で虚偽の報告をしてしまうと、後日動物病院と保険会社での照合が行われて保険の取り消しになることもあるので、必ず正しい申告を行いましょう。


運よくペット保険に加入できたとしても、「パテラ」に関連する病気は対象外になってしまうため、ペット保険の恩恵を最大限に受けることは難しくなってしまいます。


そのため、「パテラ」に備えてペット保険に加入する場合には、「愛犬が「パテラ」を発症する前にペット保険に加入しておく必要」がおすすめです。

そもそもパテラ(膝蓋骨脱臼)とはどんな病気?


ここからは、「パテラ」とはいったいどういう病気なのか?ということをもっと掘り下げていきましょう。


冒頭でも少しお話しましたが「パテラ」とは、別名膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)と呼ばれ、膝のお皿(膝蓋骨)が本来ある場所からずれてしまっている(脱臼)状態です。


生まれつき、膝蓋骨が外れやすいなどの先天的なものと、事故などが原因でおこる後天的なものがあります。


片足だけがなることもありますし、悪い方の足をかばったりして、両足ともパテラになってしまう事もあるのです。


あとから詳しく説明しますが、症状により4つのグレードにわかれていて、それによりそれぞれの対処法も変わってきます。


重症の場合には外科手術も必要になってしまうため、健康なうちから予防やペット保険に加入しておく、などの対策をしておくと良いでしょう。

パテラの症状とは?進行度合いを示すグレードについて解説!


パテラでは、グレードによってはほとんど症状がなく必ずしも手術が必要ではないこともあります。


また、脱臼してもワンちゃんが自分で元に戻してしまうこともあるので、飼い主が気付かないことすらあるのです。


でも、重症な場合には歩行ができなくなることもあり、手術を受けなくてはならない場合も出てきてしまいます。


そんなパテラの症状を下の表に纏めました。

症状
グレード1(軽度)日々の生活には支障ないが、時々足をあげたりする。
飼い主が気付かないことも
グレード2時々足をあげることがあるが、自分で足を曲げ伸ばしして元に戻すことができる
日々の生活には支障ない
グレード3常に脱臼している
足をひきずる
元には戻せる
グレード4(重症)常に脱臼してる
全く歩けなくなることも
元に戻すことも難しい

パテラのグレードとは?放置すると手術が必要になるため注意!

表を見ていただくとわかるように、パテラの症状は4つのグレードに分かれており、それぞれで症状が違いました。


若いうち・軽度での発症では、特に何もせずに成長を待つこともあります。


ですが、独自で判断すると別の関節の病気を見逃してしまったり、症状が進行してしまうこともあるので、注意が必要です。


そのため、愛犬が後ろ足をあげるなどいつもと違う様子が見られたら、必ず動物病院で診察してもらってくださいね。


放っておくと膝蓋骨脱臼から膝の靭帯にまで影響を及ぼしてしまい、強い痛みが伴うこともあるのです。


そのため独自の判断で放置しないように、気を付けて下さいね。


グレードにはあまり関係がありませんが、パテラには内側に関節が外れてしまう内方脱臼と、外側に外れる外方脱臼があります。


内方脱臼よりも外方脱臼の方が多く見られると言われていますよ。

パテラの症状が出た場合は落ち着いて見守ろう!

愛犬が後ろ足をあげていたら、まずは落ち着いて

  • 足の裏になにか刺さってないか?
  • なにかに引っかかってしまったのか?
  • なにか踏んでしまってないか?
  • 触って痛がるところがあるか?

などを見てあげるといいでしょう。


軽度の脱臼の場合には、愛犬が自分で元に戻すことができるので、膝を無理に触ったりせず愛犬を落ち着かせてあげましょう。


そのまま何もなかったように歩き出すこともあります。


足をあげているときには、人間と同じようにただ捻挫してしまっているだけのこともあるようです。


愛犬が痛がる様子がない時には、少し様子を見てみてもいいでしょう。


ただし「捻挫か?脱臼か?」の見分け方は難しく、検査を受けないと分からないかもしれません。足をあげたまま戻さなかったり、痛がっている時には動物病院での診察をおすすめします。

パテラになる原因は?


それでは、なぜパテラになってしまうのでしょうか?ここではパテラになる原因を見ていきましょう。


先ほどもお伝えしたようにパテラには

  • 先天性
  • 後天性

2つの種類があります。先天性は生まれつき関節や筋肉に異常がある場合、後天性は事故などが原因で脱臼してしまう場合です。


パテラの場合、後天性のものよりも先天性の場合が多いと言われています。それぞれの特徴を踏まえながらもっと詳しく解説していきますね。

チワワやトイプードルなどの小型犬は、先天性の原因の可能性がある

パテラは多くのワンちゃんで見られる病気ですが、特に小型犬でなりやすいと言われています。


生まれつき、大腿骨にある滑車溝(かっしゃこう)と呼ばれる、くぼみのようなところが浅いことなどが考えられるでしょう。これにより、膝蓋骨が外れてしまいやすいのです。


その他、筋肉や靭帯に異常があることもありますよ。


先天性の場合には、持って生まれたものなので、予防をしても症状が出てしまうこともあります。


小型犬に多い病気ではありますが、中・大型犬では見られないというわけではありません。全ての犬種で注意して備える必要があるでしょう。

脱臼や捻挫などによる、後天性の発症にも注意!

後天性の場合には

  • 事故
  • 高いところから飛び降りる

などのケガとして、脱臼することもあります。


先天性と違うところは、ある程度予防ができるということ。特に仔犬のうちは、やんちゃで激しく動き回ったり、予測のできない行動をとることが多いですよね。


それにより、

  • 抱っこしていたのに、飛び降りてしまった
  • 道路に飛び出して、事故にあってしまった

ということが起きてしまいがちです。特に仔犬の内は

  • 抱っこするときはしっかりとホールドする
  • リードを短くする

など、事故を未然に防ぐ対策も必要になってきます。

パテラにかかりやすい犬種はあるの?

ワンちゃんには、犬種によってかかりやすい病気・かかりにくい病気があったりもします。


愛犬のかかりやすい病気を事前に知っておくと、万が一に備えておくこともできますよ。


ペット保険に加入する際には、愛犬のなりやすい病気を事前にチェックして、その病気に備えられるものを選ぶことをおすすめします。


では、パテラになりやすい犬種はどういった犬種でしょうか?先ほども少しお話しましたが、パテラは特に小型犬で見られることが多いです。


小型犬の中でも特に

  • チワワ
  • トイプードル
  • パピヨン
  • ポメラニアン

などがなりやすいとも言われています。


ただし、先天性・後天性含めパテラはどんな犬種でも見られる病気と言えます。


最悪手術を受ける際には、医療費も高額になりがちです。小型犬でなくても、備えておくと安心できますよ。

パテラの治療方法とは?手術しない方法がある?


では、パテラになってしまった場合の治療方法を見ていきましょう。


パテラはそのグレードに合わせて、治療の方法が異なります。


必ずしも手術が必要なわけではなく、軽度の場合には

  • 消炎・鎮痛剤などの内服
  • レーザー治療
  • サプリメント

などで、手術をしなくても上手に付き合っていくこともできますよ。


ただし

  • 足をずっとあげている
  • 歩けない

など、日常生活に支障をきたしてしまうような場合には、手術が必要になってしまいます。


費用も高額になりがちですし、入院や投薬なども必要になるかもしれません。


小型犬に多く見られると言われていますが、どの犬種でも起こり得る病気です。高額になりがちな手術費用のために、しっかり備えておきたいところですね。


ここからは

  • 手術などの費用
  • 薬の副作用など
  • 自然療法

に注目して解説していきます。万が一愛犬がパテラになってしまったときのためにチェックしておきましょう。

パテラにはどんな種類の治療法がある?手術費用や薬代・検査費用についても解説!

パテラになった場合の治療にはどのような種類があるのでしょうか?


先ほども少し解説しましたが、パテラはグレードによってその治療法が異なります。獣医師の判断次第では、特に治療することもせず、適度な運動と生活環境を整えたりしながら経過を観察することもありますよ。


ただし、歩けないなど重度の場合には手術が必要なこともあるでしょう。


まずはパテラのグレードがどの程度か、検査をしてもらいます。


パテラの検査では

  • X線検査
  • 獣医の触診
  • 歩行の観察

などがあり、費用は動物病院によって異なりますが、これらの検査費用はだいたい1万円~2万円程度と言われています。


その後グレードによって、サプリメントやレーザー治療、外科手術などの治療が、獣医師の判断で行われます。


費用は小型犬で、

手術内容金額
外科手術約200,000円~300,000円
サプリメント約2,000円~3,000円/月
レーザー治療約2,000円~3,000円

となっています。これらはあくまでも目安であり、費用は動物病院や犬種・症状によって異なりますので、ご了承ください。

治療の副作用や後遺症はある?

では、これまで紹介した

  • サプリメント
  • レーザー治療
  • 外科手術

治療による副作用や後遺症などはあるのでしょうか?


結論から言うと、これらの治療では副作用は特にないと考えていいでしょう。ただし、症状によってはサプリメントやレーザー単体の治療ではあまり効果が見られないといわれることもあります。


そのため生活環境や食事管理など、トータルでバランスをとり、付き合っていく必要があるのです。


サプリメントやレーザーはあくまでも、痛みなどと上手に付き合っていくための方法であり、パテラが治るというわけではありません


残念ながら、手術なしではパテラが治るということは難しいです。しかし、症状によってはうまく付き合っていくことができますので、手術以外の方法についても獣医師としっかり相談していくと良いですよ。


サプリやレーザーをしているからと安心せずに、日常生活でも生活環境を整えたり、体重管理をするなど愛犬が上手にパテラと付き合っていけるようにサポートしてあげましょう。


手術をしない場合には、パテラとうまく付き合っていく


そんな心構えが必要ですね。

薬を止めるのは危険?自然療法で治ることはない!

パテラで投薬される薬には一時的に痛みを改善するために消炎鎮痛剤が処方されることがあります。これらの薬を止めてしまうのは、どうなのでしょうか?


パテラに限らず、獣医師の指示なく薬を、勝手に止めたり増やしたりするのはあまりおすすめできません。何かあったときにも、獣医は対応が難しくなるでしょう。


パテラの場合には、

  • よく歩いた翌日
  • 運動をいつもよりたくさんした

などで愛犬が痛みを感じるときのために、頓服(いたい時だけ飲む)の薬が出されることも考えられます。


これらの薬は必ず獣医師の指示通りに与えるように気を付けましょう。


また、上の項目の繰り返しにはなってしまいますが、サプリメントやレーザーなどのいわゆる自然療法と言われているものは、完治が目的ではありません


愛犬の痛みをコントロールしてあげて、過ごしやすく、脱臼がおこりにくくするのが目的です。


完治を期待するのではなく、愛犬がパテラと上手に付き合っていけるお手伝いをしてあげると良いでしょう。

パテラになると寿命が短くなる?死亡する割合は?

パテラになってしまうと、飼い主としては寿命が短くなるのだろうか?死んでしまうのだろうか?と、不安になってしまうこともあるかもしれませんね。


でも、パテラにより寿命が短くなったり、死んでしまうということは考えにくいと言えるでしょう。


パテラは内臓疾患ではなく、関節に異常がある病気です。そのためパテラを患ってしまっても、特に寿命に影響することは考えにくいので安心してください。


ただし、パテラに限らず全身麻酔を受ける際には、リスクがあることも覚えておきたいですね。

パテラの予防方法とは?


では、パテラを予防するためにはどのようなことがあるのか見ていきましょう。


パテラの予防方法としては

  • フローリングが滑らないようにマットを敷く
  • 足裏の毛を刈っておく
  • 爪を短く保つ
  • 高いところからジャンプしないよう注意する
  • 肥満に注意
  • たんぱく質を多く取る
  • 適度に運動して筋肉をつける

などが考えられますよ。


滑り止めや体重管理は、膝への負担を軽くすることができます。また、たんぱく質を取ったり、適度に運動することは、膝まわりの筋肉を発達させておくことにつながります。


ドッグフードをあげている場合にもたんぱく質が多めのものを選んだり、トッピングでたんぱく質をプラスしたりと工夫すると良いでしょう。


また、後天性のパテラにならないようにするためには

  • 抱っこはしっかりホールドする
  • 道路に飛び出さない

などの対策も必要になってくるでしょう。


これらのことは、パテラを予防するだけなく、ワンちゃんの安全で快適な生活にもつながりますので、どんどん取り入れていきたいですね。

まとめ:パテラでも入れるペット保険は少ないので要注意!発症前にペット保険へ加入して、万が一に備えよう!

ワンちゃんがかかりやすい病気の一つでもある「パテラ」について解説しました。


パテラには

  • 先天性
  • 後天性

の2種類があり、グレードが症状によって1~4まで分かれていました。


症状によっては、

  • サプリメント
  • レーザー治療
  • 外科手術

の治療が考えられます。


パテラは小型犬に多く見られるとは言われているものの、どんな犬種にも起こりうる病気です。


「ペット保険への加入を悩んでいるあいだにパテラになってしまって、ペット保険に加入できないもしくは補償してもらえなくなってしまった」なんていう事態を防ぐためにも、愛犬が健康なうちにペット保険に加入しておくことをおすすめします。


MOFFMEでは、他にも様々なペットやペット保険に関する記事を公開しておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

記事監修者「森下 浩志」

この記事の監修者森下 浩志
フィナンシャルプランナー

2018年に早稲田大学基幹理工学部に入学。保険×テックの領域で保険業界をイノベーションをしていく姿勢に共感し、「ほけんROOM」の運営に参画。2019年にファイナンシャルプランナー、損害保険募集人資格を取得。